便秘・下痢の薬一覧表

便秘・下痢の薬

止痢薬(下痢止め薬)

収斂薬

 

殺菌薬

  • ベルべリン、ベルベリン/ゲンノショウコ[フェロベリン]

腸管内の腐敗や発酵を抑える作用があり、腸管の蠕動を抑制します。

 

腸運動抑制薬

 

消化管運動改善薬

 

高力価消化酵素薬

 

 

活性生菌薬(乳酸菌製剤)

 

下剤

刺激性下剤

 

浸透圧性下剤

 

直腸刺激性下剤

 

クロライドチャネルアクチベーター

 

便秘型IBS治療薬

 

便秘薬一覧表

便秘・下痢の薬一覧表記事一覧

タンナルビン[タンニン酸アルブミン]作用機序、副作用、特徴

タンナルビン[タンニン酸アルブミン]は、下痢の治療薬として使用されています。通常、便の70-80%は水分ですが80-90%になると軟便、90%以上になると下痢となります。便秘と同様、下痢の原因となり得るものはさまざまです。下痢の原因を大きく3つに分けてみました。細菌やウイルスなどが原因の感染性腸炎に...

≫続きを読む

ロートエキス散の作用機序、副作用、特徴

ロートエキス散は、下痢の治療薬として使用されています。通常、便の70-80%は水分ですが80-90%になると軟便、90%以上になると下痢となります。便秘と同様、下痢の原因となり得るものはさまざまです。下痢の原因を大きく3つに分けてみました。細菌やウイルスなどが原因の感染性腸炎による下痢腸管運動の亢進...

≫続きを読む

ロペミン[ロペラミド]作用機序、副作用、特徴

ロペミン[ロペラミド]は、下痢の治療薬として使用されています。通常、便の70-80%は水分ですが80-90%になると軟便、90%以上になると下痢となります。便秘と同様、下痢の原因となり得るものはさまざまです。下痢の原因を大きく3つに分けてみました。細菌やウイルスなどが原因の感染性腸炎による下痢腸管運...

≫続きを読む

腸内細菌[善玉菌・悪玉菌・日和見菌]の働き・違い

腸内細菌や口腔内の細菌が近年注目されており、健常者の便移植といった方法が海外では取られるようになってきています。特にクロストリジウム・ディフィシル感染症[CDI]に対して有用であり、健常者の便を移植することで腸内細菌叢が改善されるとされています。このように腸内細菌が注目されていますが、まだまだ未知の...

≫続きを読む

プルゼニド、センノサイド[センノシド]作用機序、副作用、特徴

プルゼニド、センノサイド[センノシド]は、緩下剤・便秘の治療薬として使用されています。便が毎日出ない=便秘 と思いがちかもしれませんが、そうではありません。一般的には、3~4日以上便が出ない場合を便秘と定義しています。便秘の原因となり得るものはさまざまです。以下に便秘の原因となり得る一例をあげてみま...

≫続きを読む

アローゼン[センナ]作用機序、副作用、特徴

アローゼン[センナ]は、緩下剤・便秘の治療薬として使用されています。便が毎日出ない=便秘 と思いがちかもしれませんが、そうではありません。一般的には、3~4日以上便が出ない場合を便秘と定義しています。便秘の原因となり得るものはさまざまです。以下に便秘の原因となり得る一例をあげてみました。食物線維不足...

≫続きを読む

アジャストAコーワ、ヨーデル[センナエキス]作用機序、副作用、特徴

アジャストAコーワ、ヨーデル[センナエキス]は、緩下剤・便秘の治療薬として使用されています。便が毎日出ない=便秘 と思いがちかもしれませんが、そうではありません。一般的には、3~4日以上便が出ない場合を便秘と定義しています。便秘の原因となり得るものはさまざまです。以下に便秘の原因となり得る一例をあげ...

≫続きを読む

マグミット、マグラックス[酸化マグネシウム]作用機序、副作用、特徴

マグミット、マグラックス[酸化マグネシウム]は、緩下剤・便秘の治療薬として使用されています。[マグラックスは日本薬局方にならい、現在は酸化マグネシウム錠、酸化マグネシウム細粒83%と名称が変更されています。]便が毎日出ない=便秘 と思いがちかもしれませんが、そうではありません。一般的には、3~4日以...

≫続きを読む

ラキソベロン[ピコスルファート]作用機序、副作用、特徴

ラキソベロン[ピコスルファート]は、緩下剤・便秘の治療薬として使用されています。便が毎日出ない=便秘 と思いがちかもしれませんが、そうではありません。一般的には、3~4日以上便が出ない場合を便秘と定義しています。便秘の原因となり得るものはさまざまです。以下に便秘の原因となり得る一例をあげてみました。...

≫続きを読む

テレミンソフト、コーラック[ビサコジル]作用機序、副作用、特徴

テレミンソフト、コーラック[ビサコジル]は、緩下剤・便秘の治療薬として使用されています。便が毎日出ない=便秘 と思いがちかもしれませんが、そうではありません。一般的には、3~4日以上便が出ない場合を便秘と定義しています。便秘の原因となり得るものはさまざまです。以下に便秘の原因となり得る一例をあげてみ...

≫続きを読む

レシカルボン[炭酸水素ナトリウム/無水リン酸二水素ナトリウム]作用機序

新レシカルボン坐剤[炭酸水素ナトリウム/無水リン酸二水素ナトリウム]は、緩下剤・便秘の治療薬として使用されています。便が毎日出ない=便秘 と思いがちかもしれませんが、そうではありません。一般的には、3~4日以上便が出ない場合を便秘と定義しています。便秘の原因となり得るものはさまざまです。以下に便秘の...

≫続きを読む

ケンエーG浣腸[グリセリン浣腸]作用機序、特徴、副作用

ケンエーG浣腸[グリセリン浣腸]は、緩下剤・便秘の治療薬として使用されています。便が毎日出ない=便秘と思いがちかもしれませんが、そうではありません。一般的には、3~4日以上便が出ない場合を便秘と定義しています。便秘の原因となり得るものはさまざまです。以下に便秘の原因となり得る一例をあげてみました。食...

≫続きを読む

アミティーザ[ルビプロストン]作用機序、副作用、特徴

アミティーザ[ルビプロストン]は、緩下剤・便秘の治療薬として使用されています。便が毎日出ない=便秘 と思いがちかもしれませんが、そうではありません。一般的には、3~4日以上便が出ない場合を便秘と定義しています。便秘の原因となり得るものはさまざまです。以下に便秘の原因となり得る一例をあげてみました。食...

≫続きを読む

リンゼス[リナクロチド]作用機序、副作用、特徴

リンゼス[リナクロチド]は、便秘型の過敏性腸症候群[IBS]治療薬として使用されています。便が毎日出ない=便秘 と思いがちかもしれませんが、そうではありません。一般的には、3~4日以上便が出ない場合を便秘と定義しています。便秘の原因となり得るものはさまざまです。以下に便秘の原因となり得る一例をあげて...

≫続きを読む

便秘薬・下剤一覧表[作用機序・作用時間別]

分類一般名商品名作用発現時間刺激性下剤小腸刺激性ヒマシ油加香ヒマシ油2-6時間大腸刺激性センノシドプルゼニド8-10時間センナ、センナエキスアローゼンアジャストAコーワヨーデル10時間程度ピコスルファートラキソベロン7-12時間直腸刺激性ビサコジルテレミンソフト5-60分炭酸水素ナトリウムレシカルボ...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職