うつ病の薬一覧表

うつ病の薬

そう病治療薬

  • 炭酸リチウム[リーマス]
  • カルバマゼピン[テグレトール]

注意欠陥/多動性障害[ADHD]治療薬

ドパミン再取り込み阻害薬

 

選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬

うつ病の薬一覧表記事一覧

トフラニール[イミプラミン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,トフラニール,イミプラミン,作用機序,副作用,禁忌 トフラニール[イミプラミン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされています。...

≫続きを読む

アナフラニール[クロミプラミン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,アナフラニール,クロミプラミン,作用機序,副作用,禁忌 アナフラニール[クロミプラミン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされていま...

≫続きを読む

トリプタノール[アミトリプチン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,トリプタノール,アミトリプチン,作用機序,副作用,禁忌 トリプタノール[アミトリプチン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされていま...

≫続きを読む

ノリトレン[ノルトリプチン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,ノリトレン,ノルトリプチン,作用機序,副作用,禁忌 ノリトレン[ノルトリプチン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされています。...

≫続きを読む

スルモンチール[トリミプラミン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,スルモンチール,トリミプラミン,作用機序,副作用,禁忌 スルモンチール[トリミプラミン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされていま...

≫続きを読む

アンプリット[ロフェプラミン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,アンプリット,ロフェプラミン,作用機序,副作用,禁忌 アンプリット[ロフェプラミン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされています...

≫続きを読む

アモキサン[アモキサピン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,アモキサン,アモキサピン,作用機序 アモキサン[アモキサピン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされています。こ...

≫続きを読む

プロチアデン[ドスレピン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,プロチアデン,ドスレピン,作用機序,副作用,禁忌 プロチアデン[ドスレピン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされています。こ...

≫続きを読む

ルジオミール[マプロチリン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,ルジオミール,マプロチリン,作用機序,副作用,禁忌 ルジオミール[マプロチリン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされています。...

≫続きを読む

テトラミド[ミアンセリン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,テトラミド,ミアンセリン,作用機序,副作用,禁忌 テトラミド[ミアンセリン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされています。こ...

≫続きを読む

テシプール[セチプチリン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,テシプール,セチプチリン,作用機序,副作用,禁忌 テシプール[セチプチリン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされています。こ...

≫続きを読む

ルボックス、デプロメール[フルボキサミン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,ルボックス,デプロメール,フルボキサミン,作用機序 ルボックス、デプロメール[フルボキサミン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?と...

≫続きを読む

パキシル[パロキセチン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,パキシル,パロキセチン,作用機序,副作用,禁忌 パキシル[パロキセチン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされています。これ...

≫続きを読む

ジェイゾロフト[セルトラリン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,ジェイゾロフト,セルトラリン,作用機序,副作用,禁忌 ジェイゾロフト[セルトラリン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされています...

≫続きを読む

レクサプロ[エスシタロプラム]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,レクサプロ,エスシタロプラム,作用機序,副作用,禁忌 レクサプロ[エスシタロプラム]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされています...

≫続きを読む

トレドミン[ミルナシプラン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,トレドミン,ミルナシプラン,作用機序,副作用,禁忌 トレドミン[ミルナシプラン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされています。...

≫続きを読む

サインバルタ[デュロキセチン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,サインバルタ,デュロキセチン、作用機序,副作用,禁忌 サインバルタ[デュロキセチン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされています...

≫続きを読む

イフェクサーSR[ベンラファキシン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,イフェクサーSR,ベンラファキシン、作用機序,副作用,禁忌 イフェクサーSR[ベンラファキシン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされて...

≫続きを読む

レメロン、リフレックス[ミルタザピン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,レメロン,リフレックス,ミルタザピン,作用機序,副作用,禁忌 レメロン、リフレックス[ミルタザピン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされ...

≫続きを読む

レスリン、デジレル[トラゾドン]作用機序、特徴、副作用

うつ病,薬,レスリン,デジレル,トラゾドン,作用機序,特徴,副作用 レスリン、デジレル[トラゾドン]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とされていま...

≫続きを読む

抗うつ薬:ドグマチール、ミラドール[スルピリド]作用機序・特徴

うつ病,薬,ドグマチール,ミラドール,スルピリド,作用機序,副作用,禁忌 ドグマチール、ミラドール[スルピリド]]は、うつ病の治療薬として使用されています。いわゆるうつ状態というのは、気分が落ちたり、眠れなくなったりと症状は様々です。うつ病の原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・セロトニンの放出不足が関係しているのでは?とさ...

≫続きを読む

コンサータ[メチルフェニデート]作用機序、特徴:注意欠陥多動性障害治療薬

注意欠陥,多動性障害,ADHD,薬,コンサータ,メチルフェニデート,作用機序,副作用,禁忌 コンサータ[メチルフェニデート]は、注意欠陥/多動性障害[ADHD]の治療薬として使用されています。ADHDの症状というのは、次の3つが代表的です。多動性[例.落ち着きがない]衝動性[例.思ったことを口にする]不注意[例.約束を守れず、忘れっぽい]子供だけではなく、子供のころから症状があり大人になっ...

≫続きを読む

ストラテラ[アトモキセチン]作用機序、特徴:注意欠陥多動性障害治療薬

注意欠陥,多動性障害,ADHD,薬,ストラテラ,アトモキセチン,作用機序,副作用,禁忌 ストラテラ[アトモキセチン]は、注意欠陥/多動性障害[ADHD]の治療薬として使用されています。ADHDの症状というのは、次の3つが代表的です。多動性[例.落ち着きがない]衝動性[例.思ったことを口にする]不注意[例.約束を守れず、忘れっぽい]子供だけではなく、子供のころから症状があり大人になっても...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ



Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職