てんかんの薬一覧表

てんかんの薬

興奮系の働きを抑えるてんかん薬

ヒダントイン系抗てんかん薬

 

イミノスチルベン抗てんかん薬

 

分岐脂肪酸系抗てんかん薬

 

ベンズイソキサゾール系抗てんかん薬

 

新規抗てんかん薬

 

抑制系の働きを強めるてんかん薬

バルビツール酸系抗てんかん薬

 

ベンゾジアゼピン系抗てんかん薬

 

新規抗てんかん薬

 

その他てんかん薬

新規抗てんかん薬

 

てんかんの薬一覧表記事一覧

フェノバール[プリミドン、フェノバルビタール]作用機序、特徴、副作用

フェノバール、プリミドン[ガバペンチン]は、抗てんかん薬として使用されています。てんかんは、1回目のてんかん発作が起きた後に、発作の再発率が高いことがわかっています。そのため、一般的には、1回目の発作が起きた後に治療を開始します。てんかん発作は、脳の大部分が興奮して起こる全般発作と、脳の一部が興奮し...

≫続きを読む

テグレトール、レキシン[カルバマゼピン]作用機序、特徴、副作用

テグレトール、レキシン[カルバマゼピン]は、抗てんかん薬として使用されています。てんかんは、1回目のてんかん発作が起きた後に、発作の再発率が高いことがわかっています。そのため、一般的には、1回目の発作が起きた後に治療を開始します。てんかん発作は、脳の大部分が興奮して起こる全般発作と、脳の一部が興奮し...

≫続きを読む

デパケン、セレニカ[バルプロ酸]作用機序、特徴、副作用

デパケン、セレニカ[バルプロ酸]は、抗てんかん薬として使用されています。てんかんは、1回目のてんかん発作が起きた後に、発作の再発率が高いことがわかっています。そのため、一般的には、1回目の発作が起きた後に治療を開始します。てんかん発作は、脳の大部分が興奮して起こる全般発作と、脳の一部が興奮して起こる...

≫続きを読む

エクセグラン[ゾニサミド]作用機序、特徴、副作用

エクセグラン[ゾニサミド]は、抗けいれん薬として使用されています。てんかんは、1回目のてんかん発作が起きた後に、発作の再発率が高いことがわかっています。そのため、一般的には、1回目の発作が起きた後に治療を開始します。てんかん発作は、脳の大部分が興奮して起こる全般発作と、脳の一部が興奮して起こる部分発...

≫続きを読む

ラミクタール[ラモトリギン]作用機序、特徴、副作用

ラミクタール[ラモトリギン]は、抗てんかん薬として使用されています。てんかんは、1回目のてんかん発作が起きた後に、発作の再発率が高いことがわかっています。そのため、一般的には、1回目の発作が起きた後に治療を開始します。てんかん発作は、脳の大部分が興奮して起こる全般発作と、脳の一部が興奮して起こる部分...

≫続きを読む

トピナ[トピラマート]作用機序、特徴、副作用

トピナ[トピラマート]は、GABAおよびベンゾジアゼピン結合部位のいずれにも活性を示さない、新しい作用機序のてんかん薬として使用されています。てんかんは、1回目のてんかん発作が起きた後に、発作の再発率が高いことがわかっています。そのため、一般的には、1回目の発作が起きた後に治療を開始します。てんかん...

≫続きを読む

フィコンパ[ペランパネル]作用機序、特徴、副作用

フィコンパ[ペランパネル]は、シナプス後膜のグルタミン酸系に働く、新しい作用機序のてんかん薬として使用されています。てんかんは、1回目のてんかん発作が起きた後に、発作の再発率が高いことがわかっています。そのため、一般的には、1回目の発作が起きた後に治療を開始します。てんかん発作は、脳の大部分が興奮し...

≫続きを読む

アレビアチン、ヒダントール[フェニトイン]作用機序、特徴、副作用

アレビアチン、ヒダントール[フェニトイン]は、抗てんかん薬として使用されています。てんかんは、1回目のてんかん発作が起きた後に、発作の再発率が高いことがわかっています。そのため、一般的には、1回目の発作が起きた後に治療を開始します。てんかん発作は、脳の大部分が興奮して起こる全般発作と、脳の一部が興奮...

≫続きを読む

リボトリール[クロナゼパム]作用機序、特徴、副作用

リボトリール、ランドセン[クロナゼパム]は、古くから抗てんかん薬として使用されています。てんかんは、1回目のてんかん発作が起きた後に、発作の再発率が高いことがわかっています。そのため、一般的には、1回目の発作が起きた後に治療を開始します。てんかん発作は、脳の大部分が興奮して起こる全般発作と、脳の一部...

≫続きを読む

マイスタン[クロバザム]作用機序、特徴、副作用

マイスタン[クロバザム]は、古くから抗てんかん薬として使用されています。てんかんは、1回目のてんかん発作が起きた後に、発作の再発率が高いことがわかっています。そのため、一般的には、1回目の発作が起きた後に治療を開始します。てんかん発作は、脳の大部分が興奮して起こる全般発作と、脳の一部が興奮して起こる...

≫続きを読む

ガバペンチン[ガバペン]作用機序、特徴、副作用

ガバペン[ガバペンチン]は、GABAおよびベンゾジアゼピン結合部位のいずれにも活性を示さない、新しい作用機序のてんかん薬として使用されています。てんかんは、1回目のてんかん発作が起きた後に、発作の再発率が高いことがわかっています。そのため、一般的には、1回目の発作が起きた後に治療を開始します。てんか...

≫続きを読む

イーケプラ[レベチラセタム]作用機序、特徴、副作用

イーケプラ[レベチラセタム]は、各種受容体やイオンチャネルに作用しない、新しい作用機序のてんかん薬として使用されています。てんかんは、1回目のてんかん発作が起きた後に、発作の再発率が高いことがわかっています。そのため、一般的には、1回目の発作が起きた後に治療を開始します。てんかん発作は、脳の大部分が...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職