気管支喘息の薬一覧表

気管支喘息、COPDの薬

気管支拡張薬

 

β2受容体刺激薬

短時間作用型[SABA]

 

長時間作用型[LABA]

 

長時間作用性抗コリン薬[LAMA]

 

吸入用ステロイド

 

吸入ステロイド・β2受容体刺激薬配合薬

 

長時間作用性抗コリン薬[LAMA]・長時間作用型β2受容体刺激薬[LABA]配合薬

 

抗アレルギー薬

ケミカルメディエーター遊離抑制薬

 

ロイコトリエン拮抗薬

 

トロンボキサン阻害薬

 

鎮咳薬

麻酔性鎮咳薬

  • コデインリン酸塩
  • ジヒドロコデインリン酸塩

 

非麻酔鎮咳薬

 

去痰薬

 

一覧表

気管支喘息、COPDの薬一覧表記事一覧

テオドール、ユニフィル[テオフィリン]作用機序、特徴、副作用

テオドール、ユニフィルLA[テオフィリン]は気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の両方の疾患に使用される治療薬です。気管支喘息とは?気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。...

≫続きを読む

ネオフィリン、アルビナ[アミノフィリン]作用機序、副作用

ネオフィリン、アルビナ[ネオフィリン]は気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の両方の疾患に使用される治療薬です。気管支喘息とは?気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気管...

≫続きを読む

ベネトリン[サルブタモール]作用機序、特徴、副作用

ベネトリン[サルブタモール]は気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の両方の疾患に使用される治療薬です。気管支喘息とは?気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気管支喘息の原...

≫続きを読む

サルタノール[サルブタモール]作用機序、特徴、副作用

サルタノールインヘラー[サルブタモール]は気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の両方の疾患に使用される治療薬です。気管支喘息とは?気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気...

≫続きを読む

メプチン[プロカテロール]作用機序、特徴、副作用

メプチン[プロカテロール]は気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の両方の疾患に使用される治療薬です。気管支喘息とは?気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気管支喘息の原因...

≫続きを読む

ベロテック[フェノテロール]作用機序、特徴、副作用

ベロテック[フェノテロール]は気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の両方の疾患に使用される治療薬です。気管支喘息とは?気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気管支喘息の原...

≫続きを読む

セレベント[サルメテロール]作用機序、特徴、副作用

セレベント[サルメテロール]は気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の両方の疾患に使用される治療薬です。気管支喘息とは?気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気管支喘息の原...

≫続きを読む

ホクナリンテープ[ツロブテロール]作用機序、特徴、副作用

ホクナリンテープ[ツロブテロール]は気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の両方の疾患に使用される治療薬です。気管支喘息とは?気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気管支喘...

≫続きを読む

オーキシス[ホルモテロール]作用機序、特徴、副作用

オーキシス[ホルモテロール]は慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療に使用される治療薬です。COPDとは、肺が破壊されることによる呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。COPDの原因COPDの原因の90%以上は、タバコ[...

≫続きを読む

スピロペント[クレンブテロール]作用機序、特徴、副作用

スピロペント[クレンブテロール]は気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)症状の両方の疾患に使用される治療薬です。気管支喘息とは?気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気管支...

≫続きを読む

オンブレス[インダカテロール]作用機序、特徴、副作用

オンブレス[インダカテロール]は慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療に使用される治療薬です。COPDとは、肺が破壊されることによる呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。COPDの原因COPDの原因の90%以上は、タバコ...

≫続きを読む

スピリーバ[チオトロピウム]作用機序、特徴、副作用

スピリーバ[チオトロピウム]は慢性気管支炎や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)に使用される治療薬です。COPDとは、肺が破壊されることによる呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。COPDの原因COPDの原因の9...

≫続きを読む

シーブリ[グリコピロニウム]作用機序、特徴、副作用

シーブリ[グリコピロニウム]は慢性気管支炎や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)に使用される治療薬です。COPDとは、肺が破壊されることによる呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。COPDの原因COPDの原因の9...

≫続きを読む

エンクラッセ[ウメクリジニウム]作用機序・特徴

エンクラッセ[ウメクリジニウム]は慢性気管支炎や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)に使用される治療薬です。COPDとは、肺が破壊されることによる呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。COPDの原因COPDの原因...

