" /> " />

在宅におけるオピオイドと緩和ケア:依存・乱用について

このエントリーをはてなブックマークに追加   

医療用オピオイドの使用状況

在宅,オピオイド,緩和ケア,乱用,依存

日本の総人口は減るにも関わらず、高齢者人口は増え、2040年までは死亡数も毎年増えると推計されています。

 

そのため、緩和ケアを含めた質の高いがん治療の在り方が求められています。
特に病院、クリニック、訪問看護ステーション、調剤薬局の連携は必須になってきます。

 

緩和ケアにおいては、医療用麻薬のオピオイドを使用するケースが多いですが、最近、特に諸外国ではオピオイドの乱用や依存が問題となっています。

 

アメリカ、カナダ、ドイツなどの医療先進国でのオピオイド消費量は日本の10倍以上です。
特にこれらの国においてオピオイドの消費量が多いため、過量投与による死亡例も多く報告されています。

 

医療用麻薬であるオピオイドは適切に使用しなければ、依存を生じるだけでなく、過量投与による呼吸困難→死亡ということが生じてしまします。

 

日本におけるオピオイド消費量は現時点では少ないものの、オピオイド依存は入院治療が必要となり医療費を押し上げることから、今後多職種連携によって評価される項目となるでしょう!

 

医療用麻薬オピオイドで考えなければならない3つの依存と適切な使用方法についてまとめてみました。


医療用麻薬オピオイドの3つの依存について

医療用麻薬のオピオイドには、①身体依存、②Chemical coping、③精神依存の3つの依存があると言われています。

 

オピオイド依存種類 

 

オピオイドを長期的に使用することで、それぞれの依存が生じやすくなります。

 

オピオイド依存①身体依存

オピオイドの中止や減量など何らかの理由で、オピオイドの血中濃度が下がったときに判明します。
オピオイドの身体依存=退薬・離脱症状としては、下痢・鼻漏・不安・発汗・身震いなどの自律神経症状と、中枢神経症状が挙げられます。

 

身体依存の例)
オピオイドを中止すると倦怠感がひどくて何とかしてほしい。

 

オピオイド依存②Chemical coping

オピオイドを痛みの緩和目的でなく、心理的なストレスに対処するために使用する行動を指します。

 

Chemical copingの例)
痛みはないけど不安だから飲み続けている。オピオイドが効いているかはわからない。

 

オピオイド依存③精神依存

  • 自己制御できずにオピオイドを使用する
  • オピオイドに対する強度の欲求がある
  • 痛みがないにも関わらず、強迫的にオピオイドを使用する
  • 有害な影響があるにも関わらず、持続してオピオイドを使用する

この4つの項目のうちいずれか一つが当てはまれば”精神依存”となります。

 

精神依存の例)
通常量の何倍もの投与量を毎日飲まないと、痛みと不安でどうしようもなくなる。

 

海外においては精神依存も問題となっていますが、日本のがん治療においてこの精神依存を生じるケースは1%未満であると報告されています。

 

医療用麻薬オピオイドの適切な使用方法

 

医療用麻薬のオピオイドは、適切に使用すれば乱用・依存につながることはありません。

 

オピオイドの適正使用については、このイラストがよく使われます。

 

オピオイド麻薬依存適正使用 

 

オピオイド麻薬依存不適正利用 

 

[鈴木 勉,日医雑誌 122(12),1999を改変]

 

痛みがある状態では、不快な部分を取り除くに過ぎないので、依存を生じません。

 

しかし、痛みがない状態で使用し続けると、快楽を身体が覚えてしまい、依存が生じるのです。

 

オピオイドを使用する際は、

  • 痛みの原因の追求[例.単なる骨折ではないか]
  • オピオイドの使用によって本当に鎮痛効果が得られているのか[例.がん切除後漫然と投与されてないか]
  • 本来の目的以外使用していないか[例.不安だから、快楽目的]

