アーテン[トリヘキシフェニジル]作用機序、特徴、副作用

2017年12月4日

パーキンソン病薬イラスト

スポンサーリンク

アーテン[トリヘキシフェニジル]:パーキンソン病治療薬

アーテン[トリヘキシフェニジル]は、パーキンソン病の治療薬として使用されています。

私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。

その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。

正常ドパミン

中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ばれる部位で作られるドパミンです。

黒質で作られたドパミンは、「軸索」と呼ばれる長ーい突起を通って「線条体」で放出されます。

放出されたドパミンがドパミンの受容体にくっつくことで、歩くや走るといった身体の運動に関わる指令を伝えるのです。

この指令を伝えることから、ドパミンは神経伝達物質と呼ばれています。
ドパミン量が減ってしまう病気がパーキンソン病です。

パーキンソンドパミン

パーキンソン病とは、黒質から軸索、線条体の間に異常が生じ、ドパミンが脳内でうまく作られなくなった病気です。

アーテン[トリヘキシフェニジル]の作用機序、特徴

パーキンソン病とは、脳内のドパミン量が減っていることで生じる病気です。

脳内ではドパミンをはじめとした神経伝達物質と呼ばれる、身体機能や運動機能の指令を伝えてくれる物質が互いに助け合いながら存在しています。

中でも重要なのが、副交感神経を支配しているアセチルコリンとのバランスです。

ドパミンアセチルコリン

このように、健康な方の脳内では、ドパミンとアセチルコリンのバランスが取れているのです。

一方で、パーキンソン病の方は、脳内のドパミン量が減ってしまっています。

ドパミンアセチルコリン

このように、パーキンソン病の方の脳内では、ドパミンとアセチルコリンのバランスが崩れており、アセチルコリンが見かけ上多くなるため、身体障害や運動障害が生じるのです。

アーテン作用機序

やっくん

やっくん

アーテン[トリヘキシフェニジル]は抗コリン薬であり、脳内のアセチルコリン[Ach]量を減らし、パーキンソン症状を改善します。

アーテンは、アセチルコリンがアセチルコリン受容体に結合することを防ぐ抗コリン薬です。

これによって、脳内のドパミンとアセチルコリンのバランスを均一に保つのです。

アーテン[トリヘキシフェニジル]の副作用

アーテン[トリヘキシフェニジル]は、パーキンソン病の治療薬として、1953年からと古くから使用されています。

同じ用途で使用される薬にアキネトンが挙げられます。

代表的な副作用としては、口の渇き[10%]、便秘、嘔吐[いずれも2%]などが挙げられます。

抗コリン薬は副交感神経の働きを抑えるため、胃酸や唾液といった消化液の分泌を抑えてしまいます。

そのため、アーテンをはじめとした抗コリン薬使用時は、口/喉の渇きに注意しなければなりません。

アーテン[トリヘキシフェニジル]の禁忌

  • 緑内障
  • 重症筋無力症
    [いずれも、抗コリン作用により症状を増悪させる可能性があります。]

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)