心不全の薬一覧表

心不全の薬

強心薬

ジギタリス薬

 

カテコールアミン薬

 

アデニル酸シクラーゼ作用薬

 

ホスホジエステラーゼ阻害薬

 

心筋Ca2+感受性増強薬

 

cAMP薬

 

前負荷・後負荷軽減薬

心房性ナトリウム利尿ペプチド[ANP]薬

 

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬

 

アンジオテンシン受容体拮抗薬

 

β遮断薬

β1のみ[選択性]

 

αも

 

利尿薬

サイアザイド

 

ループ利尿薬

 

カリウム保持性利尿薬

 

バソプレシンV2-受容体拮抗薬

 

濃グリセリン・果糖[グリセオール]
尿細管で水を引き込む作用があるため、尿量を増やし、頭蓋内圧や眼圧を下げる効果があります。

 

その他

 

肺高血圧症治療薬

心不全の薬一覧表記事一覧

ジゴシン[ジゴキシン]作用機序、特徴、副作用

ジゴシン[ジゴキシン]は心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分かれていま...

≫続きを読む

ハーフジゴキシン[ジゴキシン]作用機序、特徴、副作用

ハーフジゴキシン[ジゴキシン]は心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分か...

≫続きを読む

ラニラピッド[メチルジゴキシン]作用機序、特徴、副作用

ラニラピッド[メチルジゴキシン]は心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分...

≫続きを読む

イノバン[ドパミン]作用機序、特徴、副作用

イノバン注[ドパミン]は心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分かれていま...

≫続きを読む

ドブトレックス[ドブタミン]作用機序、特徴、副作用

ドブトレックス注[ドブタミン]は心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分か...

≫続きを読む

カルグート[デノパミン]作用機序、特徴、副作用

カルグート[デノパミン]は心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分かれてい...

≫続きを読む

タナドーパ[ドカルパミン]作用機序、特徴、副作用

タナドーパ[ドカルパミン]は心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分かれて...

≫続きを読む

アデール[コルホルシンダロパート]作用機序、特徴、副作用

アデール[コルホルシンダロパート]は心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に...

≫続きを読む

ネオフィリン[アミノフィリン]作用機序、特徴、副作用

ネオフィリン[アミノフィリン]は心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分か...

≫続きを読む

ミルリーラ[ミルリノン]作用機序、特徴、副作用

ミルリーラ[ミルリノン]は心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分かれてい...

≫続きを読む

コアテック[オルプリノン]作用機序、特徴、副作用

コアテック[オルプリノン]は心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分かれて...

≫続きを読む

アカルディ[ピモベンダン]作用機序、特徴、副作用

アカルディ[ピモベンダン]は心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分かれて...

≫続きを読む

アクトシン注[ブクラデシン]作用機序、特徴、副作用

アクトシン注[ブクラデシン]は心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分かれ...

≫続きを読む

ハンプ注[カルペリチド]作用機序、特徴、副作用

ハンプ注[カルペリチド]は心不全の中でも急性心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左...

≫続きを読む

レニベース[エナラプリル]作用機序、特徴:心不全治療薬

レニベース[エナラプリル]は心不全の中でも軽症から中度の慢性心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右...

≫続きを読む

ロンゲス[リシノプリル]作用機序、特徴:心不全治療薬

ロンゲス[リシノプリル]は心不全の中でも軽症から中度の慢性心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心...

≫続きを読む

ブロプレス[カンデサルタン]作用機序、特徴:心不全治療薬

ブロプレス[カンデサルタン]は心不全の中でも軽症から中度の慢性心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、...

≫続きを読む

メインテート[ビソプロロール]作用機序、特徴:心不全治療薬

メインテート[ビソプロロール]は心不全の中でも軽症から中度の慢性心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房...

≫続きを読む

アーチスト[カルベジロール]作用機序、特徴:心不全治療薬

アーチスト[カルベジロール]は心不全の中でも軽症から中度の慢性心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、...

≫続きを読む

フルイトラン[トリクロルメチアジド]作用機序、特徴:心不全治療薬

フルイトラン[トリクロルメチアジド]は心不全の中でも、うっ血性心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、...

≫続きを読む

ラシックス[フロセミド]作用機序、特徴:心不全治療薬

ラシックス[フロセミド]は心不全の中でも、うっ血性心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心...

≫続きを読む

ダイアート[アゾセミド]作用機序、特徴:心不全治療薬

ダイアート[アゾセミド]は心不全の中でも、うっ血性心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心...

≫続きを読む

アルダクトン[スピロノラクトン]作用機序、特徴:心不全治療薬

アルダクトン[スピロノラクトン]は心不全の中でも、うっ血性心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心...

