甲状腺疾患の薬一覧表

甲状腺疾患の薬

抗甲状腺薬

 

甲状腺ホルモン薬

 

ヨウ素薬

 

カルシウム受容体作動薬

 

肥満治療薬

  • マジンドール[サノレックス]

脳において、摂食中枢(おなかの減り)をおさえて、満腹中枢(おなかの膨れ)を刺激する薬です。
BMIが35を超えるような、顕著な肥満の方に対して使用します。

 

甲状腺疾患の薬一覧表記事一覧

メルカゾール[チアマゾール]作用機序・特徴

メルカゾール[チアマゾール]は甲状腺機能亢進症やバセドウ病の治療に使用される治療薬です。バセドウ病のように甲状腺機能が亢進すると、体内の基礎代謝、エネルギー代謝が亢進されます。また、β受容体の感受性も高くなっています。これにより、体重減少、発熱、頻脈、眼球突出、甲状腺の肥大などの身体を燃やすイメージ...

≫続きを読む

チウラジール、プロパジール[プロピルチオウラシル]作用機序・特徴

チウラジール、プロパジール[プロピルチオウラシル]は甲状腺機能亢進症やバセドウ病の治療に使用される治療薬です。バセドウ病のように甲状腺機能が亢進すると、体内の基礎代謝、エネルギー代謝が亢進されます。また、β受容体の感受性も高くなっています。これにより、体重減少、発熱、頻脈、眼球突出、甲状腺の肥大など...

≫続きを読む

チラーヂン末[乾燥甲状腺]作用機序・特徴

チラーヂン末[乾燥甲状腺]は甲状腺機能低下症や粘液水腫、クレチン症の治療に使用される治療薬です。甲状腺機能低下症のように甲状腺機能が低下すると、体内の基礎代謝、エネルギー代謝がうまくいきません。これにより、体重増加、むくみ、徐脈、便秘、寒がりなどの身体を動かせないイメージの症状が生じるのです。甲状腺...

≫続きを読む

チラーヂンS[レボチロキシン]作用機序・特徴

チラーヂンS[レボチロキシン]は橋本病など甲状腺機能低下症や粘液水腫、クレチン症の治療に使用される治療薬です。甲状腺機能低下症のように甲状腺機能が低下すると、体内の基礎代謝、エネルギー代謝がうまくいきません。これにより、体重増加、むくみ、徐脈、便秘、寒がりなどの身体を動かせないイメージの症状が生じる...

≫続きを読む

チロナミン[リオチロニン]作用機序・特徴

チロナミン[リオチロニン]は甲状腺機能低下症や粘液水腫、クレチン症の治療に使用される治療薬です。甲状腺機能低下症のように甲状腺機能が低下すると、体内の基礎代謝、エネルギー代謝がうまくいきません。これにより、体重増加、むくみ、徐脈、便秘、寒がりなどの身体を動かせないイメージの症状が生じるのです。甲状腺...

≫続きを読む

ヨウ化カリウム作用機序・特徴

ヨウ化カリウムは甲状腺機能亢進症などに伴う甲状腺炎に使用される治療薬です。バセドウ病のように甲状腺機能が亢進すると、体内の基礎代謝、エネルギー代謝が亢進されます。また、β受容体の感受性も高くなっています。これにより、体重減少、発熱、頻脈、眼球突出、甲状腺の肥大などの身体を燃やすイメージの症状が生じる...

≫続きを読む

レグパラ[シナカルセト]作用機序・特徴:副甲状腺機能亢進症治療薬

レグパラ[シナカルセト]は、維持透析下の二次性副甲状腺機能亢進症の治療に使用される治療薬です。副甲状腺の主な役割は、副甲状腺ホルモン[PTH:パラトルモン]の分泌を調節し、体内のカルシウム濃度を一定にすることです。副甲状腺ホルモンは、血中のカルシウム濃度を高める働きがあります。つまり、副甲状腺機能亢...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職