統合失調症の薬一覧表

統合失調症の薬

定型抗精神病薬

フェノチアジン系抗精神病薬

 

ブチロフェノン系抗精神病薬

 

イミノベンジル系抗精神病薬

 

ベンザミド系抗精神病薬

 

非定型抗精神病薬

SDA(セロトニン・ドパミンアンタゴニスト)

 

MARTA(多受容体作動薬)

 

DSS(ドパミンシステムスタビライザー)

 

治療抵抗性統合失調症治療薬

 

その他

抗コリン薬

統合失調症の薬一覧表記事一覧

ウインタミン、コントミン[クロルプロマジン]作用機序、特徴、副作用

ウインタミン、コントミン[クロルプロマジン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されること...

≫続きを読む

レボトミン、ヒルナミン[レボメプロマジン]作用機序、特徴、副作用

レボトミン、ヒルナミン[レボメプロマジン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることで...

≫続きを読む

ピーゼットシー[ペルフェナジン]作用機序、特徴、副作用

ピーゼットシー[ペルフェナジン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これを...

≫続きを読む

フルメジン[フルフェナジン]作用機序、特徴、副作用

フルメジン[フルフェナジン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパ...

≫続きを読む

ノバミン[プロクロルペラジン]作用機序、特徴、副作用

ノバミン[プロクロルペラジン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをド...

≫続きを読む

ニューレプチル[プロペリシアジン]作用機序、特徴、副作用

ニューレプチル[プロペリシアジン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これ...

≫続きを読む

セレネース[ハロペリドール]作用機序、特徴、副作用

セレネース[ハロペリドール]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパ...

≫続きを読む

インプロメン[ブロムペリドール]作用機序、特徴、副作用

インプロメン[ブロムペリドール]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これを...

≫続きを読む

プロピタン[ピパンペロン]作用機序、特徴、副作用

プロピタン[ピパンペロン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパミ...

≫続きを読む

エミレース[ネモナプリド]作用機序、特徴、副作用

エミレース[ネモナプリド]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパミ...

≫続きを読む

オーラップ[ピモジド]作用機序、特徴、副作用

オーラップ[ピモジド]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパミン仮...

≫続きを読む

クロフェクトン[クロカプラミン]作用機序、特徴、副作用

クロフェクトン[クロカプラミン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これを...

≫続きを読む

クレミン[モサプラミン]作用機序、特徴、副作用

クレミン[モサプラミン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパミン...

≫続きを読む

統合失調症薬:ドグマチール、ミラドール[スルピリド]作用機序・特徴

ドグマチール、ミラドール[スルピリド]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。...

≫続きを読む

グラマリール[チアプリド]作用機序、特徴、副作用

グラマリール[チアプリド]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパミ...

≫続きを読む

ロドピン[ゾテピン]作用機序、特徴、副作用

ロドピン[ゾテピン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパミン仮説...

≫続きを読む

リスパダール[リスペリドン]作用機序、特徴、副作用

リスパダール[リスペリドン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパ...

≫続きを読む

ロナセン[ブロナンセリン]作用機序、特徴、副作用

ロナセン[ブロナンセリン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパミ...

≫続きを読む

ルーラン[ペロスピロン]作用機序、特徴、副作用

ルーラン[ペロスピロン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパミン...

≫続きを読む

インヴェガ[パリペリドン]作用機序、特徴、副作用

インヴェガ[パリペリドン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパミ...

≫続きを読む

ゼプリオン筋注[パリペリドンパルミチン酸エステル]作用機序、特徴、副作用

ゼプリオン筋注[パリペリドンパルミチン酸エステル]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出され...

≫続きを読む

セロクエル[クエチアピン]作用機序、副作用、特徴

セロクエル[クエチアピン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパミ...

≫続きを読む

ジプレキサ[オランザピン]作用機序、副作用、特徴

ジプレキサ[オランザピン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをドパミ...

≫続きを読む

シクレスト舌下錠[アセナピン]作用機序、副作用、特徴

シクレスト舌下錠[アセナピン]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これをド...

≫続きを読む

エビリファイ[アリピプラゾール]作用機序、副作用、特徴

エビリファイ[アリピプラゾール]は、統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳内のドパミンが過剰放出されることです。これを...

≫続きを読む

クロザリル[クロザピン]作用機序、副作用、特徴

クロザリル[クロザピン]は、他の統合失調症治療薬でが効果が得られない、治療抵抗性統合失調症の治療薬として使用されています。比較的若い世代でも見られる幻覚や妄想などの陽性症状を示すのが統合失調症です。この統合失調症ですが、現時点で原因やメカニズムは明らかになっていません。統合失調症の原因のひとつは、脳...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職