ビタミン、ミネラル、栄養補助薬一覧表

ビタミン、ミネラル、栄養補助薬

ビタミン薬

脂溶性ビタミン

ビタミンA

 

ビタミンD

 

ビタミンE

 

ビタミンK

 

ビタミン様物質:ビタミンQ

 

水溶性ビタミン

ビタミンB1

 

ビタミンB2

 

ビタミンB6

 

ビタミンB12

 

ビタミンB複合薬

 

ビタミンB群その他

 

ビタミンC

 

ミネラル薬

造血薬

鉄剤

 

エリスロポエチン関連薬

 

G-CSF
  • フィルグラスチム[グラン]
  • ペグフィルグラスチム[ジーラスタ]
  • レノグラスチム[ノイトロジン]

再生不良性貧血や好中球減少症の治療薬として使用されます。

 

血小板減少症治療薬

 

ダナゾール[ボンゾール]
子宮内膜組織の増殖を抑える働きがあるため、子宮内膜症の治療薬として使用されます。

 

カリウム薬

 

カルシウム薬

 

栄養剤

半消化態:腸での消化が必要

 

消化態:腸での消化が不要

 

ビタミン、ミネラル、栄養補助薬一覧表記事一覧

チョコラA[レチノール/ビタミンA]作用機序、特徴、副作用

チョコラA[レチノール]は、夜盲症・角膜乾燥症などの眼疾患に使用される薬です。眼疾患のみでなく、皮膚・粘膜などの上皮組織の乾燥に関わっているため、目の乾燥や皮膚の乾燥を引き起こします。ビタミンAは脂溶性ビタミンであるため、尿から排出されにくく体内に蓄えられ、基本的には不足することはありません。食事中...

≫続きを読む

ユベラN[トコフェロール/ビタミンE]作用機序、特徴、副作用

ユベラN[トコフェロールニコチン酸]は、血管の循環障害等さまざまな症状に使用される薬です。中でも閉塞性動脈硬化症に伴う末梢の循環障害に使用されます。閉塞性動脈硬化症とは、コレステロールの蓄積などにより動脈硬化を引き起こし、血栓を形成する疾患です。ビタミンEには血液循環を改善する効果があり、食事中には...

≫続きを読む

ケーワン[フィトナジオン/ビタミンK1]作用機序、特徴、副作用

ケーワン[フィトナジオン]は、ビタミンK欠乏症に使用される薬です。ビタミンKが不足すると、血液の凝固能の低下や骨代謝[リモデリング]の異常を引き起こします。ビタミンKは食品中に含まれるビタミンK1、腸内細菌の働きによって合成されるビタミンK2、大量摂取で毒性のあるビタミンK3があります。ビタミンK1...

≫続きを読む

ケイツー、グラケー[メナテトレノン/ビタミンK2]作用機序、特徴、副作用

ケイツー、グラケー[メナテトレノン]は、骨粗鬆症に使用される薬です。ビタミンKが不足すると、血液の凝固能の低下や骨代謝[リモデリング]の異常を引き起こします。ビタミンKは食品中に含まれるビタミンK1、腸内細菌の働きによって合成されるビタミンK2、大量摂取で毒性のあるビタミンK3があります。ビタミンK...

≫続きを読む

ジセタミン[セトチアミン/ビタミンB1]作用機序、特徴、副作用

ジセタミン[セトチアミン]は、ビタミンB1欠乏症や糖代謝障害に使用される薬です。ビタミンB1が不足すると、解糖系における糖代謝の異常や神経機能の異常を引き起こします。ビタミンB1は食品中に多く含まれ、豚肉や豆類に多く含まれています。しかし、ビタミンB1は水溶性ビタミンであり、過剰に摂取した分は尿中か...

≫続きを読む

ノイビタ[オクトチアミン/ビタミンB1]作用機序、特徴、副作用

ノイビタ[オクトチアミン]は、ビタミンB1欠乏症や糖代謝障害に使用される薬です。ビタミンB1が不足すると、解糖系における糖代謝の異常や神経機能の異常を引き起こします。ビタミンB1は食品中に多く含まれ、豚肉や豆類に多く含まれています。しかし、ビタミンB1は水溶性ビタミンであり、過剰に摂取した分は尿中か...

