筋肉に作用する薬[筋弛緩薬]一覧表

筋肉に作用する薬[筋弛緩、筋収縮薬]

重症筋無力症治療薬[筋収縮薬]

筋萎縮性側索硬化症[ALS]治療薬

多発性硬化症[MS]治療薬

脊髄小脳変性症[SCD]治療薬

筋肉に作用する薬[筋弛緩薬]一覧表記事一覧

ミオナール[エペリゾン]作用機序、特徴、副作用

ミオナール[エペリゾン]は、肩こりや腰痛など筋肉の緊張によって起こる疾患の治療薬です。ミオナールは、筋弛緩薬の中でも中枢性の骨格筋弛緩薬に分類されます。筋肉の分類・特徴筋肉は主に骨格筋・心筋・平滑筋の3つに分類されます。このうち、骨格筋・心筋は筋線維に横紋[縞模様]が見られるため合わせて横紋筋と言わ...

≫続きを読む

テルネリン[チザニジン]作用機序、特徴、副作用

テルネリン[チザニジン]は、肩こりや腰痛など筋肉の緊張によって起こる疾患の治療薬です。テルネリンは、筋弛緩薬の中でも中枢性の骨格筋弛緩薬に分類されます。筋肉の分類・特徴筋肉は主に骨格筋・心筋・平滑筋の3つに分類されます。このうち、骨格筋・心筋は筋線維に横紋[縞模様]が見られるため合わせて横紋筋と言わ...

≫続きを読む

ギャバロン[バクロフェン]作用機序、特徴、副作用

ギャバロン[バクロフェン]は、脳や脊髄部位が原因の麻痺患者の治療薬です。ギャバロンは、筋弛緩薬の中でも中枢性の骨格筋弛緩薬に分類されます。筋肉の分類・特徴筋肉は主に骨格筋・心筋・平滑筋の3つに分類されます。このうち、骨格筋・心筋は筋線維に横紋[縞模様]が見られるため合わせて横紋筋と言われます。骨格筋...

≫続きを読む

アロフト[アフロクアロン]作用機序、特徴、副作用

アロフト[アフロクアロン]は、肩こりや腰痛など筋肉の緊張によって起こる疾患の治療薬です。アロフトは、筋弛緩薬の中でも中枢性の骨格筋弛緩薬に分類されます。筋肉の分類・特徴筋肉は主に骨格筋・心筋・平滑筋の3つに分類されます。このうち、骨格筋・心筋は筋線維に横紋[縞模様]が見られるため合わせて横紋筋と言わ...

≫続きを読む

リンラキサー[クロルフェネシン]作用機序、特徴、副作用

リンラキサー[クロルフェネシン]は、肩こりや腰痛など筋肉の緊張によって起こる疾患の治療薬です。リンラキサーは、筋弛緩薬の中でも中枢性の骨格筋弛緩薬に分類されます。筋肉の分類・特徴筋肉は主に骨格筋・心筋・平滑筋の3つに分類されます。このうち、骨格筋・心筋は筋線維に横紋[縞模様]が見られるため合わせて横...

≫続きを読む

ダントリウム[ダントロレン]作用機序、特徴、副作用

ダントリウム[ダントロレン]は、痙性麻痺やこむら返りなど筋肉の緊張によって起こる疾患の治療薬です。ダントリウムは、筋弛緩薬の中でも末梢性の骨格筋弛緩薬に分類されます。筋肉の分類・特徴筋肉は主に骨格筋・心筋・平滑筋の3つに分類されます。このうち、骨格筋・心筋は筋線維に横紋[縞模様]が見られるため合わせ...

≫続きを読む

ボトックス注[A型ボツリヌス毒素]作用機序、特徴、副作用

ボトックス注[A型ボツリヌス毒素]は、痙性麻痺や瞼の痙攣、顔面痙攣など筋肉の緊張によって起こる疾患の治療薬です。ボトックス注は、筋弛緩薬の中でも末梢性の骨格筋弛緩薬に分類されます。筋肉の分類・特徴筋肉は主に骨格筋・心筋・平滑筋の3つに分類されます。このうち、骨格筋・心筋は筋線維に横紋[縞模様]が見ら...

≫続きを読む

マイテラーゼ[アンベノニウム]作用機序、特徴、副作用

マイテラーゼ[アンベノニウム]は、重症筋無力症の治療に使用される筋収縮薬です。重症筋無力症とは?重症筋無力症は女性がかかることの多い自己免疫性疾患です。自己免疫疾患とは、自身の免疫系に何らかの異常が生じ、誤って自分自身を攻撃してしまう疾患です。重症筋無力症の場合は、アセチルコリン受容体に対する自己抗...

