PPNとは?輸液の違い、特徴や留置時間について

このエントリーをはてなブックマークに追加   

PPNとは?

PPN,輸液,違い,特徴,留置時間

 

在宅医療の現場ではPPN患者に出会うことは少なくありません。
経口摂取が難しい状態までレベルが落ちてしまうと、在宅においてもPPN[末梢静脈栄養]を行う場面に遭遇するかと思います。

 

ただ、いざPPNを始めるとなっても、何を用意したらいいのか困った経験はなかったでしょうか?
薬局薬剤師は、輸液を扱う頻度が少なかったかと思いますので、正直まだ私も慣れていないことが多いです。
なので、よく現場の看護師さんに教えてもらっています(;^ω^)

 

そんなPPNについて、現場でどのように使われているか、基礎的なことをまとめてみました。

 

PPNが適応となる患者とは?

消化管がどのくらい機能しているか、栄養剤をどのように摂取するかによって以下のように分類分けされます。

 

栄養剤分類 

 

胃腸機能が働く場合は経腸栄養剤を、胃腸機能が働かない場合は静脈栄養剤[輸液]が適応されます。

 

静脈栄養剤[輸液]は、2週間など短期的に行うPPN[末梢静脈栄養]、長期的に行うTPN[中心静脈栄養]に分かれます。

 

静脈栄養剤のデメリット:経腸栄養剤との違い

  • 感染のリスクが高い[最も注意すべき点]
  • 水分の調節が難しい
  • カロリーが不足する

 

静脈栄養においては、カテーテル挿入部位で起こる感染が一番のデメリットとなります。
細菌が血管内に侵入し、敗血症で亡くなる方も多いため、できるだけ早い経腸栄養剤への切り替えが推奨されています。

 


末梢静脈カテーテルの挿入方法、留置時間

先ほど、最も注意すべき点が感染と言ったように、この末梢静脈カテーテルの管理を気を付けなければなりません。

 

末梢静脈カテーテルの挿入手順

必要なもの:
留置針、輸液セット、延長チューブ[必要時]、ドレッシング材

 

①PPNでは、留置針を主に上腕に挿入します。
下肢に挿入する場合もありますが、どうしても不潔になりがちなのでカテーテル感染を起こしやすくなります。

 

②カテーテル挿入時は、手指消毒後に手袋を着用し、挿入部位の消毒を行います。
消毒剤は、0.5%を超えるクロルヘキシジンアルコールが推奨されています。[2011年CDCガイドライン]

 

③留置針と輸液セットをつなぎ投与速度を決めます。
投与速度は、主に、1mL=20滴のタイプが成人用、1mL=60滴のタイプが小児用で使用されています。

 

④輸液の投与が問題なければ、挿入部をフィルムドレッシング材で固定します。

 

⑤感染予防、静脈炎予防のために末梢静脈カテーテルは72-96時間で交換するようにします。

 

代表的なPPN製剤一覧表と使い分け

PPN製剤は、ビタミン・アミノ酸・糖質の種類によって使い分けされます。

 

どうしても総カロリーが少なくなるため、脂肪乳剤を追加で投与します。

 

 

製品名 Na K Ca Mg Cl P 乳酸 pH

ソリタ-T1号輸液
[ソルデム1輸液]

90 - - - 70 - 20 2.6 3.5-6.5
KN1号輸液 77 - - - 77 - - 2.5 4.0-7.5
ソリタ-T2号輸液 84 20 - - 66 10 20 3.2 3.5-6.5
ソルデム2輸液 77.5 30 - - 59 - 48.5 1.45 4.5-7.0
KN2号輸液 60 25 - 2 49 6.5 25 2.35 4.5-7.0

ソリタ-T3号輸液
[ソルデム3A輸液]

35 20 - - 35 - 20 4.3 3.5-6.5

ソリタ-T3号G輸液
[ソルデム3AG輸液]

35 20 - - 35 - 20 7.5 3.5-6.5

ソルデム3輸液
KN3号輸液

50 20 - - 50 - 20 2.7 4.0-7.5
EL-3号輸液 40 35 - - 40 8 20 5.0 4.0-6.0

ソルデム3PG輸液
10%EL-3号輸液

40 35 - - 40 8 20 10.0 4.0-6.0
アクチット輸液 45 17 - 5 37 10 A20 M5.0 4.3-6.3
フィジオ35輸液 35 20 5 3 28 10 A20 10.0 4.7-5.3
ヴィーン3G輸液 45 17 - 5 37 10 A20 5.0 4.3-6.3
ソリタ-T4号輸液 30 - - - 20 - 10 4.3 3.5-6.5

ソルデム6輸液
KN4号輸液

30 - - - 20 - 10 4.0 4.0-7.5

[A:酢酸塩、M:マルトース]

 

低張電解質輸液の一例を比較表にしましたが、実際そこまで大きな違いはありません。
欧米ではそもそも1-4号液の概念もなく、テクニシャンが作成しています。

 

ブドウ糖[グルコース]の代わりに、キシリトールやマルトースが添加されることもありますが、速やかに代謝されるため、血糖値への影響はほとんどありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ



Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ

合わせて読みたいページ

在宅医療とは?
在宅医療が推進・求められる理由
入院費抑制のために在宅医療へシフト:DPC包括制度とは?
薬剤師の居宅療養管理指導と在宅患者訪問薬剤管理指導の違い
薬局における在宅医療の仕事内容・訪問診療[往診同行]の流れ
在宅医療で薬局薬剤師が学べること-門前調剤薬局との違い-
介護保険とは?誕生した経緯、理由、仕組み、対象者は?
介護保険の使い方、申請・要介護・要支援認定・ケアプランとは?
介護保険改正の流れ:2000年~2015年まで
2015年介護保険改正の概要と9つのポイント
2025年問題に向けて将来介護保険制度はどう改正されるか?
白血球数[WBC]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
ヘモグロビン[Hb]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
血小板数[PLT]の基準値:多い、少ない、薬の副作用
経腸栄養とは?経腸栄養剤の適応と使い分け
胃ろうとは?胃ろうカテーテルの特徴と交換時期について
電解質輸液の一覧表:種類と違い、使い分け
薬剤師が知っておきたい血圧計の正しい測定方法・使い方
薬剤師が知っておきたい体温計の正しい測定方法・使い方
薬剤師が知っておきたい脈拍の正しい測定方法・薬との関係
薬剤師が知っておきたい酸素飽和度[SpO2]の測定方法
薬剤師が知っておきたい呼吸数・呼吸音の違い、測定方法
薬剤師が知っておきたい意識レベルの低下、評価方法
在宅における不眠症治療-かゆみ、痛み、トイレ、認知症など-
在宅における認知症治療-中核症状、BPSD、三大認知症-
在宅におけるオピオイドと緩和ケア:依存・乱用について
在宅における介護食:低栄養、誤嚥、スマイルケア食について
在宅における脱水の危険性、経口補水液ORSの必要性
在宅医療における訪問歯科診療の役割

TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職