パーキンソン病の薬一覧表

パーキンソン病の薬

パーキンソン病の薬一覧表記事一覧

アーテン[トリヘキシフェニジル]作用機序、特徴、副作用

アーテン,トリヘキシフェニジル,作用機序,特徴,副作用 アーテン[トリヘキシフェニジル]は、パーキンソン病の治療薬として使用されています。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ば...

≫続きを読む

アキネトン[ビペリデン]作用機序、特徴、副作用

アキネトン,ビペリデン,作用機序,特徴,副作用 アキネトン[ビペリデン]は、パーキンソン病の治療薬として使用されています。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ばれる部位...

≫続きを読む

ピレチア、ヒベルナ[プロメタジン]作用機序、特徴、副作用

パーキンソン病,薬,ピレチア,ヒベルナ,プロメタジン,作用機序,副作用,禁忌 ピレチア、ヒベルナ[プロメタジン]は、パーキンソン病患者の症状改善薬として使用されています。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒...

≫続きを読む

ノウリアスト[イストラデフィリン]作用機序、特徴:パーキンソン病治療薬

ノウリアスト,イストラデフィリン,作用機序,特徴,パーキンソン病,治療薬,副作用,禁忌 ノウリアスト[イストラデフィリン]は、パーキンソン病の治療薬として使用されています。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼...

≫続きを読む

メネシット、ネオドパストン[レボドパ+カルビドパ]作用機序

メネシット,ネオドパストン,レボドパ,カルビドパ,作用機序,副作用,禁忌 メネシット、ネオドパストン[レボドパ+カルビドパ]は、パーキンソン病の治療薬として使用されています。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳...

≫続きを読む

マドパー、イーシードパール[レボドパ+ベンセラジド]作用機序

マドパー,イーシードパール,レボドパ,ベンセラジド,作用機序,副作用,禁忌 マドパー、イーシードパール[レボドパ+ベンセラジド]は、パーキンソン病の治療薬として使用されています。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、...

≫続きを読む

スタレボ[レボドパ+カルビドパ+エンタカポン]作用機序・特徴

パーキンソン病,薬,スタレボ,レボドパ,カルビドパ,エンタカポン,作用機序,特徴,副作用,禁忌 スタレボ[レボドパ+カルビドパ+エンタカポン]は、パーキンソン病の治療薬として使用されています。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の...

≫続きを読む

パーロデル[ブロモクリプチン]作用機序、特徴、副作用

パーロデル,ブロモクリプチン,作用機序,副作用,禁忌 パーロデル[ブロモクリプチン]は、パーキンソン病の治療薬として使用されています。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ばれ...

≫続きを読む

ペルマックス[ペルゴリド]作用機序、特徴、副作用

ペルマックス,ペルゴリド,作用機序,副作用,禁忌 ペルマックス[ペルゴリド]は、パーキンソン病の治療薬として使用されています。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ばれる部...

≫続きを読む

カバサール[カベルゴリン]作用機序、特徴、副作用

パーキンソン病,薬,カバサール,カベルゴリン,作用機序,副作用,禁忌 カバサール[カベルゴリン]は、パーキンソン病の方の治療薬として使用されている薬です。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼...

≫続きを読む

ビ・シフロール、ミラペックスLA[プラミペキソール]作用機序、特徴、副作用

ビ・シフロール,ミラペックスLA,プラミペキソール,作用機序 ビ・シフロール、ミラペックスLA[プラミペキソール]は、パーキンソン病の治療薬として使用されています。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、...

≫続きを読む

ニュープロパッチ[ロチゴチン]作用機序、特徴、副作用

パーキンソン病,薬,ニュープロパッチ,ロチゴチン,作用機序,副作用,禁忌 ニュープロパッチ[ロチゴチン]はパーキンソン病の治療薬です。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ばれる部位で作られるドパ...

≫続きを読む

ドミン[タリペキソール]作用機序、特徴、副作用

パーキンソン病,薬,ドミン,タリペキソール,作用機序,副作用,禁忌 ドミン[タリペキソール]は、パーキンソン病の方の治療薬として使用されている薬です。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ば...

≫続きを読む

レキップ[ロピニロール]作用機序、特徴、副作用

パーキンソン病,薬,レキップ,ロピニロール,作用機序 レキップ[ロピニロール]は、パーキンソン病の方の治療薬として使用されている薬です。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ば...

≫続きを読む

アポカイン注[アポモルヒネ]作用機序、特徴:パーキンソン病オフ時間改善薬

パーキンソン病,薬,アポカイン注,アポモルヒネ,作用機序 アポカイン注[アポモルヒネ]は、パーキンソン病のオフ症状の改善薬として使用されている薬です。薬の効かない時間帯や薬の効き目が悪くなる時間帯をwearing-off[ウェアリングオフ]時間といいます。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が...

≫続きを読む

コムタン[エンタカポン]作用機序、特徴、副作用

コムタン,エンタカポン,作用機序,特徴,副作用 コムタン[エンタカポン]は、パーキンソン病の方の治療薬として使用されている薬です。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ば...

≫続きを読む

エフピー[セレギリン]作用機序、特徴、副作用

エフピー,セレギリン,作用機序,副作用,禁忌 エフピー[セレギリン]は、パーキンソン病の方の治療薬として使用されている薬です。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ばれ...

≫続きを読む

シンメトレル[アマンタジン]作用機序、特徴、副作用

シンメトレル,アマンタジン,作用機序,副作用,禁忌 シンメトレル[アマンタジン]は、パーキンソン病の方の治療薬として使用されている薬です。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と...

≫続きを読む

ドプス[ドロキシドパ]作用機序、特徴、副作用

ドプス,ドロキシドパ,作用機序,副作用,禁忌 ドプス[ドロキシドパ]は、パーキンソン病の方の治療薬として使用されている薬です。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ばれ...

≫続きを読む

トレリーフ[ゾニサミド]作用機序、特徴、副作用

トレリーフ,ゾニサミド,作用機序,副作用,禁忌 トレリーフ[ゾニサミド]は、パーキンソン病の方の治療薬として使用されている薬です。私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ば...

≫続きを読む

パーキンソン病治療薬一覧表[作用機序別]

パーキンソン病,治療薬,一覧表,作用機序,図 パーキンソン病治療薬は多くの薬がありますが、作用機序もバラバラです。それぞれの薬の違いが分かるように一覧表とイラストにまとめました。分類一般名商品名作用COMT阻害薬エンタカポンコムタン末梢:レボドパ代謝阻害レボドパ+DCIレボドパ+ベンセラジドマドパー、イーシードパール末梢:レボドパ+レボドパ代謝...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ



Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職