≫続きを読む

エクリラ[アクリジニウム]作用機序・特徴

エクリラ[アクリジニウム]は慢性気管支炎や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)に使用される治療薬です。COPDとは、肺が破壊されることによる呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。COPDの原因COPDの原因の90...

≫続きを読む

キュバール[ベクロメタゾン]作用機序、特徴、副作用

キュバール[ベクロメタゾン]は気管支喘息に使用される治療薬です。気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気管支喘息の原因気管支喘息の原因は、さまざまです。子供の場合は、ハウスダ...

≫続きを読む

フルタイド[フルチカゾン]作用機序、特徴、副作用

フルタイド[フルチカゾン]は気管支喘息に使用される治療薬です。気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気管支喘息の原因気管支喘息の原因は、さまざまです。子供の場合は、ハウスダス...

≫続きを読む

パルミコート[ブテゾニド]作用機序、特徴、副作用

パルミコート[ブテゾニド]は気管支喘息に使用される治療薬です。気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気管支喘息の原因気管支喘息の原因は、さまざまです。子供の場合は、ハウスダス...

≫続きを読む

アドエア[フルチカゾン/サルメテロール]作用機序

アドエア[フルチカゾン・サルメテロール]は気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の両方の疾患に使用される治療薬です。気管支喘息とは?気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気...

≫続きを読む

シムビコート[ブテゾニド/ホルモテロール]作用機序

シムビコート[ブテゾニド/ホルモテロール]は気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の両方の疾患に使用される治療薬です。気管支喘息とは?気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。...

≫続きを読む

フルティフォーム[フルチカゾン/ホルモテロール]作用機序・特徴

フルティフォーム[フルチカゾン/ホルモテロール]は気管支喘息に使用される治療薬です。気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気管支喘息の原因気管支喘息の原因は、さまざまです。子...

≫続きを読む

レルベア[フルチカゾンフランカルボン酸/ビランテロール]作用機序・特徴

レルベア[フルチカゾンフランカルボン酸/ビランテロール]は気管支喘息に使用される治療薬です。気管支喘息とは、気管支の慢性的な炎症による呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。気管支喘息の原因気管支喘息の原因は、さまざま...

≫続きを読む

ウルティブロ[グリコピロニウム/インダカテロール]作用機序

ウルティブロ[グリコピロニウム・インダカテロール]は慢性気管支炎や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)に使用される治療薬です。COPDとは、肺が破壊されることによる呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。COPDの...

≫続きを読む

アノーロ[ウメクリジニウム・ビランテロール]作用機序・特徴

アノーロ[ウメクリジニウム・ビランテロール]は慢性気管支炎や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)に使用される治療薬です。COPDとは、肺が破壊されることによる呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。COPDの原因C...

≫続きを読む

スピオルト[チオトロピウム/オロダテロール]作用機序、特徴、副作用

スピオルト[チオトロピウム・オロダテロール]は慢性気管支炎や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)に使用される治療薬です。COPDとは、肺が破壊されることによる呼吸困難や咳・たん、ぜん鳴を伴う疾患です。ぜん鳴とは、呼吸をした際にゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音を指しています。COPDの原因C...

≫続きを読む

メジコン[デキストロメトルファン]作用機序、特徴、副作用

メジコン[デキストロメトルファン]は、かぜや気管支炎時の咳止め・鎮咳に使用される治療薬です。咳は、基本的には異物を外に排出しようとして起こる生理現象です。例えば、かぜを引いたとき、ウイルスによって気管支が炎症を起こします。[上図①]気管支には多くの刺激受容器[咳を感知するセンサー]が存在し、ウイルス...

≫続きを読む

アスベリン[チペピジン]作用機序、特徴、副作用

アスベリン[チペピジン]は、かぜや気管支炎時の咳止め・鎮咳に使用される治療薬です。咳は、基本的には異物を外に排出しようとして起こる生理現象です。例えば、かぜを引いたとき、ウイルスによって気管支が炎症を起こします。[上図①]気管支には多くの刺激受容器[咳を感知するセンサー]が存在し、ウイルスによる刺激...