などを定期的に確認する必要があります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ

合わせて読みたいページ

在宅医療とは?
在宅医療という言葉が生まれたのは比較的最近で1986年に誕生したと言われています。今後薬局経営の中心となる在宅医療についてまとめています。
在宅医療が推進・求められる理由
今後なぜ在宅医療が薬局経営の中心となるのか、その理由をまとめています。
入院費抑制のために在宅医療へシフト:DPC包括制度とは?
病院が在宅医療へシフト理由の一つにDPC包括制度があります。薬局薬剤師にはあまり馴染みのない言葉なので、一度確認してみましょう!
薬剤師の居宅療養管理指導と在宅患者訪問薬剤管理指導の違い
調剤薬局薬剤師が在宅医療に取り組む場合、介護保険を使うか医療保険を使うか考えなければなりません。居宅療養管理指導と在宅患者訪問薬剤管理指導の違いも含めて解説しています。
薬局における在宅医療の仕事内容・訪問診療[往診同行]の流れ
在宅医療を始めたいけど、どのようにするのかわからないという薬剤師は多いです。施設在宅の大まかな流れを紹介しています。
在宅医療で薬局薬剤師が学べること-門前調剤薬局との違い-
外来診療と在宅医療では、仕事内容がまるで違います。そのため、薬剤師が在宅医療に慣れるには数ヶ月は必要です。在宅医療と門前調剤薬局との違いをまとめています。
介護保険とは?誕生した経緯、理由、仕組み、対象者は?
1990年代、少子高齢化といった言葉が使用されるようになり、特に高齢者の介護を家族だけで行うのは難しいと考えるようになりました。これを受けて2000年に始まった介護保険制度についてまとめています。
介護保険の使い方、申請・要介護・要支援認定・ケアプランとは?
介護保険を実際に使用するのは65歳を超えてからなので、実際の仕組みを理解している人は少ないと思います。介護保険の使い方についてイラストでまとめています。
介護保険改正の流れ:2000年~2015年まで
診療報酬改定も流れをつかめば国(厚生労働省)の方向性が見えてきます。介護保険改正についてもどのような流れかまとめてみました。
2015年介護保険改正の概要と9つのポイント
大きく変わった2015年介護保険改正の概要と9つのポイントを解説しています。
2025年問題に向けて将来介護保険制度はどう改正されるか?
2015年の改正では、2025年に向けた地域包括ケアシステムの確立が目指すべきものかと思います。今後2025年問題に向けて、どのような方向性で介護業界は進むのか考察してみました。
白血球数[WBC]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
血液検査値のひとつ白血球数[WBC]の読み取り方を薬の副作用との関連性を含め解説しています。
ヘモグロビン[Hb]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
血液検査値のひとつヘモグロビン[Hb]の読み取り方を薬の副作用との関連性を含め解説しています。
血小板数[PLT]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
血液検査値のひとつ血小板数[PLT]の読み取り方を薬の副作用との関連性を含め解説しています。
薬剤師が知っておきたい血圧計の正しい測定方法・使い方
在宅医療で関わるバイタルサインのひとつ、血圧計の正しい測定方法・使い方を解説しています。
薬剤師が知っておきたい体温計の正しい測定方法・使い方
在宅医療で関わるバイタルサインのひとつ、体温計の正しい測定方法・使い方を解説しています。
薬剤師が知っておきたい脈拍の正しい測定方法・薬との関係
在宅医療で関わるバイタルサインのひとつ、脈拍の正しい測定方法・使い方を解説しています。
薬剤師が知っておきたい酸素飽和度[SpO2]の測定方法
在宅医療で関わるバイタルサインのひとつ、酸素飽和度[SpO2]の正しい測定方法・使い方を解説しています。
薬剤師が知っておきたい呼吸数・呼吸音の違い、測定方法
在宅医療で関わるバイタルサインのひとつ、呼吸数・呼吸音の違い、測定方法を解説しています。
薬剤師が知っておきたい意識レベルの低下、評価方法
在宅医療で関わるバイタルサインのひとつ、意識レベルの低下、評価方法を解説しています。
在宅における不眠症治療-かゆみ、痛み、トイレ、認知症など-
在宅医療で関わりの高い不眠症治療について解説しています。
在宅における認知症治療-中核症状、BPSD、三大認知症-
施設在宅の現場では、認知症患者に悩んだことある方はほとんどかと思います。認知症治療においては、認知症の種類や中核症状、BPSDについて理解しなければなりません。今回は、中核症状、BPSD、三大認知症について解説しています。
在宅における介護食:低栄養、誤嚥、スマイルケア食について
在宅医療では、食事の形態に制限がある方が少なくありません。薬剤師が知っておきたい低栄養、誤嚥、スマイルケア食について解説しています。
在宅における脱水の危険性、経口補水液ORSの必要性
在宅医療では水分摂取量を調節することが多々あります。在宅における脱水の危険性、経口補水液ORSの必要性について解説しています。
在宅医療における訪問歯科診療の役割
在宅医療では訪問歯科の先生と遭遇することがあります。在宅における訪問歯科診療の役割について解説しています。

TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職