不眠症の薬一覧表

不眠症の薬

バルビツール酸系睡眠薬・鎮静薬

  • フェノバルビタール[フェノバール]

 

非バルビツール酸系・非ベンゾジアゼピン系睡眠薬・鎮静薬

  • 抱水クロラール、ブロムワレリル尿素

 

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬・鎮静薬

超短時間型:効果の持続が6時間以内

 

ベンゾジアゼピン作動性睡眠薬

超短時間型:効果の持続が6時間以内

 

短時間型:効果の持続が6~12時間程度

 

中間型:効果の持続が24時間前後

 

長時間型:効果が数日間持続します。

 

メラトニン受容体作動薬

 

オレキシン受容体阻害薬

 

睡眠薬一覧表

不眠症の薬一覧表記事一覧

アモバン[ゾピクロン]作用機序、特徴、副作用

アモバン[ゾピクロン]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つ、脳を休める作用(=興奮状態にある脳が抑制状態になる)は解明されています。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入するこ...

≫続きを読む

ルネスタ[エスゾピクロン]作用機序、特徴、副作用

ルネスタ[エスゾピクロン]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つ、脳を休める作用(=興奮状態にある脳が抑制状態になる)は解明されています。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入す...

≫続きを読む

マイスリー[ゾルピデム]作用機序、特徴、副作用

マイスリー[ゾルピデム]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つ、脳を休める作用(=興奮状態にある脳が抑制状態になる)は解明されています。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入する...

≫続きを読む

ハルシオン[トリアゾラム]作用機序、特徴、副作用

ハルシオン[トリアゾラム]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つ、脳を休める作用(=興奮状態にある脳が抑制状態になる)は解明されています。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入す...

≫続きを読む

エバミール[ロルメタゼパム]作用機序、特徴、副作用

エバミール[ロルメタゼパム]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つ、脳を休める作用(=興奮状態にある脳が抑制状態になる)は解明されています。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入...

≫続きを読む

レンドルミン[ブロチゾラム]作用機序、特徴、副作用

レンドルミン[ブロチゾラム]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つ、脳を休める作用(=興奮状態にある脳が抑制状態になる)は解明されています。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入...

≫続きを読む

リスミー[リルマザホン]作用機序、特徴、副作用

リスミー[リルマザホン]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つ、脳を休める作用(=興奮状態にある脳が抑制状態になる)は解明されています。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入する...

≫続きを読む

ロヒプノール、サイレース[フルニトラゼパム]作用機序、特徴、副作用

ロヒプノール、サイレース[フルニトラゼパム]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つ、脳を休める作用(=興奮状態にある脳が抑制状態になる)は解明されています。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の...

≫続きを読む

ベンザリン[ニトラゼパム]作用機序、特徴、副作用

ベンザリン[ニトラゼパム]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つ、脳を休める作用(=興奮状態にある脳が抑制状態になる)は解明されています。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入す...

≫続きを読む

ユーロジン[エスタゾラム]作用機序、特徴、副作用

ユーロジン[エスタゾラム]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つ、脳を休める作用(=興奮状態にある脳が抑制状態になる)は解明されています。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入す...

≫続きを読む

ソメリン[ハロキサゾラム]作用機序、特徴、副作用

ソメリン[ハロキサゾラム]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つ、脳を休める作用(=興奮状態にある脳が抑制状態になる)は解明されています。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入す...

≫続きを読む

ダルメート[フルラゼパム]作用機序、特徴、副作用

ダルメート[フルラゼパム]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つ、脳を休める作用(=興奮状態にある脳が抑制状態になる)は解明されています。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入す...

≫続きを読む

ドラール[クアゼパム]作用機序、特徴、副作用

ドラール[クアゼパム]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つ、脳を休める作用(=興奮状態にある脳が抑制状態になる)は解明されています。脳が休まる場合(=脳が抑制状態)、細胞の中にCl-が流入するこ...

≫続きを読む

ロゼレム[ラメルテオン]作用機序、特徴、副作用

ロゼレム[ラメルテオン]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちの身体の概日リズム[体内時計]は、1日約25時間と設定されています。地球が1周するのにかかる時間は1日=24時間です。そのため、普通に過ごしていては、1時間のズレが生じるわけです。   そこで、ヒトは毎朝太陽の光を浴びることで、...

≫続きを読む

ベルソムラ[スボレキサント]作用機序、特徴、副作用

ベルソムラ[スボレキサント]は、不眠症の治療薬として使用されています。私たちが睡眠をとる際のメカニズムは複雑で、はっきりとはわかっていません。しかし、その複雑なうちの一つが最近解明されました。オレキシンと呼ばれる神経伝達物質が、脳の興奮に関与しているのです。このオレキシンが活性化すると、脳が興奮/覚...

≫続きを読む

睡眠薬一覧表[作用時間別]

分類一般名商品名効果発現時間[最高血中濃度到達時間]効果持続時間[半減期]非ベンゾジアゼピン系睡眠薬[超短時間型]ゾピクロンアモバン0.8時間4時間エスゾピクロンルネスタ1~1.5時間5時間ゾルピデムマイスリー0.7時間2時間ベンゾジアゼピン作動性睡眠薬[超短時間型]トリアゾラムハルシオン1.2時間...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職