タンナルビン[タンニン酸アルブミン]作用機序、副作用、特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加   

タンナルビン[タンニン酸アルブミン]:便秘症治療薬

便秘イラスト

 

タンナルビン[タンニン酸アルブミン]は、下痢の治療薬として使用されています。

 

通常、便の70-80%は水分ですが80-90%になると軟便、90%以上になると下痢となります。

 

便秘と同様、下痢の原因となり得るものはさまざまです。
下痢の原因を大きく3つに分けてみました。

 

  1. 細菌やウイルスなどが原因の感染性腸炎による下痢
  2. 腸管運動の亢進や低下による下痢
  3. 腸管内容物がうまく吸収されないことによる下痢

 

感染性腸炎による下痢の場合は、生体にとって有害な細菌やウイルスを排除するため、自己防御機能として働いています。
そのため、単純に下痢止めを使用してはいけません。

 

下痢の原因をしっかりと考え、状態に合った下痢止め薬を使用する必要があるのです。

 

タンナルビン[タンニン酸アルブミン]の作用機序、特徴

前述のように、下痢止め薬は下痢の原因によって使い分けなければなりません。

 

一般的な下痢止め薬は、腸管運動の亢進が原因の際の下痢に使用されます。

 

腸管運動が亢進する場合とは、通勤や通学時、発表時などの緊張・ストレスや飲みすぎなどが当てはまります。

 

タンナルビンは、このような腸管運動の亢進を抑制する下痢止め薬です。

 

タンナルビンの成分タンニン酸アルブミンは、アルカリにより分解されるため、腸管内で膵液によってタンニン酸とタンパク質に分解されます。
下痢に対して働く成分はタンニン酸です。

 

タンニン酸は腸粘膜中のタンパク質と結合して、腸粘膜を保護します。
これにより、腸液の分泌を抑制し、刺激を抑えることで過剰な腸管運動を抑制し止痢作用を示すのです。

 

タンナルビン作用機序 

 

やっくん

タンナルビン[タンニン酸アルブミン]は、タンニン酸が腸管内において、腸の保護に働き過剰な腸管運動を抑制することで、下痢症状を改善します。

 

タンナルビン[タンニン酸アルブミン]の副作用

タンナルビン[タンニン酸アルブミン]は、下痢の治療薬として、1950年に承認を受けた薬です。

 

代表的な副作用としては、肝障害、便秘、食欲不振などが挙げられます。

 

タンナルビン[タンニン酸アルブミン]の禁忌:牛乳アレルギー

  • 出血性大腸炎[腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢患者では、症状の悪化、治療期間の延長をきたすおそれがあります。]
  • 牛乳アレルギー[ショックまたはアナフィラキシー様症状を起こすことがあります。]
  • 細菌性下痢
  • 経口鉄剤[キレートを形成し鉄の吸収を阻害します。]

 

タンナルビン[タンニン酸アルブミン]は、牛乳アレルギー患者には禁忌

これは、タンニン酸アルブミン中のアルブミンが原因です。

 

タンナルビン[タンニン酸アルブミン]中のアルブミンは、乳性タンパク質のカゼインなのです。

 

そのため、カゼインが原因の牛乳アレルギーの方には使用できませんが、ラクターゼが原因の乳糖不耐症の方には使用することができます。

 

タンナルビン[タンニン酸アルブミン]と鉄剤の併用

タンニンを主成分とするタンナルビン[タンニン酸アルブミン]の添付文書では鉄剤が併用禁忌になっています。

 

しかし鉄剤の代表製剤であるフェロミアの添付文書では、タンニン酸アルブミンとは併用注意になっています。

 

フェロミアのメーカーに問い合わせたところ、「鉄の吸収率が下がる可能性はあるが、治療結果には影響しない程度」とのことでした。

 

そのため、同時投与は避けた方が無難ではありますが、必ずしも併用禁忌ではないことを押さえておきましょう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職