イソジン、ネグミン[ポビドンヨード]作用機序、効能、使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加   

イソジン、ネグミン[ポビドンヨード]:中水準消毒薬

消毒イラスト 

 

イソジン、ネグミン[ポビドンヨード]は、中水準の消毒薬として皮膚や傷口などの消毒に使用されています。

 

消毒薬といえばエタノールやミルトン、イソジンなどが有名ですが、実は医療機関では10種類以上が使用されています。

 

消毒薬[販売名] 消毒薬[一般名]
アセサイド 過酢酸
ディスオーパ フタラール
サイデックスプラス、ステリハイド グルタラール
ホルマリン ホルマリン
テキサント、ミルトン、ピューラックス 次亜塩素酸ナトリウム
消毒用エタノール液IP 消毒用エタノール
イソジン ポビドンヨード
オスバン、ヂアミトール ベンザルコニウム塩化物
ハイアミン ベンゼトニウム塩化物
テゴー51 アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩
ヒビテン、マスキン クロルヘキシジングルコン酸塩
リバノール アクリノール
オキシフル オキシドール

 

これら10種類以上の消毒薬をどのように使い分けしているかというと、次の2つです。

①何を殺したいか?[ウイルス?細菌?]
②何に使用するか?[ヒト?物?環境?]

 

消毒薬の使い分け:①何を殺したいか?

消毒薬の対象は微生物ですが、微生物といってもウイルスや細菌、真菌などさまざまです。

 

これら微生物は消毒薬が効きやすいものもあれば、ほとんど消毒薬が効果がないものも含まれます。

 

一般的に、消毒薬に対する抵抗性は、

 

芽胞菌>ウイルス>結核菌>真菌>一般細菌

 

の順に強いとされています。

 

そのため、どの微生物に効果があるかで消毒薬は大きく3つに分類分けされているのです。

 

消毒薬強さ分類 

芽胞菌を含む全ての微生物に効果がある消毒薬が高水準消毒薬、ウイルスに効果がある消毒薬が中水準消毒薬、一般細菌にしか効果がない消毒薬が低水準消毒薬です。

 

先ほどの表を消毒薬の強さで分類分けすると次のようになります。

 

分類

消毒薬[販売名]

消毒薬[一般名]

高水準

アセサイド 過酢酸
ディスオーパ フタラール
サイデックスプラス、ステリハイド グルタラール

中水準

ホルマリン ホルマリン
テキサント、ミルトン、ピューラックス 次亜塩素酸ナトリウム
消毒用エタノール液IP 消毒用エタノール
イソジン ポビドンヨード

低水準

オスバン、ヂアミトール ベンザルコニウム塩化物
ハイアミン ベンゼトニウム塩化物
テゴー51 アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩
ヒビテン、マスキン クロルヘキシジングルコン酸塩
リバノール アクリノール
オキシフル オキシドール

 

消毒薬の使い分け:②何に使用するか?

消毒薬にはそれぞれ特性があり、何に使用するかでも使い分けを行います。

 

一般的に、効果が高い消毒薬ほど毒性が高いため使用できる範囲が狭く、効果が低い消毒薬は安全性が高いため様々な用途で使用されます。

 

高水準消毒薬=毒性が高い=用途が限られる

低水準消毒薬=毒性が低い=多用途で使われる

 

そのため、何に使うかを考えた場合、各消毒薬の特性を理解して、使い分けを行います。

 

消毒薬[販売名/一般名] 手指 手術部位 創傷部位 排泄物 金属器具 非金属器具 環境
アセサイド/過酢酸 × × × × ×
ディスオーパ/フタラール
サイデックスプラス/グルタラール
ホルマリン × × × × × × ×
テキサント/次亜塩素酸ナトリウム × × × ×

消毒用エタノール液IP
/消毒用エタノール

× ×
イソジン/ポビドンヨード × × × ×
オスバン/ベンザルコニウム塩化物 ×
ハイアミン/ベンゼトニウム塩化物

テゴー51
/アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩

× × × ×

ヒビテン、マスキン
/クロルヘキシジングルコン酸塩


[粘膜×]

×
リバノール/アクリノール × × × ×
オキシフル/オキシドール × × × × × ×

イソジン、ネグミン[ポビドンヨード]の作用機序、特徴

イソジン、ネグミン[ポビドンヨード]は、芽胞菌以外の微生物に消毒効果を示す中水準消毒薬です。

 

イソジン、ネグミンの有効成分はポビドンヨードです。
ポビドンヨードは、ポリビニルピロリドン[PVP]とヨウ素の複合体です。

 

もともと消毒薬として使用されていたヨウ素は水に溶けない性質を持っていました。
そのため、ヨウ素をエタノールに溶かしたヨードチンキ希ヨードチンキが使用されていたのです。

 

しかし、50%以上のエタノールを含むため傷口に使用すると刺激性が強くしみやすいといった欠点がありました。

 

そこで、刺激性を低く水溶性にするためポリビニルピロリドン[PVP]とヨウ素を結合させたものがポビドンヨードです。

 

イソジン開発経緯 

 

ポビドンヨードは水溶液中で、ヨウ素を遊離します。
遊離したヨウ素は、水を酸化しH2OI+を生成します。
H2OI+は、細菌の細胞膜、ウイルスの構成タンパク成分である-SH基、-OH基[チロシン]、-NH基[ヒスチジン]を酸化し殺菌作用を示します。

 

 

イソジン作用機序

[イソジン液インタビューフォームより]

 

イソジン対象微生物 

 

やっくん

イソジン、ネグミン[ポビドンヨード]は、ヨウ素の強力な酸化作用で、消毒・殺菌作用を示します。

 

イソジン、ネグミン[ポビドンヨード]の効果、用途

イソジン、ネグミン[ポビドンヨード]は、手術部位や創傷部位の消毒薬として、1962年に承認された薬です。

 

消毒効果に3時間ほどの持続性があるため、主に手術部位の消毒に使用されてきました。
また、刺激性が弱いため、通常の皮膚だけでなく粘膜部位や創傷部位にも使用されます。

 

器具に対しては、腐食性があり、茶色に着色するため使用できません。

 

汚れなどの有機物の存在下では濃度が低下するため、10%の原液で消毒を行います。

 

中水準消毒薬に分類され、消毒用エタノール液IP[免税アルコール]より効果が高く、テキサント[次亜塩素酸ナトリウム]より効果が低い消毒薬になります。

 

イソジン、ネグミン[ポビドンヨード]の使い方、注意点

イソジン、ネグミン[ポビドンヨード]を使用する際の注意点をまとめてみました。

 

  • 器具には使用しない→着色や腐食を生じます
  • 消毒後色が残るため、気になる場合はチオ硫酸ナトリウムを含むハイポエタノールハイポ水で脱色します
  • 汚れを取り除いてから消毒する→汚れがあると濃度が低下します
  • 手術部位に用いる場合、十分な消毒効果を得るには2~3分ほどの接触時間が必要です
  • 長時間皮膚に接触した場合、化学熱傷を生じた例が報告されており、手術部位の消毒時などで消毒薬が溜まらないように工夫し、30分以上の接触を避けるようにします

イソジン、ネグミン[ポビドンヨード]の使用期限

  • 未開封時の使用期限:製造から3年
  • 開封後の使用期限:製造から3年
  • 希釈後の使用期限:調製後1ヶ月
  • 綿球作成時の使用期限:14日

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職