コンサータ[メチルフェニデート]作用機序、特徴:注意欠陥多動性障害治療薬

2017年12月5日

 

 

スポンサーリンク

コンサータ[メチルフェニデート]:注意欠陥/多動性障害[ADHD]治療薬

コンサータ[メチルフェニデート]は、注意欠陥/多動性障害[ADHD]の治療薬として使用されています。
ADHDの症状というのは、次の3つが代表的です。

  • 多動性[例.落ち着きがない]
  • 衝動性[例.思ったことを口にする]
  • 不注意[例.約束を守れず、忘れっぽい]

子供だけではなく、子供のころから症状があり大人になっても改善しない場合もあるのです。

このADHDの原因は、はっきりとはわかっていませんが、脳内の神経系伝達物質である、ノルアドレナリン・ドパミンの放出不足が関係しているのでは?とされています。

コンサータ[メチルフェニデート]の作用機序、特徴

注意欠陥/多動性障害[ADHD]は上述の通り、ノルアドレナリンやドパミンの量が減っていることが原因と考えられています。

そのため、ADHDの治療薬は、脳内のノルアドレナリンやドパミンを増加させる作用のある薬が使用されます。

脳内で一度分泌されたノルアドレナリンはアドレナリン受容体に、ドパミンはドパミン受容体に結合します。

しかし、一時的に受容体が埋まっていたりすると、再利用するためにそれぞれもう一度神経細胞に取り込まれます。

ドパミン再取り込み

これをドパミンの再取り込みといいます。

コンサータは、神経伝達物質であるドパミンの再取り込みを阻害する薬です。

ドパミンの再取り込みを阻害することで、ドパミン受容体へ結合するよう作用するのです。

また、神経終末に直接働き、ドパミンの遊離を促進する作用も持っています。

コンサータ作用機序

やっくん

やっくん

コンサータ[メチルフェニデート]は、ドパミンの再取り込みを選択的に阻害すること、および、直接ドパミン遊離促進作用により、脳内で不足しているドパミンを補い、注意欠陥/多動性症状を改善します。

コンサータ[メチルフェニデート]の副作用

コンサータ[メチルフェニデート]は、注意欠陥/多動性障害[AD/HD]の治療薬として、2007年に発売された薬です。

代表的な副作用としては、食欲減退[27.9%]、不眠症[5.0%]、体重減少[5.0%]、チック[3.4%]、睡眠障害[3.0%]、頭痛[2.7%]、腹痛[1.8%]、悪心[1.7%]などが挙げられます。

コンサータ[メチルフェニデート]の禁忌

  • 過度の不安、緊張、興奮性のある患者
    [中枢神経刺激作用により症状を悪化させることがあります。]
  • 緑内障[眼圧を上昇させるおそれがあります。]
  • 甲状腺機能亢進[循環器系に影響を及ぼすことがあります。]
  • 不整頻拍、狭心症[症状を悪化させるおそれがあります。]
  • 運動性チックのある患者、Tourette症候群又はその既往歴・家族歴
    [症状を悪化又は誘発させることがあります。]
  • 重症うつ病[抑うつ症状が悪化するおそれがあります。]
  • 褐色細胞腫[血圧を上昇させるおそれがあります。]
  • エフピー[セレギリン]=モノアミンオキシダーゼ(MAO)阻害剤を投与中又は投与中止後14日以内

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)