ルリッド[ロキシスロマイシン]作用機序、特徴、副作用

2017年12月4日

風邪イラスト

スポンサーリンク

ルリッド[ロキシスロマイシン]:マクロライド系抗菌薬

ルリッド[ロキシスロマイシン]は、各種感染症の治療薬として使用されています。

細菌・ウイルスとは?

細菌とウイルスでは、構造が全く異なるため増殖過程も異なります。

細菌 ウイルス
構造

細菌構造

細胞質+細胞膜+細胞壁

ウイルス構造

核酸+タンパク質の外壁

大きさ 1μm 1/1000μm
増殖過程 自分の力で増殖
[栄養環境でないと生きられない]
生物に寄生して増殖
[環境の影響を受けにくい]
薬物療法 抗生物質[抗菌薬] 抗ウイルス薬


細菌の構造は、真ん中に核を持ち、核は細胞質、細胞膜、細胞壁に覆われており複雑です。

タンパク質の合成に必要なリボソームや小胞体、エネルギー代謝に必要なミトコンドリアを持つものもあります。

ウイルスの構造は、真ん中に核を持ち、核はカプシドと呼ばれるタンパク質の殻とエンベロープと呼ばれる膜に覆われているのみであり単純です。

このように、複雑な構造をしている細菌は自分の力で数を増殖することが可能ですが、単純な構造をしているウイルスは誰かの力を借りなければなりません。

例えば食中毒の原因菌のひとつである腸炎ビブリオとノロウイルスを比較してみましょう。

条件:常温で24時間放置

細菌ウイルス違い

  • 腸炎ビブリオ[細菌]→約1億個まで増殖します。
  • ノロウイルス[ウイルス]→1個のままです。

よって、細菌による感染症の対策とウイルスによる感染症の対策は別物として考える必要があるのです。

感染症とは?

私たちの身の回りには、さまざまな細菌やウイルスなどの微生物が潜んでいます。
しかし、これらの微生物にすぐに感染するかと言うとそうではないですよね。
感染が成立するには、抵抗力と感染力どちらが強いかが重要になってきます。

抵抗力感染力

新生児や高齢者は抵抗力が弱いため、少量の細菌やウイルスで感染してしまいます。

抗生物質や抗ウイルス薬では、微生物そのものを死滅させる作用を持つもの、微生物の増殖過程を阻害するものに分かれます。

抵抗力が弱くなり微生物がかなり増殖した状態で薬を飲んでも効果がない場合がありますので、注意しましょう!

ルリッド[ロキシスロマイシン]の作用機序、特徴

ひと昔前は、感染症にかかってしまっても対症療法しか選択できず、多くの患者が命を落としていました。

感染症の治療薬として、ペニシリンが発見されて以降多くの抗菌薬[抗生物質]が開発されています。

ルリッドは、タンパク質合成阻害作用を持つマクロライド系抗菌薬です。

マクロライド系抗菌薬では、エリスロマイシンが使用されていましたが、胃酸で分解されるという弱点がありました。

ルリッドはブドウ球菌属やレンサ球菌属など主にグラム陽性菌に対して抗菌活性を示します。

また、マイコプラズマに対しても使用されます。

ルリッドは、各種細菌のタンパク質生合成過程に作用します。

タンパク質生合成

タンパク質は、DNAの情報をmRNAに転写した後に、リボソームで翻訳され、タンパク質が合成されます。

ルリッドは、タンパク質生合成の翻訳過程にて関与するリボソーム50Sに結合することで、抗菌作用を示します。

ルリッド作用機序

やっくん

やっくん

ルリッド[ロキシスロマイシン]は、リボソーム50Sサブユニットに結合することで、タンパク質の生合成を阻害し、抗菌作用を示します。

マクロライド系抗菌薬は、細菌そのものを殺すのではなく、増殖過程を阻害するためその作用は静菌的であるとされています。

ルリッド[ロキシスロマイシン]の副作用

ルリッド[ロキシスロマイシン]は、マクロライド系抗生物質として、1991年に発売された薬です。

主な副作用としては、ALT(GPT)上昇[0.47%]、AST(GOT)上昇[0.36%]、好酸球増多[0.27%]、下痢[0.16%]、胃不快感[0.15%]などが挙げられます。

ルリッド[ロキシスロマイシン]の禁忌

  • クリアミン、ジヒデルゴット[エルゴタミン含有製剤]

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)