ノイキノン[ユビデカレノン]作用機序、特徴、副作用

2017年12月5日

心不全薬イラスト

スポンサーリンク

ノイキノン[ユビデカレノン]:心不全治療薬

ノイキノン[ユビデカレノン]は心不全の中でも、うっ血性心不全で使用される治療薬です。

心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。

そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。

体循環と肺循環

心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分かれています。

心房は静脈から血液を受け取る部屋、心室は動脈へ血液を送り出すポンプ機能を持つ部屋です。

肺循環体循環

血液は、上大静脈と下大静脈→右心房→右心室→肺動脈→肺→肺静脈→左心房→左心室→大動脈→全身→上大静脈と下大静脈→…という順に循環しています。

心不全の原因による分類と症状

心不全の原因は心室の異常がほとんどです。

原因が左心室であるものを左心不全、右心室であるものを右心不全といいます。

左心不全
大動脈への血液量が少なくなる→大動脈血流の低下→冷え尿量の低下
肺静脈からの血液が多すぎて受け取ることができなくなる(うっ血)→呼吸困難
右心不全
肺動脈への血液量が少なくなる→肺動脈血流の低下→低酸素脳症
大静脈からの血液が多すぎて受け取りことができなくなる(うっ血)→浮腫腹水

左心不全    右心不全

心不全の治療

従来、心不全とは、心筋の収縮性に異常があるため、十分な血液を押し出せないと考えられていました。

しかし、最近は心筋の収縮性に異常はなくても、心室の拡張性に異常を認めるケースの心不全が多いことがわかりました。

心室の拡張性に異常を与える原因としては、

  • 慢性圧負荷
  • 神経体液因子の亢進により生じる心室リモデリング(心肥大・心拡大)
  • 心筋線維化
  • 心内膜下虚血
  • 心筋細胞内カルシウム動態の異常

等が挙げられています。

また、心不全で入院する患者さんは、塩分制限や水分制限が守れてないことが多いとされています。

やっくん

やっくん

心室の拡張性の異常を抑制し、心不全の予後を改善することが最近の慢性心不全治療の中心となっています。

ノイキノン[ユビデカレノン]の作用機序、特徴

心不全とは、心筋の収縮力が低下することによって、血液が十分に行き渡らないことが原因であると考えられていました。

そのため、心筋の収縮力を改善するβ1作用を持つ薬が多く使用されてきました。

しかし、最近では、心臓に対する負荷を軽減する薬が使用されています。

ノイキノンは、他の心不全治療薬とは異なり、心臓での酸素利用効率を改善する心不全治療薬です。

ノイキノンの有効成分であるユビデカレノンは、ユビキノンコエンザイムQビタミンQとも呼ばれます。

サプリメントではコエンザイムQ10が認知されていますが、同じ成分です。

ユビデカレノン[コエンザイムQ]は、体内で合成されますが20歳を過ぎると産生量が低下していきます。

また、原料がメバロン酸であるため、メバロン酸の合成を抑制する脂質異常症の治療薬を服用している方は、さらに産生量が低下するため注意が必要です。

ノイキノンは細胞内のミトコンドリアで作用し、主に酸化的リン酸化によってエネルギーを作り出す補酵素として働きます。

心臓におけるエネルギー代謝を改善することで、酸素の使用率も改善し、心臓の負担を軽減するとされています。

ノイキノン作用機序

やっくん

やっくん

ノイキノン[ユビデカレノン]は、β1作用を示すイソプレナリンによる心筋の酸素不足を改善することで、心不全症状を改善します。

ノイキノン[ユビデカレノン]の副作用

ノイキノン[ユビデカレノン]は、軽度及び中等度のうっ血性心不全治療薬として、1976年に発売された薬です。

主な副作用として、胃部不快感[0.39%]、食欲不振[0.24%]、嘔気[0.19%]、下痢[0.11%]、発疹[0.17%]などが挙げられます。

ノイキノン[ユビデカレノン]の禁忌

  • 特になし

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)