皮膚疾患治療薬一覧表

皮膚疾患治療薬

尋常性ざ瘡[にきび]治療薬

角化症・乾癬治療薬

ビタミンA薬

 

サリチル酸ワセリン

アトピー性皮膚炎治療薬

保湿薬

 

抗ヒスタミン薬

 

免疫抑制薬

 

ステロイド外用薬

ストロンゲスト

 

ベリーストロング

 

ストロング

 

マイルド[ミディアム]

 

ウィーク

 

ステロイド+抗生剤配合外用薬

尋常性乾癬治療薬

皮膚疾患治療薬一覧表記事一覧

プロスタンディン[アルプロスタジル]作用機序、特徴、副作用

プロスタンディン[アルプロスタジルアルファデクス]は、褥瘡に使用される治療薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができないこ...

≫続きを読む

アクトシン[ブクラデシン]作用機序、特徴、副作用

アクトシン[ブクラデシン]は、褥瘡に使用される治療薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができないことが原因とされています。...

≫続きを読む

フィブラスト[トラフェルミン]作用機序、特徴、副作用

フィブラストスプレー[トラフェルミン]は、褥瘡に使用される治療薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができないことが原因とさ...

≫続きを読む

オルセノン[トレチノイン]作用機序、特徴、副作用

オルセノン[トレチノイン]は、褥瘡に使用される治療薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができないことが原因とされています。...

≫続きを読む

アルキサ、イサロパン[アルクロキサ]作用機序、特徴、副作用

アルキサ、イサロパン[アルクロキサ]は、褥瘡の適応はありませんが、褥瘡に対しても使用される治療薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸...

≫続きを読む

ソルコセリル[幼牛血液抽出物]作用機序、特徴、副作用

ソルコセリルは、褥瘡に使用される治療薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができないことが原因とされています。褥瘡の症状褥瘡...

≫続きを読む

ゲーベンクリーム[スルファジアジン銀]作用機序、特徴、副作用

ゲーベンクリーム[スルファジアジン銀]は、褥瘡に使用される治療薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができないことが原因とさ...

≫続きを読む

ユーパスタ[白糖・ポビドンヨード]作用機序、特徴、副作用

ユーパスタ[白糖・ポビドンヨード]は、褥瘡に使用される治療薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができないことが原因とされて...

≫続きを読む

カデックス[カデキソマーヨウ素]作用機序、特徴、副作用

カデックス[カデキソマーヨウ素]は、褥瘡に使用される治療薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができないことが原因とされてい...

≫続きを読む

ヨードコート[ヨウ素]作用機序、特徴、副作用

ヨードコート[ヨウ素]は、褥瘡に使用される治療薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができないことが原因とされています。褥瘡...

≫続きを読む

プロペト[白色ワセリン]作用機序、特徴、副作用

プロペト[白色ワセリン]は、褥瘡など皮膚の保護に使用される薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができないことが原因とされて...

≫続きを読む

亜鉛華単軟膏の作用機序、特徴、副作用

亜鉛華単軟膏は、褥瘡など皮膚の保護に使用される薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができないことが原因とされています。褥瘡...

≫続きを読む

亜鉛華軟膏の作用機序、特徴、副作用、亜鉛華単軟膏との違い

亜鉛華軟膏は、褥瘡など皮膚の保護に使用される薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができないことが原因とされています。褥瘡の...

≫続きを読む

アズノール[アズレン]作用機序、特徴、副作用

アズノール[ジメチルイソプロピルアズレン]は、褥瘡など皮膚の保護に使用される薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができない...

≫続きを読む

ブロメライン作用機序、特徴、副作用

ブロメラインは、褥瘡に使用される治療薬です。褥瘡とは、主に寝たきりの高齢者に起こりやすい、皮膚の赤いただれや傷ができる疾患です。褥瘡の原因は、長時間同じ体位のままになることによって、一部の皮膚が体重によって圧迫され、血液循環が悪くなり栄養や酸素の供給ができないことが原因とされています。褥瘡の症状褥瘡...

