血小板数[PLT]の基準値:多い、少ない、薬の副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加   

血小板数[PLT]とは?基準値について

血小板,PLT,基準値,多い,少ない,薬,副作用

 

血液は、血漿+赤血球・白血球・血小板で構成されています。
赤血球・白血球・血小板の3つを血球と言い、多くが赤血球で占めています。

 

血球 赤血球 白血球 血小板
450-500万/μL 4000-9000/μL 15-35万/μL
寿命 120日

・好中球:1~数日
・単球:数ヶ月
・リンパ球:数週~数年

10日ほど

 

血小板は、止血の初期段階[一次止血]に関与しています。

 

血小板数[PLT]は、20×103/μL以下になると致死的な経過をたどることがあります。

 

血小板数は、platelet countを略して”PLT”と表記されます。

 

血小板数[PLT]の基準値は、158-348×103[/μL]です。

[日本臨床検査協議会:共用基準範囲2014より]


血小板数[PLT]と関連する薬剤性の副作用

血球はすべて骨髄中の造血幹細胞の分化によって産生されます。

 

そのため、血小板の障害は、①骨髄によるものと②末梢血管内の血小板の破壊によるものに分かれます。

 

一般的には、抗生物質抗てんかん薬などが知られています。

 

抗リウマチ薬 金チオリンゴ酸、ペニシラミン
抗てんかん薬 バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピン
抗生物質 アジスロマイシン、スルファメトキサゾール、クラリスロマイシン
その他 キニジン、アテノロール、アロプリノール

[参考:検査値×処方箋の読み方 他]

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ



Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ

合わせて読みたいページ

在宅医療とは?
在宅医療という言葉が生まれたのは比較的最近で1986年に誕生したと言われています。今後薬局経営の中心となる在宅医療についてまとめています。
在宅医療が推進・求められる理由
今後なぜ在宅医療が薬局経営の中心となるのか、その理由をまとめています。
入院費抑制のために在宅医療へシフト:DPC包括制度とは?
病院が在宅医療へシフト理由の一つにDPC包括制度があります。薬局薬剤師にはあまり馴染みのない言葉なので、一度確認してみましょう!
薬剤師の居宅療養管理指導と在宅患者訪問薬剤管理指導の違い
調剤薬局薬剤師が在宅医療に取り組む場合、介護保険を使うか医療保険を使うか考えなければなりません。居宅療養管理指導と在宅患者訪問薬剤管理指導の違いも含めて解説しています。
薬局における在宅医療の仕事内容・訪問診療[往診同行]の流れ
在宅医療を始めたいけど、どのようにするのかわからないという薬剤師は多いです。施設在宅の大まかな流れを紹介しています。
在宅医療で薬局薬剤師が学べること-門前調剤薬局との違い-
外来診療と在宅医療では、仕事内容がまるで違います。そのため、薬剤師が在宅医療に慣れるには数ヶ月は必要です。在宅医療と門前調剤薬局との違いをまとめています。
介護保険とは?誕生した経緯、理由、仕組み、対象者は?
1990年代、少子高齢化といった言葉が使用されるようになり、特に高齢者の介護を家族だけで行うのは難しいと考えるようになりました。これを受けて2000年に始まった介護保険制度についてまとめています。
介護保険の使い方、申請・要介護・要支援認定・ケアプランとは?
介護保険を実際に使用するのは65歳を超えてからなので、実際の仕組みを理解している人は少ないと思います。介護保険の使い方についてイラストでまとめています。
介護保険改正の流れ:2000年~2015年まで
診療報酬改定も流れをつかめば国(厚生労働省)の方向性が見えてきます。介護保険改正についてもどのような流れかまとめてみました。
2015年介護保険改正の概要と9つのポイント
大きく変わった2015年介護保険改正の概要と9つのポイントを解説しています。
2025年問題に向けて将来介護保険制度はどう改正されるか?
2015年の改正では、2025年に向けた地域包括ケアシステムの確立が目指すべきものかと思います。今後2025年問題に向けて、どのような方向性で介護業界は進むのか考察してみました。
白血球数[WBC]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
血液検査値のひとつ白血球数[WBC]の読み取り方を薬の副作用との関連性を含め解説しています。
ヘモグロビン[Hb]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
血液検査値のひとつヘモグロビン[Hb]の読み取り方を薬の副作用との関連性を含め解説しています。
経腸栄養とは?経腸栄養剤の適応と使い分け
在宅医療という言葉が生まれたのは比較的最近で1986年に誕生したと言われています。今後薬局経営の中心となる在宅医療についてまとめています。
胃ろうとは?胃ろうカテーテルの特徴と交換時期について
在宅医療という言葉が生まれたのは比較的最近で1986年に誕生したと言われています。今後薬局経営の中心となる在宅医療についてまとめています。
薬剤師が知っておきたい血圧計の正しい測定方法・使い方
在宅医療で関わるバイタルサインのひとつ、血圧計の正しい測定方法・使い方を解説しています。
薬剤師が知っておきたい体温計の正しい測定方法・使い方
在宅医療で関わるバイタルサインのひとつ、体温計の正しい測定方法・使い方を解説しています。
薬剤師が知っておきたい脈拍の正しい測定方法・薬との関係
在宅医療で関わるバイタルサインのひとつ、脈拍の正しい測定方法・使い方を解説しています。
薬剤師が知っておきたい酸素飽和度[SpO2]の測定方法
在宅医療で関わるバイタルサインのひとつ、酸素飽和度[SpO2]の正しい測定方法・使い方を解説しています。
薬剤師が知っておきたい呼吸数・呼吸音の違い、測定方法
在宅医療で関わるバイタルサインのひとつ、呼吸数・呼吸音の違い、測定方法を解説しています。
薬剤師が知っておきたい意識レベルの低下、評価方法
在宅医療で関わるバイタルサインのひとつ、意識レベルの低下、評価方法を解説しています。
在宅における不眠症治療-かゆみ、痛み、トイレ、認知症など-
在宅医療で関わりの高い不眠症治療について解説しています。
在宅における認知症治療-中核症状、BPSD、三大認知症-
施設在宅の現場では、認知症患者に悩んだことある方はほとんどかと思います。認知症治療においては、認知症の種類や中核症状、BPSDについて理解しなければなりません。今回は、中核症状、BPSD、三大認知症について解説しています。
在宅におけるオピオイドと緩和ケア:依存・乱用について
施設在宅の現場では、いわゆる看取り状態の患者に出会うことは少なくありません。また、緩和ケアにより医療用麻薬を使用しますが、依存や乱用の恐れが指摘されています。今回は、緩和ケアで使用するオピオイドの依存と乱用について解説しています。
在宅における介護食:低栄養、誤嚥、スマイルケア食について
在宅医療では、食事の形態に制限がある方が少なくありません。薬剤師が知っておきたい低栄養、誤嚥、スマイルケア食について解説しています。
在宅における脱水の危険性、経口補水液ORSの必要性
在宅医療では水分摂取量を調節することが多々あります。在宅における脱水の危険性、経口補水液ORSの必要性について解説しています。
在宅医療における訪問歯科診療の役割
在宅医療では訪問歯科の先生と遭遇することがあります。在宅における訪問歯科診療の役割について解説しています。

TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職