≫続きを読む

メスチノン[ピリドスチグミン]作用機序、特徴、副作用

メスチノン[ピリドスチグミン]は、重症筋無力症の治療に使用される筋収縮薬です。重症筋無力症とは?重症筋無力症は女性がかかることの多い自己免疫性疾患です。自己免疫疾患とは、自身の免疫系に何らかの異常が生じ、誤って自分自身を攻撃してしまう疾患です。重症筋無力症の場合は、アセチルコリン受容体に対する自己抗...

≫続きを読む

リルテック[リルゾール]作用機序、特徴、副作用

リルテック[リルゾール]は、筋萎縮性側索硬化症[ALS]の治療に使用される筋収縮薬です。筋萎縮性側索硬化症[ALS]とは?筋萎縮性側索硬化症は手や足、顔など身体のあらゆる部位を自由に動かせなくなる疾患です。筋萎縮性側索硬化症は、英名でAmyotrophic Lateral Sclerosisと呼ばれ...

≫続きを読む

ベタフェロン[インターフェロンβ-1b]作用機序、特徴、副作用

ベタフェロン[インターフェロンβ-1b]は、多発性硬化症[MS]の再発予防に使用されるインターフェロン製剤です。多発性硬化症[MS]とは?多発性硬化症は手や足、顔など身体のあらゆる部位を自由に動かせなくなったり、しびれや消化器系の症状などが生じる疾患です。多発性硬化症は、英名でMultiple(多発...

≫続きを読む

アボネックス[インターフェロンβ-1a]作用機序、特徴、副作用

アボネックス[インターフェロンβ-1a]は、多発性硬化症[MS]の再発予防に使用されるインターフェロン製剤です。多発性硬化症[MS]とは?多発性硬化症は手や足、顔など身体のあらゆる部位を自由に動かせなくなったり、しびれや消化器系の症状などが生じる疾患です。多発性硬化症は、英名でMultiple(多発...

≫続きを読む

イムセラ、ジレニア[フィンゴリモド]作用機序、特徴、副作用

イムセラ、ジレニア[フィンゴリモド]は、多発性硬化症[MS]の再発予防、身体的障害の進行抑制に使用される薬です。多発性硬化症[MS]とは?多発性硬化症は手や足、顔など身体のあらゆる部位を自由に動かせなくなったり、しびれや消化器系の症状などが生じる疾患です。多発性硬化症は、英名でMultiple(多発...

≫続きを読む

タイサブリ注[ナタリズマブ]作用機序、特徴、副作用

タイサブリ注[ナタリズマブ]は、多発性硬化症[MS]の再発予防、身体的障害の進行抑制に使用される薬です。多発性硬化症[MS]とは?多発性硬化症は手や足、顔など身体のあらゆる部位を自由に動かせなくなったり、しびれや消化器系の症状などが生じる疾患です。多発性硬化症は、英名でMultiple(多発する)S...

≫続きを読む

ヒルトニン注[プロチレリン]作用機序、特徴、副作用

ヒルトニン注[プロチレリン]は、脊髄小脳変性症の治療薬として使用されています。脊髄小脳変性症とは?脊髄小脳変性症では、後頭部の下部にある小脳が侵される疾患です。小脳に腫瘍ができたり、血管障害、炎症によって正常に機能しないことが原因のひとつとされています。小脳は、歩く、走る、食べる、話すなどの運動機能...

≫続きを読む

コパキソン注[グラチラマー酢酸塩]作用機序、特徴、副作用

コパキソン注[グラチラマー酢酸塩]は、多発性硬化症[MS]の再発予防に使用される薬です。多発性硬化症[MS]とは?多発性硬化症は手や足、顔など身体のあらゆる部位を自由に動かせなくなったり、しびれや消化器系の症状などが生じる疾患です。多発性硬化症は、英名でMultiple(多発する)Sclerosis...

≫続きを読む

セレジスト[タルチレリン]作用機序、特徴、副作用

セレジスト[タルチレリン]は、脊髄小脳変性症の治療薬として使用されています。脊髄小脳変性症とは?脊髄小脳変性症では、後頭部の下部にある小脳が侵される疾患です。小脳に腫瘍ができたり、血管障害、炎症によって正常に機能しないことが原因のひとつとされています。小脳は、歩く、走る、食べる、話すなどの運動機能の...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職