ニトロール[硝酸イソソルビド]作用機序、特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ニトロール[硝酸イソソルビド]:狭心症治療薬

胸痛イラスト

 

ニトロール[硝酸イソソルビド]は、狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患の発作改善、予防に使用される治療薬です。

 

虚血性心疾患とは、心筋内に血液が循環しない心筋虚血を呈する疾患です。
これは、心筋に血液を送る冠動脈が狭窄・閉塞することによって起こります。

 

酸素供給が一過性に不足した状態を狭心症[いわゆる酸欠状態]、さらに病態が進行し冠動脈が閉塞した状態を心筋梗塞[いわゆる壊死状態]といいます。

 

狭心症は3つのタイプに分かれます。

労作性狭心症:
坂道を歩いたり、階段を上ったりといった運動によって酸素消費量が増え発症します。
主に動脈硬化が原因です。

 

安静時狭心症:
寝ているときなどに、血管がけいれんすることによって酸素供給量が減り発症します。

 

異型狭心症:
発作時ST上昇を伴う、強く長い胸痛を伴う狭心症です。

ニトロール[硝酸イソソルビド]の作用機序、特徴

狭心症発作時は、数分~数十分の胸痛を伴うため、発作治療薬と発作予防薬に分かれます。

 

これらは、狭くなってしまった血管を広げて酸素供給量を増やしたり、心機能の働きを抑制して酸素消費量を減らす薬が使用されます。

 

狭心症治療薬 

 

ニトロールは、舌下に用いる場合発作予防薬として、経口で用いる場合発作治療薬として使用します。

 

ニトロールは、一酸化窒素[NO]を遊離し、グアニル酸シクラーゼを活性化します。
これによりcGMP量が増え、血管平滑筋の弛緩に働き、すべての血管が拡張するのです。

 

ニトロール作用機序 

 

やっくん

ニトロール[硝酸イソソルビド]は、グアニル酸シクラーゼを活性化することで、全ての血管を拡張し、酸素の供給量を増やし、酸素消費量を減らします。

 

ニトロール[硝酸イソソルビド]の副作用

ニトロール[硝酸イソソルビド]は、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患の治療薬として、1963年に発売された比較的古い薬です。

 

主な副作用としては、頭痛・頭重[2.61%]、めまい[0.51%]などが報告されています。

 

ニトロールは、血管拡張作用があるため、脳血管も拡張し副作用として頭痛が起こるのです。

 

ニトロール[硝酸イソソルビド]の禁忌

  • 重篤な低血圧又は心原性ショック
  • 閉塞隅角緑内障
  • 頭部外傷又は脳出血
  • 高度な貧血
  • バイアグラ、レバチオ(シルデナフィルクエン酸塩)
  • レビトラ(バルデナフィル塩酸塩水和物)
  • シアリス、アドシルカ、ザルティア(タダラフィル)
  • アデムパス(リオシグアト)

    [ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤は、本剤との併用により降圧作用が増強され、過度に血圧を低下させることがあります。]

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職