パーキンソン病治療薬一覧表[作用機序別]

2017年12月4日

パーキンソン病薬イラスト

パーキンソン病治療薬は多くの薬がありますが、作用機序もバラバラです。

それぞれの薬の違いが分かるように一覧表とイラストにまとめました。

分類 一般名 商品名 作用
COMT阻害薬 エンタカポン コムタン 末梢:レボドパ代謝阻害
レボドパ+DCI レボドパ+ベンセラジド マドパー、イーシードパール 末梢:レボドパ+レボドパ代謝阻害
レボドパ+カルビドパ メネシット、ネオドパストン
レボドパ配合薬+COMT阻害薬 レボドパ+カルビドパ+エンタカポン スタレボ 末梢:レボドパ+レボドパ代謝阻害2種類
レボドパ賦活薬 ゾニサミド トレリーフ 中枢:レボドパ生合成促進
ドパミン遊離促進薬 アマンタジン シンメトレル 中枢:ドパミン放出促進
ドパミン受容体作動薬
[麦角系:消化管の副作用多い]
ブロモクリプチン パーロデル 中枢:ドパミン受容体刺激
ペルゴリド ペルマックス
カベルゴリン カバサール
ドパミン受容体作動薬
[非麦角系:眠気の副作用多い]
プラミペキソール ビ・シフロール、ミラペックスLA
ロチゴチン ニュープロ
タリペキソール ドミン
ロピニロール レキップ
アポモルヒネ アポカイン注
選択的MAO-B阻害薬 セレギリン エフピー 中枢:ドパミン代謝阻害
抗コリン薬 トリヘキシフェニジル アーテン 中枢:ドパミン不足によるアセチルコリン量の調節
ビペリデン アキネトン
プロメタジン ピレチア、ヒベルナ
アデノシンA2A受容体拮抗薬 イストラデフィリン ノウリアスト 中枢:ドパミン不足によるアデノシン量の調節
ノルアドレナリン補充薬 ドロキシドパ ドプス 中枢:ドパミン不足によるノルアドレナリン補充

パーキンソン病治療薬作用機序一覧

パーキンソン病治療薬作用機序一覧

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)