フェルムカプセル[フマル酸第一鉄]作用機序、特徴、副作用

2017年12月7日

貧血イラスト

スポンサーリンク

フェルムカプセル[フマル酸第一鉄]:鉄欠乏性貧血治療薬

フェルムカプセル[フマル酸第一鉄]は、鉄欠乏性貧血に使用される薬です。

鉄は、ヒトの体内において70%が血液中に含まれ、残り30%が肝臓中に血清フェリチンとして蓄えられています。

鉄は、酸素を運ぶヘモグロビンの構成成分であり、不足すると脳や筋肉、心臓に酸素が行き渡らなくなり、疲れやめまいなど貧血症状を呈するのです。

鉄吸収率

鉄は、肉や魚に含まれるヘム鉄[Fe2+と、野菜や豆類に含まれる非ヘム鉄[Fe3+に分かれます。

非ヘム鉄は、消化管でヘム鉄に変換されて腸から吸収されるため、吸収率があまり良くないのが難点です。

食事中には、レバーを含む肉類や魚、ホウレンソウに多く含まれています。

鉄食品

フェルムカプセル[フマル酸第一鉄]の作用機序、特徴

鉄は、前述の通り血液中のヘモグロビンの構成成分であり酸素の運搬に働きます。

フェルムカプセルは、フマル酸第一鉄を成分とする鉄剤であり、鉄欠乏性貧血に使用されます。

フェルムカプセルは非イオン型の非ヘム鉄であり、非ヘム鉄の効果を考える際は、その吸収率を考えなければなりません。

フェルムカプセルやインクレミンなどの一般的な鉄剤は、吸収率を考える上で胃の酸性度が重要になります。

なぜなら、胃酸によって徐放成分が溶解したり、非吸収性の三価鉄から吸収性の二価鉄に変換されるためです。

フェルムカプセルの有効成分である乾燥フマル酸第一鉄は、胃酸によって徐々に放出され、腸でカプセルが溶け吸収されます。

胃酸分泌が不十分の場合は、放出が不十分であったり、pHの影響で不溶性高分子ポリマーを形成し、吸収されずに排泄されてしまいます。

フェルムカプセル作用機序

やっくん

やっくん

フェルムカプセル[フマル酸第一鉄]は、徐々に鉄を放出し、十二指腸から吸収されることによって、鉄欠乏貧血症状を改善します。

フェルムカプセル[フマル酸第一鉄]の注意点:お茶で服用

フェルムカプセルを含む鉄剤は、お茶で服用することが以前は禁忌とされていました。

なぜなら、お茶の中に含まれるタンニン[ポリフェノールの一種]とキレート結合してしまうためです。

実際に、鉄剤の一種であるフェロミア顆粒を緑茶の中に加えると黒くなりました。

フェロミアお茶変色

また、タンニンを主成分とするタンナルビン[タンニン酸アルブミン]の添付文書では鉄剤が併用禁忌になっています。

フェロミアのメーカーに問い合わせたところ、吸収率が下がる可能性はあるが、治療結果には影響しない程度とのことでした。

つまり、フェルムカプセルに関しても、「必ずしもお水で飲まなければならない」というわけではないですが、可能な限りお水で服用するよう指導するべきでしょう!

フェルムカプセル[フマル酸第一鉄]の副作用

フェルムカプセル[フマル酸第一鉄]は、鉄欠乏性貧血の治療薬として、1978年に発売された古い薬です。

フェルムカプセルの副作用としては、嘔気・悪心[1.33%]、腹痛(上腹部痛、胃痛、胃不快感、胃重感を含む)[0.82%]、嘔吐[0.46%]、食欲不振[0.41%]などが知られています。

フェルムカプセル[フマル酸第一鉄]の禁忌

  • 特になし

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)