≫続きを読む

褥瘡治療薬一覧表[基剤別]

基剤一般名商品名殺菌/抗菌成分特徴高い↑水分吸収率↓低い水溶性基剤カデキソマーヨウ素カデックスヨウ素受動的吸水デキストラノマーデプリサン×白糖・ポビドンヨードユーパスタポビドンヨード能動的吸水ブクラデシンアクトシン×上皮化作用>肉芽形成ブロメラインブロメライン×油脂性基剤白色ワセリンプロペト×酸化亜...

≫続きを読む

褥瘡ドレッシング材[創傷被覆材]一覧表

ドレッシング材とは、褥瘡部位の保護や、適度な湿潤環境を保つために褥瘡部分に使用する医療材料です。滲出液の量や、傷の深さによってドレッシング材を選択します。皮膚の状態目的商品名特徴壊死壊死組織の湿潤、除去ハイドロジェル[密閉性○]イントラサイトジェルシステム グラニュゲルビューゲル親水性の架橋ポリマー...

≫続きを読む

アクアチム[ナジフロキサシン]作用機序、特徴、副作用

アクアチム[ナジフロキサシン]は、主に尋常性ざ瘡[にきび]に使用される治療薬です。一般的にはにきびとも呼ばれる尋常性ざ瘡は、毛穴の閉塞皮脂分泌の促進ニキビ菌の異常増殖が原因とされています。◆毛穴の閉塞角化細胞の増殖や、角化異常などにより毛穴が詰まり出します。皮脂が外に排出されなくなることで、毛包が大...

≫続きを読む

ダラシンT[クリンダマイシン]作用機序、特徴、副作用

ダラシンT[クリンダマイシン]は、主に尋常性ざ瘡[にきび]に使用される治療薬です。一般的にはにきびとも呼ばれる尋常性ざ瘡は、毛穴の閉塞皮脂分泌の促進ニキビ菌の異常増殖が原因とされています。◆毛穴の閉塞角化細胞の増殖や、角化異常などにより毛穴が詰まり出します。皮脂が外に排出されなくなることで、毛包が大...

≫続きを読む

ゼビアックス[オゼノキサシン]作用機序、特徴、副作用

ゼビアックス[オゼノキサシン]は、主に尋常性ざ瘡[にきび]に使用される治療薬です。一般的にはにきびとも呼ばれる尋常性ざ瘡は、毛穴の閉塞皮脂分泌の促進ニキビ菌の異常増殖が原因とされています。◆毛穴の閉塞角化細胞の増殖や、角化異常などにより毛穴が詰まり出します。皮脂が外に排出されなくなることで、毛包が大...

≫続きを読む

ディフェリンゲル[アダパレン]作用機序、特徴、副作用

ディフェリンゲル[アダパレン]は、主に尋常性ざ瘡[にきび]に使用される治療薬です。一般的にはにきびとも呼ばれる尋常性ざ瘡は、毛穴の閉塞皮脂分泌の促進ニキビ菌の異常増殖が原因とされています。◆毛穴の閉塞角化細胞の増殖や、角化異常などにより毛穴が詰まり出します。皮脂が外に排出されなくなることで、毛包が大...

≫続きを読む

ベピオゲル[過酸化ベンゾイル]作用機序、特徴、副作用

ベピオゲル[過酸化ベンゾイル]は、主に尋常性ざ瘡[にきび]に使用される治療薬です。一般的にはにきびとも呼ばれる尋常性ざ瘡は、毛穴の閉塞皮脂分泌の促進ニキビ菌の異常増殖が原因とされています。◆毛穴の閉塞角化細胞の増殖や、角化異常などにより毛穴が詰まり出します。皮脂が外に排出されなくなることで、毛包が大...

