テノーミン[アテノロール]作用機序、特徴:狭心症治療薬

このエントリーをはてなブックマークに追加   

テノーミン[アテノロール]:狭心症治療薬

狭心症,心筋梗塞,薬,テノーミン,アテノロール,作用機序,特徴,副作用,禁忌

 

テノーミン[アテノロール]は、狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患の発作改善、予防に使用される治療薬です。

 

虚血性心疾患とは、心筋内に血液が循環しない心筋虚血を呈する疾患です。
これは、心筋に血液を送る冠動脈が狭窄・閉塞することによって起こります。

 

酸素供給が一過性に不足した状態を狭心症[いわゆる酸欠状態]、さらに病態が進行し冠動脈が閉塞した状態を心筋梗塞[いわゆる壊死状態]といいます。

 

狭心症は3つのタイプに分かれます。

労作性狭心症:
坂道を歩いたり、階段を上ったりといった運動によって酸素消費量が増え発症します。
主に動脈硬化が原因です。

 

安静時狭心症:
寝ているときなどに、血管がけいれんすることによって酸素供給量が減り発症します。

 

異型狭心症:
発作時ST上昇を伴う、強く長い胸痛を伴う狭心症です。


テノーミン[アテノロール]の作用機序、特徴

狭心症発作時は、数分~数十分の胸痛を伴うため、発作治療薬と発作予防薬に分かれます。

 

これらは、狭くなってしまった血管を広げて酸素供給量を増やしたり、心機能の働きを抑制して酸素消費量を減らす薬が使用されます。

 

狭心症治療薬 

 

狭心症治療薬の中で、心臓の働きを抑制し酸素消費量を減らす薬のひとつがテノーミンです。

 

β受容体は、β1・β2・β3受容体が確認されており、β1受容体は心臓に、β2受容体は気管支に、β3受容体は脂肪細胞に主に存在します。

 

β1作用 

 

テノーミンは、心臓のβ1受容体を選択的に遮断することで、心臓の働き[心拍数や心拍出量]を弱め、酸素消費量を減らし、冠血管狭窄による酸素供給不足を改善します。

 

テノーミン作用機序 

 

やっくん

テノーミン[アテノロール]は、心臓のβ1受容体を選択的に阻害することで、アドレナリン・ノルアドレナリンの働きによる心機能亢進を抑制し、酸素消費量を減らします。

 

テノーミン[アテノロール]の特徴:選択性のβ遮断薬

β遮断薬の中でも、インデラル[プロプラノロール]はβ1受容体だけでなく、β2、β3受容体までも阻害作用を示していました。

 

β2β3作用 

 

そのため、気管支のβ2受容体遮断による気管支拡張の阻害、脂肪細胞のβ3受容体遮断による脂肪代謝の阻害が副作用として問題でした。

 

特にβ2受容体を遮断すると、酸素供給量がさらに減ってしまうため、安静型狭心症をさらに悪化させてしまいます。

 

やっくん

テノーミンは、β1受容体を選択的に阻害するため、気管支や末梢血管、脂肪細胞にはほとんど影響がないことがわかっています。

 

テノーミン[アテノロール]の副作用

テノーミン[アテノロール]は、高血圧・狭心症の治療薬として、1984年に承認された薬です。

 

主な副作用としては、徐脈[1.57%]、めまいなどの中枢神経系障害[0.84%]、倦怠感などの一般的全身障害[0.65%]などが挙げられます。

 

テノーミン[アテノロール]の禁忌

  • 糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシス

    [アシドーシスによる心筋収縮力の抑制を増強するおそれがあります。]

  • 高度又は症状を呈する徐脈、房室ブロック(Ⅱ、Ⅲ度)、洞房ブロック、洞不全症候群

    [これらの症状が悪化するおそれがあります。]

  • 心原性ショック[心機能を抑制し、症状が悪化するおそれがあります。]
  • 肺高血圧による右心不全[心機能を抑制し、症状が悪化するおそれがあります。]
  • うっ血性心不全[心機能を抑制し、症状が悪化するおそれがあります。]
  • 低血圧症[心機能を抑制し、症状が悪化するおそれがあります。]
  • 長期間絶食状態

    [低血糖症状を起こしやすく、かつその症状をマスクし、発見を遅らせる危険性があります。]

  • 重度の末梢循環障害(壊疽等)[症状が悪化するおそれがあります。]
  • 未治療の褐色細胞腫
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ



Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ

合わせて読みたいページ

ニトロペン舌下錠の作用機序、特徴、副作用
虚血性心疾患の発作改善薬、ニトロペン舌下錠[ニトログリセリン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ニトロールの作用機序、特徴、副作用
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、ニトロール[硝酸イソソルビド]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
フランドル錠の作用機序、特徴、副作用
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、フランドル錠[徐放硝酸イソソルビド]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
フランドルテープの作用機序、特徴、副作用
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、フランドルテープ[硝酸イソソルビド]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
アイトロールの作用機序、特徴、副作用
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、アイトロール[一硝酸イソソルビド]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
シグマートの作用機序、特徴、副作用
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、シグマート[ニコランジル]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
アダラートカプセルの作用機序:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、アダラートカプセル[ニフェジピン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
アダラートLの作用機序:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、アダラートL[徐放ニフェジピン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
アダラートCRの作用機序:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、アダラートCR[徐放ニフェジピン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
アムロジン、ノルバスク[アムロジピン]作用機序:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、アムロジン、ノルバスク[アムロジピン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
コニールの作用機序:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、コニール[ベニジピン]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ヘルベッサーの作用機序:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、ヘルベッサー[ジルチアゼム]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ワソランの作用機序:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、ワソラン[ベラパミル]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ヘルベッサーRの作用機序:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、ヘルベッサーR[徐放ジルチアゼム]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ペルサンチン、アンギナールの作用機序:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、ペルサンチン、アンギナール[ジピリダモール]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ペルサンチンLの作用機序:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、ペルサンチンL[徐放ジピリダモール]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
コメリアンの作用機序、特徴、副作用
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、コメリアン[ジラゼプ]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
インデラルの作用機序、特徴:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、インデラル[プロプラノロール]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
カルビスケンの作用機序、特徴:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、カルビスケン[ピンドロール]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
メインテートの作用機序、特徴:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、メインテート[ビソプロロール]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
セロケンの作用機序、特徴:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、セロケン[メトプロロール]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
ケルロングの作用機序、特徴:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、ケルロング[ベタキソロール]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。
セレクトールの作用機序、特徴:狭心症治療薬
虚血性心疾患の発作改善・予防薬、セレクトール[セリプロロール]の作用機序、特徴、副作用について解説しています。

TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職