FAD、フラビタン[フラビンアデニンジヌクレオチド]作用機序

2017年12月7日

疲れイラスト

スポンサーリンク

FAD、フラビタン[フラビンアデニンジヌクレオチド]:ビタミンB2欠乏症治療薬

FAD、フラビタン[フラビンアデニンジヌクレオチド]は、ビタミンB2欠乏症や糖、脂質、タンパク質の代謝障害に使用される薬です。

エネルギー代謝が促進されるので、疲れやすい方にも使用されます。

ビタミンB2が不足すると、解糖系における糖代謝の異常や神経機能の異常を引き起こします。

ビタミンB2は食品中に多く含まれ、乳製品納豆に多く含まれています。

ビタミンB2食品

しかし、ビタミンB2は水溶性ビタミンであり、過剰に摂取した分は尿中から排泄されるため、過剰症が起こりにくい一方で体内に蓄えておくことはできません。

そのため、食事からの摂取量が不足すると、ビタミンB2欠乏症になる場合があります。

医薬品のビタミンB2やサプリメントのビタミンB2を服用すると尿が黄色くなるのは、ビタミンB2が体内に取り込まれ余剰分が排出されていることを意味します。

FAD、フラビタン[フラビンアデニンジヌクレオチド]の作用機序、特徴

補酵素型ビタミンB2であるFAD、フラビタン[フラビンアデニンジヌクレオチド]は、主にエネルギーの代謝に影響を与えます。

補酵素型というのは、フラビン酵素の補酵素として働くことを意味します。

ビタミンB2の作用:エネルギー代謝障害

ブドウ糖[グルコース]は解糖系、およびTCA回路においてエネルギーを生成しますが、その過程でビタミンB群が必須になります。

ブドウ糖のみでなく、脂質・アミノ酸代謝にも関わっています。

ビタミンB2補酵素

ビタミンB2は、以下の補酵素として働きます。

  • β酸化
  • 解糖系
  • アミノ酸の異化
  • TCA[クエン酸]回路

よって、これらのエネルギー代謝に必須の栄養素であり、欠乏するとエネルギー不足や疲労感、特に皮膚・粘膜の代謝に影響を及ぼすのです。

やっくん

やっくん

FAD、フラビタン[フラビンアデニンジヌクレオチド]は、ビタミンB2としてエネルギー代謝を正常化し、ビタミンB2欠乏症や肌荒れの治療に使用されます。

FAD、フラビタン[フラビンアデニンジヌクレオチド]の副作用

FAD、フラビタン[フラビンアデニンジヌクレオチド]は、ビタミンB2欠乏症・代謝障害の治療薬として、1966年に発売された薬です。

FAD、フラビタンの副作用は、水溶性ビタミンのため特に該当するものがありません。

FAD、フラビタン[フラビンアデニンジヌクレオチド]の禁忌

  • 特になし

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)