≫続きを読む

アリナミンF[フルスルチアミン/ビタミンB1]作用機序、特徴、副作用

アリナミンF[フルスルチアミン]は、ビタミンB1欠乏症や糖代謝障害に使用される薬です。ビタミンB1が不足すると、解糖系における糖代謝の異常や神経機能の異常を引き起こします。ビタミンB1は食品中に多く含まれ、豚肉や豆類に多く含まれています。しかし、ビタミンB1は水溶性ビタミンであり、過剰に摂取した分は...

≫続きを読む

FAD、フラビタン[フラビンアデニンジヌクレオチド]作用機序

FAD、フラビタン[フラビンアデニンジヌクレオチド]は、ビタミンB2欠乏症や糖、脂質、タンパク質の代謝障害に使用される薬です。ビタミンB2が不足すると、解糖系における糖代謝の異常や神経機能の異常を引き起こします。ビタミンB2は食品中に多く含まれ、卵や乳製品、納豆に多く含まれています。しかし、ビタミン...

≫続きを読む

ピドキサール[ピリドキサール/ビタミンB6]作用機序、特徴、副作用

ピドキサール[ピリドキサールリン酸]は、ビタミンB6欠乏症やタンパク質の代謝障害に使用される薬です。ビタミンB6が不足すると、皮膚・粘膜の異常や神経機能の異常を引き起こします。ビタミンB6は食品中に多く含まれ、バナナや青魚、レバーに多く含まれています。ビタミンB6は水溶性ビタミンであり、過剰に摂取し...

≫続きを読む

メチコバール[メコバラミン/ビタミンB12]作用機序、特徴、副作用

メチコバール[メコバラミン]は、末梢性神経障害に使用される薬です。ビタミンB12が不足すると、悪性貧血や神経系の異常を引き起こします。ビタミンB12は動物性食品中に多く含まれ、チーズや青魚、レバーに多く含まれています。食品以外に、腸内細菌の働きによっても生成されます。ビタミンB12の吸収には内因子と...

≫続きを読む

ビタメジン[ビタミンB1・B6・B12]作用機序、特徴、副作用

ビタメジン[ビタミンB1・B6・B12]は、ビタミンB欠乏症に使用される薬です。ビタミンB1、B6、B12はいずれも神経機能に影響するビタミンのため、神経痛や関節痛、筋肉痛の治療に使用されます。ビタミンB1は、豚肉や豆類に多く含まれています。ビタミンB6は食品中に多く含まれ、バナナや青魚、レバーに多...

≫続きを読む

ビタノイリン[ビタミンB1・B2・B6・B12]作用機序、特徴、副作用

ビタノイリン[ビタミンB1・B2・B6・B12]は、ビタミンB欠乏症に使用される薬です。ビタミンB1、B2、B6、B12はいずれも神経機能に影響するビタミンのため、神経痛や関節痛、筋肉痛の治療に使用されます。ビタミンB1は、豚肉や豆類に多く含まれています。ビタミンB2は食品中に多く含まれ、卵や乳製品...

≫続きを読む

アリチア配合錠[ビタミンB1・B6・B12]作用機序、特徴、副作用

アリチア配合錠[ビタミンB1・B6・B12]は、ビタミンB欠乏症に使用される薬です。ビタミンB1、B6、B12はいずれも神経機能に影響するビタミンのため、神経痛や関節痛、筋肉痛の治療に使用されます。ビタミンB1は、豚肉や豆類に多く含まれています。ビタミンB6は食品中に多く含まれ、バナナや青魚、レバー...

≫続きを読む

ノイロビタン[ビタミンB1・2・6・12]作用機序、特徴、副作用

ノイロビタン配合錠[ビタミンB1・B2・B6・B12]は、ビタミンB欠乏症に使用される薬です。ビタミンB1、B2、B6、B12はいずれも神経機能に影響するビタミンのため、神経痛や関節痛、筋肉痛の治療に使用されます。ビタミンB1は、豚肉や豆類に多く含まれています。ビタミンB2は食品中に多く含まれ、卵や...

≫続きを読む

ビタミンB製剤一覧表

ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6ビタミンB12ジセタミンセトチアミン―――ノイビタオクトチアミン―――アリナミンFフルスルチアミン―――FAD/フラビタン―フラビンアデニンジヌクレオチド――ピドキサール――ピリドキサール―メチコバール―――メコバラミンビタメジン25ベンフォチアミン 25mg―ピ...

