レキップ[ロピニロール]作用機序、特徴、副作用

2017年12月4日

パーキンソン病薬イラスト

スポンサーリンク

レキップ[ロピニロール]:パーキンソン病治療薬

レキップ[ロピニロール]は、パーキンソン病の方の治療薬として使用されている薬です。

私たちが普段何気なく取る行動、立ち上がる、歩く、走る、食べる、これらの行動はすべて脳から無意識の指令が出ています。

その無意識の指令に欠かせないものが「ドパミン」と呼ばれる物質です。

正常ドパミン

中でも重要なのが、脳内の「黒質」と呼ばれる部位で作られるドパミンです。

黒質で作られたドパミンは、「軸索」と呼ばれる長ーい突起を通って「線条体」で放出されます。

放出されたドパミンがドパミンの受容体にくっつくことで、歩くや走るといった身体の運動に関わる指令を伝えるのです。

この指令を伝えることから、ドパミンは神経伝達物質と呼ばれています。
ドパミン量が減ってしまう病気がパーキンソン病です。

パーキンソンドパミン

パーキンソン病とは、黒質から軸索、線条体の間に異常が生じ、ドパミンが脳内でうまく作られなくなった病気です。

レキップ[ロピニロール]の作用機序、特徴

パーキンソン病とは、脳内のドパミン[DA]量が減っていることで生じる病気です。

脳内のドパミン量を補うために、ドパミンの代わりに働く物質が存在します。

ドパミンのような神経伝達物質の代わりに、受容体に作用する物質をアゴニストと言います。

ドパミン受容体に作用する物質は、ドパミンアゴニストと呼ばれ、レキップはドパミンアゴニストのひとつです。

レキップは、ドパミンアゴニストとしてドパミン受容体を刺激することで、パーキンソン病の身体機能や運動機能を改善します。

レキップ作用機序

やっくん

やっくん

レキップ[ロピニロール]は、脳内[黒質-線条体]のドパミン受容体[D2受容体]に選択的に作用しドパミンアゴニストとして作用する薬です。

レキップ[ロピニロール]の特徴:wearing-off時間の短縮

ドパミンアゴニストでは、薬の効かない時間帯や薬の効き目が悪くなる時間帯が存在します。

その時間帯をwearing-off時間といいます。

レキップでは、他のドパミンアゴニストでは認められなかった、wearing-off時間の短縮効果が認められています。

レキップ[ロピニロール]の副作用

レキップ[ロピニロール]は、パーキンソン病の治療薬として、2006年に承認を受けた、ドパミン受容体作動性薬の中では新しい薬です。

同じ用途で使用される薬にパーロデルビ・シフロール、ミラペックスLAが挙げられます。

代表的な副作用としては、傾眠[8.7%]、悪心[5.4%]、幻覚[3.5%]などが挙げられます。

また、前兆のない突発的睡眠及び傾眠等がみられることがあり、また突発的睡眠により自動車事故を起こした例が報告されており、警告とされています。

レキップ[ロピニロール]の禁忌

  • 妊婦

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)