不安・緊張・イライラの薬一覧表

不安・緊張・イライラの薬

自律神経調整薬

不安・緊張・イライラの薬一覧表記事一覧

コレミナール[フルタゾラム]作用機序、特徴、副作用

コレミナール[フルタゾラム]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮していることによります。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といいます。過分...

≫続きを読む

リーゼ[クロチアゼパム]作用機序、特徴、副作用

リーザ[クロチアゼパム]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮していることによります。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といいます。過分極の...

≫続きを読む

デパス[エチゾラム]作用機序、特徴、副作用

デパス[エチゾラム]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮していることによります。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といいます。過分極の状態...

≫続きを読む

ソラナックス、コンスタン[アルプラゾラム]作用機序、特徴、副作用

ソラナックス/コンスタン[アルプラゾラム]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮している状態です。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といいま...

≫続きを読む

ワイパックス、ユーパン[ロラゼパム]作用機序、特徴、副作用

ワイパックス[ユーパン]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮している状態です。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といいます。過分極の状態の...

≫続きを読む

レキソタン[ブロマゼパム]作用機序、特徴、副作用

レキソタン[ブロマゼパム]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮している状態です。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といいます。過分極の状態...

≫続きを読む

セルシン、ホリゾン[ジアゼパム]作用機序、特徴、副作用

セルシン/ホリゾン[ジアゼパム]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮している状態です。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といいます。過分極...

≫続きを読む

セパゾン[クロキサゾラム]作用機序、特徴、副作用

セパゾン[クロキサゾラム]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮している状態です。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といいます。過分極の状態...

≫続きを読む

セレナール[オキサゾラム]作用機序、特徴、副作用

セレナール[オキサゾラム]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮している状態です。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といいます。過分極の状態...

≫続きを読む

バランス/コントール[クロルジアゼポキシド]作用機序

バランス/コントール[クロルジアゼポキシド]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮している状態です。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といい...

≫続きを読む

メレックス[メキサゾラム]作用機序、特徴、副作用

メレックス[メキサゾラム]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮している状態です。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といいます。過分極の状態...

≫続きを読む

メイラックス[ロフラゼプ酸]作用機序、特徴、副作用

メイラックス[ロフラゼプ酸]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮している状態です。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といいます。過分極の状...

≫続きを読む

レスタス[フルトプラゼパム]作用機序、特徴、副作用

レスタス[フルトプラゼパム]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮している状態です。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といいます。過分極の状...

≫続きを読む

セディール[タンドスピロン]作用機序、特徴、副作用

セディール[タンドスピロン]は、イライラなどの抗不安薬として使用されています。不安や緊張、イライラ状態というのは、脳が興奮していることによります。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入することで、細胞内がマイナスに傾いています。このマイナスに傾いた状態を、“過分極”といいます。過分...

≫続きを読む

グランダキシン[トフィソパム]作用機序、特徴、副作用

グランダキシン[トフィソパム]は、自律神経の調整薬として使用されています。自律神経とは、自分の意志では動かせない臓器を支配している交感神経と副交感神経の2つを指します。例えば、心臓や気管支、消化管の筋肉は自律神経に支配されており、心拍数を一定にしたり、呼吸を調整、胃酸の分泌の調製など、それぞれのバラ...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職