≫続きを読む

フォリアミン[葉酸]作用機序、特徴、副作用

フォリアミン[葉酸]は、葉酸欠乏症やそれに伴う貧血に使用される薬です。葉酸はビタミンMやビタミンB9とも呼ばれ、ビタミンB群に分類されます。葉酸は核酸やアミノ酸代謝に関与しています。そのため葉酸が欠乏すると、核酸やタンパク質が未熟になり、さまざまな組織や細胞が上手く生成されなくなるのです。葉酸は、の...

≫続きを読む

パントシン[パンテチン]作用機序、特徴、副作用

パントシン[パンテチン]は、パントテン酸欠乏症やそれに伴う脂質異常症、便秘症に使用される薬です。パンテチンは、ビタミンB5とも呼ばれるパントテン酸から体内で合成されます。補酵素A[CoA]の前駆物質であるため、糖代謝や脂質代謝、アセチルCoAの合成に関与しています。そのためパンテチンが欠乏すると、代...

≫続きを読む

ハイシー[アスコルビン酸/ビタミンC]作用機序、特徴、副作用

ハイシー[アスコルビン酸]は、ビタミンC欠乏症や毛細血管出血などに使用される薬です。ビタミンCが不足すると、抵抗力が低下し、コラーゲンの合成ができなくなります。ビタミンCは果物や野菜中に多く含まれ、レモンやイチゴ、ピーマンに多く含まれています。しかし、ビタミンCは水溶性ビタミンであり、過剰に摂取した...

≫続きを読む

シナール[アスコルビン酸/パントテン酸]作用機序、特徴、副作用

シナール[アスコルビン酸/パントテン酸]は、ビタミンC欠乏症や色素沈着などに使用される薬です。ビタミンCが不足すると、抵抗力が低下し、コラーゲンの合成ができなくなります。ビタミンCは果物や野菜中に多く含まれ、レモンやイチゴ、ピーマンに多く含まれています。しかし、ビタミンCは水溶性ビタミンであり、過剰...

≫続きを読む

フェロミア[クエン酸第一鉄]作用機序、特徴、副作用

フェロミア[クエン酸第一鉄]は、鉄欠乏性貧血に使用される薬です。鉄は、ヒトの体内において70%が血液中に含まれ、残り30%が肝臓中に血清フェリチンとして蓄えられています。鉄は、酸素を運ぶヘモグロビンの構成成分であり、不足すると脳や筋肉、心臓に酸素が行き渡らなくなり、疲れやめまいなど貧血症状を呈するの...

≫続きを読む

フェログラデュメット[硫酸鉄]作用機序、特徴、副作用

フェログラデュメット[硫酸鉄]は、鉄欠乏性貧血に使用される薬です。鉄は、ヒトの体内において70%が血液中に含まれ、残り30%が肝臓中に血清フェリチンとして蓄えられています。鉄は、酸素を運ぶヘモグロビンの構成成分であり、不足すると脳や筋肉、心臓に酸素が行き渡らなくなり、疲れやめまいなど貧血症状を呈する...

≫続きを読む

フェルムカプセル[フマル酸第一鉄]作用機序、特徴、副作用

フェルムカプセル[フマル酸第一鉄]は、鉄欠乏性貧血に使用される薬です。鉄は、ヒトの体内において70%が血液中に含まれ、残り30%が肝臓中に血清フェリチンとして蓄えられています。鉄は、酸素を運ぶヘモグロビンの構成成分であり、不足すると脳や筋肉、心臓に酸素が行き渡らなくなり、疲れやめまいなど貧血症状を呈...

≫続きを読む

インクレミン[溶性ピロリン酸第二鉄]作用機序、特徴、副作用

インクレミン[溶性ピロリン酸第二鉄]は、鉄欠乏性貧血に使用される薬です。鉄は、ヒトの体内において70%が血液中に含まれ、残り30%が肝臓中に血清フェリチンとして蓄えられています。鉄は、酸素を運ぶヘモグロビンの構成成分であり、不足すると脳や筋肉、心臓に酸素が行き渡らなくなり、疲れやめまいなど貧血症状を...