≫続きを読む

アストミン[ジメモルファン]作用機序、特徴、副作用

アストミン[ジメモルファン]は、かぜや気管支炎時の咳止め・鎮咳に使用される治療薬です。咳は、基本的には異物を外に排出しようとして起こる生理現象です。例えば、かぜを引いたとき、ウイルスによって気管支が炎症を起こします。[上図①]気管支には多くの刺激受容器[咳を感知するセンサー]が存在し、ウイルスによる...

≫続きを読む

フスタゾール[クロペラスチン]作用機序、特徴、副作用

フスタゾール[クロペラスチン]は、かぜや気管支炎時の咳止め・鎮咳に使用される治療薬です。咳は、基本的には異物を外に排出しようとして起こる生理現象です。例えば、かぜを引いたとき、ウイルスによって気管支が炎症を起こします。[上図①]気管支には多くの刺激受容器[咳を感知するセンサー]が存在し、ウイルスによ...

≫続きを読む

ムコダイン[カルボシステイン]作用機序、特徴、副作用

ムコダイン[カルボシステイン]は、かぜや気管支炎時の去痰薬として使用される治療薬です。痰は、基本的には異物を外に排出しようとして起こる生理現象です。例えば、かぜを引いたとき、ウイルスが気道・気管支内に侵入します。[上図①]気道内では、ウイルスを外に排出するための粘液が免疫反応によって生成されます。[...

≫続きを読む

ムコフィリン[アセチルシステイン]作用機序、特徴、副作用

ムコフィリン[アセチルシステイン]は、かぜや気管支炎時の去痰薬として使用される治療薬です。痰は、基本的には異物を外に排出しようとして起こる生理現象です。例えば、かぜを引いたとき、ウイルスが気道・気管支内に侵入します。[上図①]気道内では、ウイルスを外に排出するための粘液が免疫反応によって生成されます...

≫続きを読む

チスタニン[エチルシステイン]作用機序、特徴、副作用

チスタニン[エチルシステイン]は、かぜや気管支炎時の去痰薬として使用される治療薬です。痰は、基本的には異物を外に排出しようとして起こる生理現象です。例えば、かぜを引いたとき、ウイルスが気道・気管支内に侵入します。[上図①]気道内では、ウイルスを外に排出するための粘液が免疫反応によって生成されます。[...

≫続きを読む

ムコソルバン[アンブロキソール]作用機序、特徴、副作用

ムコソルバン[アンブロキソール]は、かぜや気管支炎時の去痰薬として使用される治療薬です。痰は、基本的には異物を外に排出しようとして起こる生理現象です。例えば、かぜを引いたとき、ウイルスが気道・気管支内に侵入します。[上図①]気道内では、ウイルスを外に排出するための粘液が免疫反応によって生成されます。...

≫続きを読む

ビソルボン[ブロムヘキシン]作用機序、特徴、副作用

ビソルボン[ブロムヘキシン]は、かぜや気管支炎時の去痰薬として使用される治療薬です。痰は、基本的には異物を外に排出しようとして起こる生理現象です。例えば、かぜを引いたとき、ウイルスが気道・気管支内に侵入します。[上図①]気道内では、ウイルスを外に排出するための粘液が免疫反応によって生成されます。[上...

≫続きを読む

クリアナール[フドステイン]作用機序、特徴、副作用

クリアナール[フドステイン]は、かぜや気管支炎時の去痰薬として使用される治療薬です。痰は、基本的には異物を外に排出しようとして起こる生理現象です。例えば、かぜを引いたとき、ウイルスが気道・気管支内に侵入します。[上図①]気道内では、ウイルスを外に排出するための粘液が免疫反応によって生成されます。[上...

≫続きを読む

気管支喘息・COPD吸入薬一覧表[作用機序別]

気管支喘息・COPD吸入薬一覧表製品名用法LABA[β2刺激]LAMA[抗コリン]ICS[ステロイド]セレベント1日2回 1回50μgサルメテロール50μgオーキシス1日2回 1回1吸入ホルモテロール9μgオンブレス1日1回 1回1カプセルインダカテロール150μgスピリーバカプセル1日1回 1回1...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職