≫続きを読む

サムスカ[トルバプタン]作用機序、特徴:心不全治療薬

サムスカ[トルバプタン]は心不全の中でも、うっ血性心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心...

≫続きを読む

ノイキノン[ユビデカレノン]作用機序、特徴、副作用

ノイキノン[ユビデカレノン]は心不全の中でも、うっ血性心不全で使用される治療薬です。心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。体循環と肺循環心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、...

≫続きを読む

フローラン注[エポプロステノール]作用機序、特徴:肺高血圧症治療薬

フローラン注[エポプロステノール]は、肺高血圧症で使用される治療薬です。肺高血圧症とは、肺の血管が狭くなることで、心臓が通常よりも強い力で血液を肺に押し出し、最終的に心臓に負担がかかり心機能が低下する疾患です。肺高血圧症の原因肺高血圧症の原因は、はっきりとわかっていません。他の疾患が原因である場合も...

≫続きを読む

プロサイリン、ドルナー[ベラプロスト]作用機序、特徴:肺高血圧症治療薬

プロサイリン、ドルナー[ベラプロスト]は、原発性肺高血圧症で使用される治療薬です。肺高血圧症とは、肺の血管が狭くなることで、心臓が通常よりも強い力で血液を肺に押し出し、最終的に心臓に負担がかかり心機能が低下する疾患です。肺高血圧症の原因肺高血圧症の原因は、はっきりとわかっていません。他の疾患が原因で...

≫続きを読む

ケアロードLA、ベラサスLA[徐放ベラプロスト]作用機序、特徴:肺高血圧症治療薬

ケアロードLA、ベラサスLA[徐放ベラプロスト]は、原発性肺高血圧症で使用される治療薬です。肺高血圧症とは、肺の血管が狭くなることで、心臓が通常よりも強い力で血液を肺に押し出し、最終的に心臓に負担がかかり心機能が低下する疾患です。肺高血圧症の原因肺高血圧症の原因は、はっきりとわかっていません。他の疾...

≫続きを読む

レバチオ[シルデナフィル]作用機序、特徴、副作用:肺高血圧症治療薬

レバチオ[シルデナフィル]は、肺動脈性肺高血圧症で使用される治療薬です。肺高血圧症とは、肺の血管が狭くなることで、心臓が通常よりも強い力で血液を肺に押し出し、最終的に心臓に負担がかかり心機能が低下する疾患です。肺高血圧症の原因肺高血圧症の原因は、はっきりとわかっていません。他の疾患が原因である場合も...

≫続きを読む

トラクリア[ボセンタン]作用機序、特徴:肺高血圧症治療薬

トラクリア[ボセンタン]は、肺動脈性肺高血圧症で使用される治療薬です。肺高血圧症とは、肺の血管が狭くなることで、心臓が通常よりも強い力で血液を肺に押し出し、最終的に心臓に負担がかかり心機能が低下する疾患です。肺高血圧症の原因肺高血圧症の原因は、はっきりとわかっていません。他の疾患が原因である場合もあ...

≫続きを読む

アドシルカ[タダラフィル]作用機序、特徴:肺高血圧症治療薬

アドシルカ[タダラフィル]は、肺動脈性肺高血圧症で使用される治療薬です。肺高血圧症とは、肺の血管が狭くなることで、心臓が通常よりも強い力で血液を肺に押し出し、最終的に心臓に負担がかかり心機能が低下する疾患です。肺高血圧症の原因肺高血圧症の原因は、はっきりとわかっていません。他の疾患が原因である場合も...

≫続きを読む

ヴォリブリス[アンブリセンタン]作用機序、特徴:肺高血圧症治療薬

ヴォリブリス[アンブリセンタン]は、肺動脈性肺高血圧症で使用される治療薬です。肺高血圧症とは、肺の血管が狭くなることで、心臓が通常よりも強い力で血液を肺に押し出し、最終的に心臓に負担がかかり心機能が低下する疾患です。肺高血圧症の原因肺高血圧症の原因は、はっきりとわかっていません。他の疾患が原因である...

≫続きを読む

オプスミット[マシテンタン]作用機序、特徴:肺高血圧症治療薬

オプスミット[マシテンタン]は、肺動脈性肺高血圧症で使用される治療薬です。肺高血圧症とは、肺の血管が狭くなることで、心臓が通常よりも強い力で血液を肺に押し出し、最終的に心臓に負担がかかり心機能が低下する疾患です。肺高血圧症の原因肺高血圧症の原因は、はっきりとわかっていません。他の疾患が原因である場合...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職