≫続きを読む

フェジン静注[含糖酸化鉄]作用機序、特徴、副作用

フェジン静注[含糖酸化鉄]は、鉄欠乏性貧血に使用される薬です。鉄は、ヒトの体内において70%が血液中に含まれ、残り30%が肝臓中に血清フェリチンとして蓄えられています。鉄は、酸素を運ぶヘモグロビンの構成成分であり、不足すると脳や筋肉、心臓に酸素が行き渡らなくなり、疲れやめまいなど貧血症状を呈するので...

≫続きを読む

エスポー[エポエチンアルファ]作用機序、特徴、副作用

エスポー[エポエチンアルファ]は、腎性貧血に使用される薬です。腎性貧血とは、その名の通り腎機能が悪くなることによって、エリスロポエチンの生成量が減少することによって生じる貧血です。そのため高齢者や、透析患者に多い疾患となります。エリスロポエチンの不足で起こる腎性貧血は、鉄の不足で起こる鉄欠乏性貧血と...

≫続きを読む

エポジン[エポエチンベータ]作用機序、特徴、副作用

エポジン[エポエチンベータ]は、腎性貧血に使用される薬です。腎性貧血とは、その名の通り腎機能が悪くなることによって、エリスロポエチンの生成量が減少することによって生じる貧血です。そのため高齢者や、透析患者に多い疾患となります。エリスロポエチンの不足で起こる腎性貧血は、鉄の不足で起こる鉄欠乏性貧血と同...

≫続きを読む

ネスプ[ダルベポエチンアルファ]作用機序、特徴、副作用

ネスプ[ダルベポエチンアルファ]は、腎性貧血に使用される薬です。腎性貧血とは、その名の通り腎機能が悪くなることによって、エリスロポエチンの生成量が減少することによって生じる貧血です。そのため高齢者や、透析患者に多い疾患となります。エリスロポエチンの不足で起こる腎性貧血は、鉄の不足で起こる鉄欠乏性貧血...

≫続きを読む

ミルセラ[エポエチンベータペゴル]作用機序、特徴、副作用

ミルセラ[エポエチンベータベゴル]は、腎性貧血に使用される薬です。腎性貧血とは、その名の通り腎機能が悪くなることによって、エリスロポエチンの生成量が減少することによって生じる貧血です。そのため高齢者や、透析患者に多い疾患となります。エリスロポエチンの不足で起こる腎性貧血は、鉄の不足で起こる鉄欠乏性貧...

≫続きを読む

レボレード[エルトロンボパグオラミン]作用機序、特徴、副作用

レボレード[エルトロンボパグオラミン]は、特発性血小板減少性紫斑病[ITP]に使用される薬です。あまり耳慣れないですが、特発性血小板減少性紫斑病とは、免疫の異常によって血小板少なくなり、出血しやすくなる自己免疫疾患です。血小板の減少は、様々な原因があることから、特発性血小板減少性紫斑病は除外診断によ...

≫続きを読む

グルコン酸K[グルコン酸カリウム]作用機序、特徴、副作用

グルコン酸K[グルコン酸カリウム]は、低カリウム血症に使用される薬です。低カリウム血症とは、その名の通り血液中のカリウム濃度が低くなることによって、筋肉や腎臓がうまく働かなる疾患です。カリウムは、ヒトの体内で作られない必須ミネラルとして多くの働きを持っています。中でも、筋肉の収縮・弛緩を調節したり、...

≫続きを読む

アスパラカリウム[アスパラギン酸カリウム]作用機序、特徴、副作用

アスパラカリウム[L-アスパラギン酸カリウム]は、低カリウム血症に使用される薬です。低カリウム血症とは、その名の通り血液中のカリウム濃度が低くなることによって、筋肉や腎臓がうまく働かなる疾患です。カリウムは、ヒトの体内で作られない必須ミネラルとして多くの働きを持っています。中でも、筋肉の収縮・弛緩を...

≫続きを読む

スローケー[塩化カリウム]作用機序、特徴、副作用

スローケー[塩化カリウム]は、低カリウム血症に使用される薬です。低カリウム血症とは、その名の通り血液中のカリウム濃度が低くなることによって、筋肉や腎臓がうまく働かなる疾患です。カリウムは、ヒトの体内で作られない必須ミネラルとして多くの働きを持っています。中でも、筋肉の収縮・弛緩を調節したり、腎臓にお...

