不整脈の薬一覧表

不整脈の薬

不整脈の薬一覧表記事一覧

リスモダン[ジソピラミド]作用機序、特徴:不整脈治療薬

リスモダン[ジソピラミド]は、不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすくなり、すべての不整脈が悪いという...

≫続きを読む

リスモダンR[徐放ジソピラミド]作用機序、特徴:不整脈治療薬

リスモダンR[徐放ジソピラミド]は、不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすくなり、すべての不整脈が悪い...

≫続きを読む

アミサリン[プロカインアミド]作用機序、特徴:不整脈治療薬

アミサリン[プロカインアミド]は、不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすくなり、すべての不整脈が悪いと...

≫続きを読む

シベノール[シベンゾリン]作用機序、特徴:不整脈治療薬

シベノール[シベンゾリン]は、頻脈性不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすくなり、すべての不整脈が悪い...

≫続きを読む

アスペノン[アプリンジン]作用機序、特徴:不整脈治療薬

アスペノン[アプリンジン]は、頻脈性不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすくなり、すべての不整脈が悪い...

≫続きを読む

キシロカイン[リドカイン]作用機序、特徴:不整脈治療薬

キシロカイン[リドカイン]は、期外収縮(心室性、上室性)、発作性頻拍(心室性、上室性)などの不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢...

≫続きを読む

メキシチール[メキシレチン]作用機序、特徴:不整脈治療薬

メキシチール[メキシレチン]は、頻脈性不整脈(心室性)に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすくなり、すべての...

≫続きを読む

プロノン[プロパフェノン]作用機序、特徴:不整脈治療薬

プロノン[プロパフェノン]は、頻脈性不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすくなり、すべての不整脈が悪い...

≫続きを読む

タンボコール[フレカイニド]作用機序、特徴:不整脈治療薬

タンボコール[フレカイニド]は、頻脈性不整脈(発作性心房細動・粗動、心室性)に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こ...

≫続きを読む

サンリズム[ピルシカイニド]作用機序、特徴:不整脈治療薬

サンリズム[ピルシカイニド]は、頻脈性不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすくなり、すべての不整脈が悪...

≫続きを読む

インデラル[プロプラノロール]作用機序、特徴:不整脈治療薬

インデラル[プロプラノロール]は、頻脈性不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすくなり、すべての不整脈が...

≫続きを読む

テノーミン[アテノロール]作用機序、特徴:不整脈治療薬

テノーミン[アテノロール]は、頻脈性不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすくなり、すべての不整脈が悪い...

≫続きを読む

セロケン、ロプレソール[メトプロロール]作用機序、特徴:不整脈治療薬

セロケン、ロプレソール[メトプロロール]は、頻脈性不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすくなり、すべて...

≫続きを読む

メインテート[ビソプロロール]作用機序、特徴:不整脈治療薬

メインテート[ビソプロロール]は、心室性期外収縮、頻脈性心房細動に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすくなり...

≫続きを読む

ミケランLA[カルテオロール]作用機序、特徴:不整脈治療薬

ミケランLA[カルテオロール]は、頻脈性不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすくなり、すべての不整脈が...

≫続きを読む

アンカロン[アミオダロン]作用機序、特徴:不整脈治療薬

アンカロン[アミオダロン]は、心室細動、心室性頻拍、肥大型心筋症に伴う心房細動に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起...

≫続きを読む

ソタコール[ソタロール]作用機序、特徴:不整脈治療薬

ソタコール[ソタロール]は、他の抗不整脈薬が無効か、又は使用できない場合の不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は...

≫続きを読む

シンビット注[ニフェカラント]作用機序、特徴:不整脈治療薬

シンビット注[ニフェカラント]は、他の抗不整脈薬が無効か、又は使用できない場合の不整脈に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不...

≫続きを読む

ワソラン[ベラパミル]作用機序、特徴:不整脈治療薬

ワソラン[ベラパミル]は、頻脈性不整脈(心房細動・粗動、発作性上室性頻拍)に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こり...

≫続きを読む

ベプリコール[ベプリジル]作用機序、特徴:不整脈治療薬

ベプリコール[ベプリジル]は、頻脈性不整脈(心室性)、持続性心房細動に使用される治療薬です。不整脈とは、過労やストレス・アルコール・発熱・貧血・睡眠不足など、さまざまな要因で起こります。これらが、心臓の刺激伝導系に異常をもたらし、脈が乱れると考えられています。また、加齢によっても不整脈は起こりやすく...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職