≫続きを読む

デュアック配合ゲル[クリンダマイシン/過酸化ベンゾイル]作用機序、特徴、副作用

デュアック配合ゲル[クリンダマイシン/過酸化ベンゾイル]は、主に尋常性ざ瘡[にきび]に使用される治療薬です。一般的にはにきびとも呼ばれる尋常性ざ瘡は、毛穴の閉塞皮脂分泌の促進ニキビ菌の異常増殖が原因とされています。◆毛穴の閉塞角化細胞の増殖や、角化異常などにより毛穴が詰まり出します。皮脂が外に排出さ...

≫続きを読む

エピデュオゲル[アダパレン/過酸化ベンゾイル]作用機序、特徴、副作用

エピデュオゲル[アダパレン/過酸化ベンゾイル]は、主に尋常性ざ瘡[にきび]に使用される治療薬です。一般的にはにきびとも呼ばれる尋常性ざ瘡は、毛穴の閉塞皮脂分泌の促進ニキビ菌の異常増殖が原因とされています。◆毛穴の閉塞角化細胞の増殖や、角化異常などにより毛穴が詰まり出します。皮脂が外に排出されなくなる...

≫続きを読む

ザーネ軟膏[ビタミンA油]作用機序、特徴、副作用

ザーネ軟膏[ビタミンA油]は、角化性皮膚疾患の治療に使用される薬です。角化性皮膚疾患とは、かかとやひじなどの角質が硬くなる疾患であり、ひどくなるとひび割れや落屑を伴います。角化の原因は、外からの刺激を守るためのバリア機能の亢進や、肌のターンオーバーの破たんによる角質の蓄積・保湿因子の産生不足などが原...

≫続きを読む

ウレパール[10%尿素製剤]作用機序、特徴、副作用

ウレパール[10%尿素クリーム、ローション]は、角化性皮膚疾患やアトピー性皮膚炎の治療に使用される薬です。◆角化性皮膚疾患角化性皮膚疾患とは、かかとやひじなどの角質が硬くなる疾患であり、ひどくなるとひび割れや落屑を伴います。角化の原因は、外からの刺激を守るためのバリア機能の亢進や、肌のターンオーバー...

≫続きを読む

ケラチナミン[20%尿素クリーム]作用機序、特徴、副作用

ケラチナミン[20%尿素クリーム]は、角化性皮膚疾患やアトピー性皮膚炎の治療に使用される薬です。◆角化性皮膚疾患角化性皮膚疾患とは、かかとやひじなどの角質が硬くなる疾患であり、ひどくなるとひび割れや落屑を伴います。角化の原因は、外からの刺激を守るためのバリア機能の亢進や、肌のターンオーバーの破たんに...

≫続きを読む

ヒルドイド[ヘパリン類似物質]作用機序、特徴、副作用

ヒルドイド[ヘパリン類似物質]は、アトピー性皮膚炎など皮脂欠乏症の治療に使用される薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこりなどのハウスダ...

≫続きを読む

レスタミンコーワクリーム[ジフェンヒドラミン]作用機序、特徴、副作用

レスタミンコーワクリーム[ジフェンヒドラミン]は、アレルギー性疾患やアトピー性皮膚炎などかゆみの治療に使用される薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因...

≫続きを読む

ベナパスタ[ジフェンヒドラミンラウリル硫酸塩]作用機序、特徴、副作用

ベナパスタ[ジフェンヒドラミンラウリル硫酸塩]は、アレルギー性疾患やアトピー性皮膚炎などかゆみの治療に使用される薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因...

≫続きを読む

プロトピック[タクロリムス]作用機序、特徴、副作用

プロトピック[タクロリムス]は、アトピー性皮膚炎の治療に使用される薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこりなどのハウスダストや乾燥、スト...

≫続きを読む

デルモベート[クロベタゾールプロピオン酸エステル]効能、強さ、副作用

デルモベート[クロベタゾールプロピオン酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダ...

≫続きを読む

ダイアコート[ジフロラゾン酢酸エステル]効能、強さ、副作用

ダイアコート[ジフロラゾン酢酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこり...

≫続きを読む

リンデロンDP[ベタメタゾンジプロピオン酸エステル]効能、強さ、副作用

リンデロンDP[ベタメタゾンジプロピオン酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、...

