緑内障・白内障の薬一覧表

緑内障・白内障の薬

緑内障

眼房水排出促進薬

副交感神経刺激[コリン作動]薬

 

プロスタグランジン誘導薬

 

プロスタマイド誘導薬

 

α1受容体遮断薬

 

Rhoキナーゼ阻害薬

 

眼房水産生・供給抑制薬

炭酸脱水酵素阻害薬

 

β遮断薬

 

眼房水排出促進、産生抑制薬

αβ遮断薬

 

α2刺激薬

 

配合薬

炭酸脱水酵素阻害薬/β遮断薬配合薬

 

プロスタグランジン誘導薬/β遮断薬配合薬

 

 

白内障

緑内障・白内障の薬一覧表記事一覧

サンピロ[ピロカルピン]作用機序、特徴、副作用

サンピロ[ピロカルピン]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多いと報告...

≫続きを読む

キサラタン[ラタノプロスト]作用機序、特徴、副作用

キサラタン[ラタノプロスト]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多いと...

≫続きを読む

トラバタンズ[トラボプラスト]作用機序、特徴、副作用

トラバタンズ[トラボプロスト]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多い...

≫続きを読む

タプロス[タフルプロスト]作用機序、特徴、副作用

タプロス[タフルプロスト]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多いと報...

≫続きを読む

レスキュラ[ウノプロストン]作用機序、特徴、副作用

レスキュラ[ウノプロストン]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多いと...

≫続きを読む

ルミガン[ビマトプロスト]作用機序、特徴、副作用

ルミガン[ビマトプロスト]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多いと報...

≫続きを読む

デタントール[ブナゾシン]作用機序・特徴:緑内障治療薬

デタントール[ブナゾシン]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多いと報...

≫続きを読む

グラナテック[リパスジル]作用機序、特徴、副作用

グラナテック[リパスジル]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多いと報...

≫続きを読む

エイゾプト[ブリンゾラミド]作用機序、特徴、副作用

エイゾプト[ブリンゾラミド]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多いと...

≫続きを読む

トルソプト[ドルゾラミド]作用機序、特徴、副作用

トルソプト[ドルゾラミド]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多いと報...

≫続きを読む

チモプトールXE[チモロール]作用機序、特徴、副作用、違い

チモプトールXE[チモロール]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多い...

≫続きを読む

ミケランLA[カルテオロール]作用機序、特徴、副作用

ミケランLA[カルテオロール]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多い...

≫続きを読む

ハイパジール、ニプラノール[ニプラジロール]作用機序、特徴

ハイパジール、ニプラノール[ニプラジロール]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑...

≫続きを読む

ミロル[レボブノロール]作用機序、特徴、副作用

ミロル[レボブノロール]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多いと報告...

≫続きを読む

アイファガン[ブリモニジン]作用機序、特徴、副作用

アイファガン[ブリモニジン]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最も多いと...

≫続きを読む

コソプト[ドルゾラミド/チモロール]作用機序・特徴、副作用

コソプト[ドルゾラミド/チモロール]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が最...

≫続きを読む

アゾルガ[ブリンゾラミド/チモロール]作用機序・特徴、副作用

アゾルガ[ブリンゾラミド/チモロール]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が...

≫続きを読む

ザラカム[ラタノプロスト/チモロール]作用機序・特徴、副作用

ザラカム[ラタノプロスト/チモロール]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が...

≫続きを読む

デュオトラバ[トラボプロスト/チモロール]作用機序・特徴、副作用

デュオトラバ[トラボプロスト/チモロール]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内...

≫続きを読む

タプコム[タフルプロスト/チモロール]作用機序・特徴、副作用

タプコム[タフルプロスト/チモロール]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内障が...

≫続きを読む

ミケルナ[ラタノプロスト/カルテオロール]作用機序・特徴、副作用

ミケルナ[ラタノプロスト/カルテオロール]は緑内障の治療に使用される治療薬です。緑内障は、眼の神経が障害されることで視野が狭くなり、重症の場合は失明してしまう眼の疾患です。緑内障の患者は従来、眼圧の上昇が原因で視野が狭くなると考えられてきました。しかし、現在では緑内障の中でも眼圧が正常な正常眼圧緑内...

≫続きを読む

カタリンK、カリーユニ[ピレノキシン]作用機序、特徴、副作用

カタリン、カリーユニ[ピレノキシン]は白内障の治療に使用される治療薬です。白内障は、水晶体中のタンパク質が凝集・混濁することで視力が低下する眼の疾患です。白内障の患者は、加齢やステロイドなどの薬物が原因と言われています。そのため、水晶体そのものを交換する手術療法や、水晶体の白濁を防ぐ薬物治療が行われ...

≫続きを読む

タチオン[グルタチオン]作用機序、特徴、副作用

タチオン[グルタチオン]は白内障の治療に使用される治療薬です。白内障は、水晶体中のタンパク質が凝集・混濁することで視力が低下する眼の疾患です。白内障の患者は、加齢やステロイドなどの薬物が原因と言われています。そのため、水晶体そのものを交換する手術療法や、水晶体の白濁を防ぐ薬物治療が行われます。白内障...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職