ニュープロパッチ[ロチゴチン]作用機序、特徴、副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ニュープロパッチ[ロチゴチン]:パーキンソン病治療薬

パーキンソンイラスト

 

ニュープロパッチ[ロチゴチン]はパーキンソン病の治療薬です。

 

私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。
その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。

 

正常ドパミン 

 

中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ばれる部位で作られるドパミンです。
黒質で作られたドパミンは、「軸索」と呼ばれる長ーい突起を通って「線条体」で放出されます。

 

放出されたドパミンがドパミンの受容体にくっつくことで、歩くや走るといった身体の運動に関わる指令を伝えるのです。

 

この指令を伝えることから、ドパミンは神経伝達物質と呼ばれています。

 

ドパミン量が減ってしまう病気がパーキンソン病です。

 

パーキンソンドパミン 

 

やっくん

パーキンソン病とは、黒質から軸索、線条体の間に異常が生じ、ドパミンが脳内でうまく作られなくなった病気です。

 

ニュープロパッチ[ロチゴチン]の作用機序、特徴

パーキンソン病とは、脳内のドパミン量が減っていることで生じる病気です。

 

脳内のドパミン量を補うために、ドパミンの代わりに働く物質が存在します。

 

ドパミンのような神経伝達物質の代わりに、受容体に作用する物質をアゴニストと言います。
ドパミン受容体に作用する物質は、ドパミンアゴニストと呼ばれ、ニュープロパッチはドパミンアゴニストのひとつです。

 

ニュープロ作用機序 

 

やっくん

ニュープロパッチ[ロチゴチン]は、脳内[黒質-線条体]のドパミン受容体に作用しドパミンアゴニストとして作用する薬です。

 

ニュープロパッチは、ドパミンアゴニストとしてドパミン受容体を刺激することで、パーキンソン病の身体機能や運動機能を改善します。

 

ニュープロパッチの特徴:飲み薬ではなくパッチ剤である理由

ニュープロパッチの成分ロチゴチンは、肝臓での初回通過効果を受けやすいため、飲み薬としての開発は困難でした。

 

しかし、皮膚からの吸収が良好であるという結果を得たため、パッチ剤として開発されたのです。

 

ニュープロパッチを胸に貼ってはいけない理由

ニュープロパッチは、肩、上腕、腹部、わき腹、太もも、おしりと多くの部位に使用できます。

 

ニュープロパッチ貼付部位

[大塚製薬HPより]

しかし、胸には適応がないんです。
なぜか気になったので、調べてみると、胸の場合のみデータを取っていないということ。

 

臨床試験を外国人対象にしているため、胸毛が貼りついてしまって痛いとのこと( ;∀;)
そのため、データが不足しており、メーカーとしては推奨できないというのが、ニュープロパッチが胸に適応がない理由ということです。

 

ニュープロパッチ[ロチゴチン]の副作用

ニュープロパッチ[ロチゴチン]は、パーキンソン病の治療薬として、2013年より販売されている薬です。
同じ用途で使用される薬にパーロデルビ・シフロール、ミラペックスLAが挙げられます。

 

代表的な副作用としては、適用部位反応[57.0%]、悪心[16.0%]、幻覚[11.7%]、ジスキネジア[11.6%]、傾眠[9.0%]、嘔吐[7.6%]などが挙げられます。

 

ジスキネジアとは、ドパミンの作用が強すぎて起こる不随意運動で、口・舌・顔面・ 手足・体幹にみられます。
また、前兆のない突発的な睡眠・傾眠も報告されているため、注意が必要です。

 

ニュープロパッチの[ロチゴチン]禁忌

  • 妊婦
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職