≫続きを読む

マイザー[ジフルプレドナート]効能、強さ、副作用

マイザー[ジフルプレドナート]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこりなどのハウ...

≫続きを読む

ネリゾナ[ジフルコルトロン吉草酸エステル]効能、強さ、副作用

ネリゾナ[ジフルコルトロン吉草酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこ...

≫続きを読む

トプシム[フルオシノニド]効能、強さ、副作用

トプシム[フルオシノニド]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこりなどのハウスダ...

≫続きを読む

フルメタ[モメタゾンフランカルボン酸エステル]効能、強さ、副作用

フルメタ[モメタゾンフランカルボン酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニや...

≫続きを読む

アンテベート[ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル]効能、強さ、副作用

アンテベート[ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の...

≫続きを読む

メサデルム[デキサメタゾンプロピオン酸エステル]効能、強さ、副作用

メサデルム[デキサメタゾンプロピオン酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニ...

≫続きを読む

リンデロンV[ベタメタゾン吉草酸エステル]効能、強さ、副作用

リンデロンV[ベタメタゾン吉草酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこ...

≫続きを読む

エクラー[デプロドンプロピオン酸エステル]効能、強さ、副作用

エクラー[デプロドンプロピオン酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこ...

≫続きを読む

ボアラ[デキサメタゾン吉草酸エステル]効能、強さ、副作用

ボアラ[デキサメタゾン吉草酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこりな...

≫続きを読む

フルコート[フルオシノロンアセトニド]効能、強さ、副作用

フルコート[フルオシノロンアセトニド]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこりな...

≫続きを読む

ドレニゾンテープ[フルドロキシコルチド]効能、強さ、副作用

ドレニゾンテープ[フルドロキシコルチド]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこり...

≫続きを読む

リドメックスコーワ[プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル]効能、強さ、副作用

リドメックスコーワ[プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎...

≫続きを読む

レダコート[トリアムシノロンアセトニド]効能、強さ、副作用

レダコート[トリアムシノロンアセトニド]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこり...

≫続きを読む

ロコイド[ヒドロコルチゾン酪酸エステル]効能、強さ、副作用

ロコイド[ヒドロコルチゾン酪酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこり...

≫続きを読む

キンダベート[クロベタゾン酪酸エステル]効能、強さ、副作用

キンダベート[クロベタゾン酪酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニやほこり...

≫続きを読む

アルメタ[アルクロメタゾンプロピオン酸エステル]効能、強さ、副作用

アルメタ[アルクロメタゾンプロピオン酸エステル]は、アトピー性皮膚炎などの治療に使用されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎とは?アトピー性皮膚炎とは、皮膚の中の水分を正常に保つセラミドが減少し、水分の保持が難しくなりアレルゲンが体内に入りやすい状態になっています。アトピー性皮膚炎の原因は、ダニ...

≫続きを読む

プレドニン眼軟膏[プレドニゾロン酢酸エステル]効能、強さ、副作用

プレドニン眼軟膏[プレドニゾロン酢酸エステル]は、眼瞼炎、結膜炎など眼の周りやまぶた、前眼部の治療に使用されるステロイド外用薬です。眼瞼炎にはアトピー性のものもあり、ダニやほこりなどのハウスダストや乾燥、ストレスなど様々な環境が影響しています。アトピー性眼瞼炎では、原因となるアレルギー物質を取り除く...

≫続きを読む

ネオメドロールEE[フラジオマイシン/メチルプレドニゾロン]効能、強さ、副作用

ネオメドロールEE[フラジオマイシン/メチルプレドニゾロン]は、眼瞼炎など眼の周りの細菌感染や、鼻・耳の湿疹・炎症の治療に使用される抗生剤・ステロイドの配合薬です。眼瞼炎には、細菌やウイルスが原因の感染性のものと、ダニやほこりなどのハウスダストや乾燥・ストレスなど様々な環境が影響しているアトピー性の...

