ハンプ注[カルペリチド]作用機序、特徴、副作用

2017年12月5日

心不全薬イラスト

スポンサーリンク

ハンプ注[カルペリチド]:心不全治療薬

ハンプ注[カルペリチド]は心不全の中でも急性心不全で使用される治療薬です。

心不全とは、簡単に言うと、心臓のポンプ機能が低下することで、全身にうまく酸素を供給できない疾患です。

そのため、血液の巡りが悪くなるうっ血状態を示すことが多くなります。

体循環と肺循環

心臓は、4つの部屋[右心房、右心室、左心房、左心室]に分かれています。

心房は静脈から血液を受け取る部屋、心室は動脈へ血液を送り出すポンプ機能を持つ部屋です。

肺循環体循環

血液は、上大静脈と下大静脈→右心房→右心室→肺動脈→肺→肺静脈→左心房→左心室→大動脈→全身→上大静脈と下大静脈→…という順に循環しています。

心不全の原因による分類と症状

心不全の原因は心室の異常がほとんどです。

原因が左心室であるものを左心不全、右心室であるものを右心不全といいます。

左心不全
大動脈への血液量が少なくなる→大動脈血流の低下→冷え尿量の低下
肺静脈からの血液が多すぎて受け取ることができなくなる(うっ血)→呼吸困難
右心不全
肺動脈への血液量が少なくなる→肺動脈血流の低下→低酸素脳症
大静脈からの血液が多すぎて受け取りことができなくなる(うっ血)→浮腫腹水

左心不全    右心不全

心不全の治療

従来、心不全とは、心筋の収縮性に異常があるため、十分な血液を押し出せないと考えられていました。

しかし、最近は心筋の収縮性に異常はなくても、心室の拡張性に異常を認めるケースの心不全が多いことがわかりました。

心室の拡張性に異常を与える原因としては、

  • 慢性圧負荷
  • 神経体液因子の亢進により生じる心室リモデリング(心肥大・心拡大)
  • 心筋線維化
  • 心内膜下虚血
  • 心筋細胞内カルシウム動態の異常

等が挙げられています。

また、心不全で入院する患者さんは、塩分制限や水分制限が守れてないことが多いとされています。

心室の拡張性の異常を抑制し、心不全の予後を改善することが最近の慢性心不全治療の中心となっています。 

ハンプ注[カルペリチド]の作用機序、特徴

心不全とは、心筋の収縮力が低下することによって、血液が十分に行き渡らないことが原因であると考えられていました。

そのため、心筋の収縮力を改善するβ1作用を持つ薬が多く使用されてきました。

しかし、最近では、心臓に対する負荷を軽減する薬が使用されています。
ハンプ注は、α型ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチドの受容体に結合する心不全治療薬です。

α型ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチドの作用は、グアニル酸シクラーゼの活性化です。

グアニル酸シクラーゼは、cGMP量を増加させ、心臓の前負荷・後負荷を軽減する血管拡張作用を示します。

ハンプ注作用機序

また、腎機能を高め、アルドステロンやバソプレシンに拮抗することで水の再吸収を阻害し、利尿作用を示します。

やっくん

やっくん

ハンプ注[カルペリチド]は、α型ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチドとして働き、グアニル酸シクラーゼを活性化することで、血管拡張作用、利尿作用を示し、心不全症状を改善します。

ハンプ注[カルペリチド]の副作用

ハンプ注[カルペリチド]は、急性心不全の治療薬として、1995年に発売された薬です。

主な副作用としては、血圧低下[9.2%]、BUN 上昇[1.9%]、クレアチニン上昇[1.7%]、血小板減少[1.4%]、ALT(GPT)上昇[1.0%]、AST(GOT)上昇[1.0%]が挙げられます。

ハンプ注[カルペリチド]の禁忌

  • 重篤な低血圧、又は心原性ショック
    [降圧作用を有するため、その病態を悪化させる可能性があります。]
  • 右室梗塞
    [一般的に、右室梗塞のある患者に対して血管拡張薬や利尿薬を用いると、静脈還流が減少し、低心拍出状態を増悪させるといわれています。]
  • 脱水症状
    [利尿作用を有するので、循環血漿量の減少している患者に投与した場合、その病態を更に悪化させる可能性があります。]

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)