≫続きを読む

アスパラカリウム、グルコン酸K、スローケーの換算、変更

主にカリウム製剤の内服薬は、アスパラカリウム、グルコン酸K、スローケーが使用されています。これらのカリウム製剤は、一包化や粉砕ができなかったり、錠剤が大きかったり、散剤がなかったりとさまざまです。また、病院によっては採用薬が異なることもよくあるため、他のカリウム製剤へ変更するケースが多くあります。カ...

≫続きを読む

エンシュアリキッドの成分組成、カロリー、特徴、副作用

エンシュアリキッドは、食事摂取が困難な場合の栄養補給に使用される薬です。歳を取るにつれ、消化管の働きが弱くなる味覚が鈍くなる飲み込みづらくなるなどによってどうしても食欲が低下してしまいます。食事から十分な栄養を摂取できなければ、低栄養状態となります。低栄養状態では、免疫力の低下筋力、骨量の低下認知機...

≫続きを読む

エンシュアHの成分組成、カロリー、特徴、副作用

エンシュアHは、食事摂取が困難な場合の栄養補給に使用される薬です。歳を取るにつれ、消化管の働きが弱くなる味覚が鈍くなる飲み込みづらくなるなどによってどうしても食欲が低下してしまいます。食事から十分な栄養を摂取できなければ、低栄養状態となります。低栄養状態では、免疫力の低下筋力、骨量の低下認知機能の低...

≫続きを読む

エネーボの成分組成、カロリー、特徴、副作用

エネーボは、食事摂取が困難な場合の栄養補給に使用される薬です。歳を取るにつれ、消化管の働きが弱くなる味覚が鈍くなる飲み込みづらくなるなどによってどうしても食欲が低下してしまいます。食事から十分な栄養を摂取できなければ、低栄養状態となります。低栄養状態では、免疫力の低下筋力、骨量の低下認知機能の低下な...

≫続きを読む

ラコールNFの成分組成、カロリー、特徴、副作用

ラコールNFは、食事摂取が困難な場合の栄養補給に使用される薬です。歳を取るにつれ、消化管の働きが弱くなる味覚が鈍くなる飲み込みづらくなるなどによってどうしても食欲が低下してしまいます。食事から十分な栄養を摂取できなければ、低栄養状態となります。低栄養状態では、免疫力の低下筋力、骨量の低下認知機能の低...

≫続きを読む

ラコールNF半固形剤の成分組成、カロリー、水分量、副作用

ラコールNF半固形剤は、食事摂取が困難な場合の栄養補給に使用される薬です。歳を取るにつれ、消化管の働きが弱くなる味覚が鈍くなる飲み込みづらくなるなどによってどうしても食欲が低下してしまいます。食事から十分な栄養を摂取できなければ、低栄養状態となります。低栄養状態では、免疫力の低下筋力、骨量の低下認知...

≫続きを読む

ツインラインの成分組成、カロリー、特徴、副作用

ツインラインは、食事摂取が困難な場合の栄養補給に使用される薬です。歳を取るにつれ、消化管の働きが弱くなる味覚が鈍くなる飲み込みづらくなるなどによってどうしても食欲が低下してしまいます。食事から十分な栄養を摂取できなければ、低栄養状態となります。低栄養状態では、免疫力の低下筋力、骨量の低下認知機能の低...

≫続きを読む

エレンタールの成分組成、カロリー、特徴、副作用

エレンタールは、食事摂取が困難な場合の栄養補給に使用される薬です。歳を取るにつれ、消化管の働きが弱くなる味覚が鈍くなる飲み込みづらくなるなどによってどうしても食欲が低下してしまいます。食事から十分な栄養を摂取できなければ、低栄養状態となります。低栄養状態では、免疫力の低下筋力、骨量の低下認知機能の低...

≫続きを読む

エレンタールPの成分組成、カロリー、特徴、副作用

エレンタールPは、食事摂取が困難な場合の栄養補給に使用される薬です。歳を取るにつれ、消化管の働きが弱くなる味覚が鈍くなる飲み込みづらくなるなどによってどうしても食欲が低下してしまいます。また、新生児や乳幼児では、難治性の下痢や栄養状態が悪い場合があります。いずれも食事から十分な栄養を摂取できなければ...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職