≫続きを読む

リンデロンVG[ゲンタマイシン/ベタメタゾン吉草酸エステル]効能、強さ、副作用

リンデロンVG[ゲンタマイシン/ベタメタゾン吉草酸エステル]は、感染を伴う湿疹・皮膚炎の治療に使用される抗生剤・ステロイドの配合薬です。感染を伴う湿疹のひとつが、とびひと呼ばれる「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」です。とびひは、虫刺されや掻きむしった擦り傷部分などに、外部から細菌が侵入するこ...

≫続きを読む

テラコートリル[オキシテトラサイクリン/ヒドロコルチゾン]効能、強さ、副作用

テラコートリル[オキシテトラサイクリン/ヒドロコルチゾン]は、感染を伴う湿疹・皮膚炎の治療に使用される抗生剤・ステロイドの配合薬です。感染を伴う湿疹のひとつが、とびひと呼ばれる「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」です。とびひは、虫刺されや掻きむしった擦り傷部分などに、外部から細菌が侵入すること...

≫続きを読む

ボンアルファ[タカルシトール]作用機序:いぼ、乾癬治療薬

ボンアルファ[タカルシトール]は、乾癬などの角化性皮膚疾患の治療に使用される活性型ビタミンD3製剤です。乾癬とは?乾癬とは、皮膚の炎症に加え、表皮のターンオーバーの異常を伴う疾患です。そのため、皮膚が赤くなり、大量の鱗屑[白いフケのようなもの]を生じます。[写真は日本皮膚科学会より]乾癬の原因は、は...

≫続きを読む

ボンアルファハイ[タカルシトール]作用機序:尋常性乾癬治療薬

ボンアルファハイ[タカルシトール]は、尋常性乾癬の治療に使用される活性型ビタミンD3製剤です。乾癬とは?乾癬とは、皮膚の炎症に加え、表皮のターンオーバーの異常を伴う疾患です。そのため、皮膚が赤くなり、大量の鱗屑[白いフケのようなもの]を生じます。[写真は日本皮膚科学会より]乾癬の原因は、はっきりとは...

≫続きを読む

オキサロール[マキサカルシトール]作用機序:尋常性乾癬治療薬

オキサロール[マキサカルシトール]は、乾癬などの角化性皮膚疾患の治療に使用される活性型ビタミンD3製剤です。乾癬とは?乾癬とは、皮膚の炎症に加え、表皮のターンオーバーの異常を伴う疾患です。そのため、皮膚が赤くなり、大量の鱗屑[白いフケのようなもの]を生じます。[写真は日本皮膚科学会より]乾癬の原因は...

≫続きを読む

ドボネックス[カルシポトリオール]作用機序、特徴、副作用

ドボネックス[カルシポトリオール]は、乾癬などの角化性皮膚疾患の治療に使用される活性型ビタミンD3製剤です。乾癬とは?乾癬とは、皮膚の炎症に加え、表皮のターンオーバーの異常を伴う疾患です。そのため、皮膚が赤くなり、大量の鱗屑[白いフケのようなもの]を生じます。[写真は日本皮膚科学会より]乾癬の原因は...

≫続きを読む

ドボベット軟膏作用機序、特徴、副作用:尋常性乾癬治療薬

ドボベット[カルシポトリオール/ベタメタゾンジプロピオン酸エステル]は、尋常性乾癬に使用される活性型ビタミンD3製剤とステロイドの配合剤です。乾癬とは?乾癬とは、皮膚の炎症に加え、表皮のターンオーバーの異常を伴う疾患です。そのため、皮膚が赤くなり、大量の鱗屑[白いフケのようなもの]を生じます。[写真...

≫続きを読む

マーデュオックス軟膏作用機序、特徴、副作用:尋常性乾癬治療薬

マーデュオックス[マキサカルシトール/ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル]は、尋常性乾癬に使用される活性型ビタミンD3製剤とステロイドの配合剤です。乾癬とは?乾癬とは、皮膚の炎症に加え、表皮のターンオーバーの異常を伴う疾患です。そのため、皮膚が赤くなり、大量の鱗屑[白いフケのようなもの]を...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職