血圧を正しく測るために:血圧計の正しい測定方法・使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加   

在宅医療におけるバイタルサインの重要性

高血圧

 

在宅医療では、多剤投与[ポリファーマシー]の観点から薬剤師のフィジカルアセスメントやバイタルサインのチェックが重要視されています。

 

バイタルサインとは、血圧[BP]・脈拍[P:プルス]・酸素飽和度[SPO2:サチュレーション]・体温[KT]の4項目の測定に加え、呼吸数意識レベルを加えた6項目を指します。

 

在宅医療では、患者さん自身でチェックすることもあれば、現場の看護師さんや介護士さん、薬剤師が直接行うこともあります。

 

最近では、日本在宅薬学会理事長の狭間先生を中心とし、薬剤師向けのバイタルサイン講習会が多く開催されるようになりました。

 

薬剤師がバイタルサインをチェックすることで、次の3つに今まで以上に介入することが望まれています。

  1. 新たに投薬した薬が効いているのかどうか
  2. 漫然と投与されている薬の副作用が生じていないか
  3. 次回の処方時に何か処方提案できることがないか

 

血圧とは?

血圧とは血管にかかる圧力であり、心臓が収縮するときを最高血圧、心臓が拡張するときを最低血圧と呼びます。

 

血圧は、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。

 

 

血圧=心拍出量×血管抵抗

 

 

血液の量が多くなると心臓から多くの血液を送り出さなければならないため、心臓に負担がかかります。
血管抵抗は血液が流れにくい状態であり、この原因の多くは動脈硬化です。
動脈が硬くなることで、血流が悪くなり、腎臓や脳、心臓の血管が詰まりやすくなるのです

 

やっくん

ゆえに、高血圧は、特に自覚症状がありませんが、心臓への負担や動脈硬化を引き起こし、心不全や腎不全、脳梗塞、心筋梗塞などの血管に関連する疾患のリスクを高めるのです。

 

高血圧の原因

高血圧要因

高血圧は、生活習慣病と言われますが、実は、高血圧患者の90%は具体的な原因がわかっていません。

 

この高血圧を本態性高血圧といいます。

 

高血圧を引き起こす要因としては、遺伝、肥満、運動不足、塩分、アルコールの摂り過ぎ、ストレス、喫煙などがあげられます。

血圧計の正しい測定方法、使い方、注意点

血圧は食事や運動、温度などの環境によって大きく変化します。
一般的には、早朝は低く日中は高くなり、夜になるとまた低くなります。

 

そのため、血圧測定のタイミングとしては、朝と夜が最適です。

 

また、運動や会話、緊張によっても血圧は高くなるため、背もたれ付きの椅子に座った状態での測定が推奨されています。

 

1度の測定で原則2回測定します。
なぜなら最初の測定は緊張によって高い数値が出るケースがあるためです。

 

上腕タイプ血圧計の測定方法、注意点

上腕タイプ血圧計 

 

手首式の血圧計と比較して、テーブルの上に血圧を固定するため測定誤差は少なくなります。

 

測定時のポイントは次の3点です。

  1. 腕帯の中心は心臓と同じ高さにする

    心臓より高いところで測定すると血圧値は低くなります。
    一方、心臓より低いところで測定すると血圧値は高くなります。
    1cmのズレが1mmHgに相当するため、注意が必要です。

  2. 腕帯を撒くときは、指1本ほど余裕を持つ
  3. 前かがみにならず、姿勢を正す

    前かがみなど腹圧がかかる姿勢になると、血圧値は高くなります。

 

また、薄いTシャツやYシャツなら問題ありませんが、上着やセーター着用時では上手く測定できないため注意が必要です。

 

手首式血圧計の測定方法、注意点

手首式血圧計 

 

手首式の血圧計は、腕を上下に動かしやすいため、正しい測定方法をより理解しておく必要があります。

 

測定時のポイントは次の3点です。上腕タイプと基本的には変わりません。

  1. 血圧計を心臓の高さに持っていく
  2. 手首は反らさない、握らない、曲げない
  3. 前かがみにならず、姿勢を正す
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職