ビタノイリン[ビタミンB1・B2・B6・B12]作用機序、特徴、副作用

2017年12月7日

肩こり薬イラスト

スポンサーリンク

ビタノイリン[ビタミンB1・B2・B6・B12]:ビタミンB欠乏症治療薬

ビタノイリン[ビタミンB1・B2・B6・B12]は、ビタミンB欠乏症に使用される薬です。

ビタミンB1、B2、B6、B12はいずれも神経機能に影響するビタミンのため、神経痛や関節痛、筋肉痛の治療に使用されます。

ビタミンB1は、豚肉豆類に多く含まれています。

ビタミンB1食品

ビタミンB2は食品中に多く含まれ、乳製品納豆に多く含まれています。

ビタミンB2食品

ビタミンB6は食品中に多く含まれ、バナナ青魚レバーに多く含まれています。

ビタミンB6食品

ビタミンB12は動物性食品中に多く含まれ、チーズ青魚レバーに多く含まれています。

ビタミンB12食品

ビタミンB12は食品以外に、腸内細菌の働きによっても生成されます。

いずれも水溶性ビタミンであり過剰症が起こりにくいとされています。

ビタノイリン[ビタミンB1・B2・B6・B12]の作用機序、特徴

ビタノイリンは、ビタミンB1・B2・B6・B12の配合薬です。

それぞれのビタミンの働きの詳細は以下の単剤を参考にしてください。

ビタノイリン作用機序

やっくん

やっくん

ビタノイリン[ビタミンB1・B2・B6・B12]は、神経障害の抑制、エネルギー代謝の正常化、神経伝達物質の生成促進、神経細胞生成促進作用で、神経細胞の修復に働きます。

それぞれのビタミンを単独で服用するよりも、ビタノイリン配合剤で服用するほうが、より優れた効果を示すとされています。

ビタノイリン[ビタミンB1・B2・B6・B12]の副作用

ビタノイリン[ビタミンB1・B2・B6・B12]は、ビタミンB欠乏症の治療薬として、1967年に発売された薬です。

ビタノイリンの副作用は、発疹、そう痒感等の過敏症、悪心、嘔吐、食欲不振、胃痛、胃部不快感、腹部膨満感、口渇、下痢等の消化器症状、不眠、頻尿などが報告されています。

ビタノイリン[ビタミンB1・B2・B6・B12]の禁忌

  • 特になし

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)