肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓疾患治療薬一覧表

肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓疾患治療薬

B型肝炎ウイルス[HBV]治療薬

免疫系に作用

インターフェロン[IFN]製剤

 

その他

 

ウイルスの増殖過程に直接作用

RNA依存性DNAポリメラーゼ[逆転写酵素]阻害薬

 

その他

 

C型肝炎ウイルス[HCV]治療薬

免疫系に作用

インターフェロン[IFN]製剤

 

RNA依存性RNAポリメラーゼ阻害薬

 

直接作用型抗ウイルス薬[Direct Acting Antivirals(DAA)]

HCV NS3-4Aセリンプロテアーゼ阻害薬

 

NS5A阻害薬

 

NS5Bプロテアーゼ阻害薬

 

NS5Bプロテアーゼ阻害薬・NS5A阻害薬配合薬

 

NS3/4Aプロテアーゼ阻害薬・NS5A阻害薬配合薬

 

  • C型肝炎ウイルス[HCV]治療薬一覧表

 

利胆・鎮痙薬

 

肝性脳症・高アンモニア血症治療薬

分岐鎖アミノ酸配合薬

 

高アンモニア血症改善薬

 

アミノグリコシド系抗菌薬

 

膵臓疾患治療薬

タンパク分解酵素阻害薬

 

膵消化酵素補充薬

 

腎疾患治療薬

カリウム吸着薬

 

アミノ酸補給薬

 

ジピリダモール[ペルサンチン、アンギナール]

 

尿毒症毒素吸着薬

 

リン吸着薬

 

そう痒症治療薬

 

カルニチン補給薬

肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓疾患治療薬一覧表記事一覧

フエロン[天然型インターフェロン]作用機序、副作用、特徴

フエロン[天然型インターフェロンベータ]は、B型肝炎やC型肝炎の治療に使用される治療薬です。B型肝炎とは?B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス[HBV]が主に血液や体液を介して感染する肝臓の疾患です。そのため、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。H...

≫続きを読む

スミフェロン[天然型インターフェロン]作用機序、副作用、特徴

スミフェロン[天然型インターフェロンアルファ]は、B型肝炎やC型肝炎の治療に使用される治療薬です。B型肝炎とは?B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス[HBV]が主に血液や体液を介して感染する肝臓の疾患です。そのため、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされていま...

≫続きを読む

イントロンA[遺伝子組換え型インターフェロン]作用機序

イントロンA[遺伝子組換え型インターフェロンアルファ]は、B型肝炎やC型肝炎の治療に使用される治療薬です。B型肝炎とは?B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス[HBV]が主に血液や体液を介して感染する肝臓の疾患です。そのため、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とさ...

≫続きを読む

ペガシス[遺伝子組換え型ペグインターフェロン]作用機序、副作用

ペガシス[遺伝子組換えペグインターフェロンアルファ2a]は、B型肝炎やC型肝炎の治療に使用される治療薬です。B型肝炎とは?B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス[HBV]が主に血液や体液を介して感染する肝臓の疾患です。そのため、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因と...

≫続きを読む

ペグイントロン[遺伝子組換え型ペグインターフェロン]作用機序、副作用

ペグイントロン[遺伝子組換え型ペグインターフェロンアルファ2b]は、C型肝炎の治療に使用される治療薬です。C型肝炎とは?C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HC...

≫続きを読む

インターフェロン[INF]製剤一覧表-HBV、HCV治療薬-

天然型/遺伝子組換え型ペグ化[持続化]投与経路投与間隔フエロン天然×静脈内/点滴静注1日1回[週3~7日]スミフェロン皮下注/筋肉内注イントロンA遺伝子組換え筋肉内注ペガシス○皮下注週1回ペグイントロンtable.btmojm{table-layout:fixed;border-collapse: ...

≫続きを読む

セロシオン[プロパゲルマニウム]作用機序、副作用、特徴

セロシオン[プロパゲルマニウム]は、B型肝炎の治療に使用される治療薬です。B型肝炎とは?B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス[HBV]が主に血液や体液を介して感染する肝臓の疾患です。そのため、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HBVに感染すると、...

≫続きを読む

ゼフィックス[ラミブジン]作用機序、副作用、特徴

ゼフィックス[ラミブジン]は、B型肝炎の治療に使用される治療薬です。B型肝炎とは?B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス[HBV]が主に血液や体液を介して感染する肝臓の疾患です。そのため、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HBVに感染すると、その多...

≫続きを読む

ヘプセラ[アデホビル]作用機序、副作用、特徴

ヘプセラ[アデホビル]は、B型肝炎の治療に使用される治療薬です。B型肝炎とは?B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス[HBV]が主に血液や体液を介して感染する肝臓の疾患です。そのため、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HBVに感染すると、その多くは...

≫続きを読む

バラクルード[エンテカビル]作用機序、副作用、特徴

バラクルード[エンテカビル]は、B型肝炎の治療に使用される治療薬です。B型肝炎とは?B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス[HBV]が主に血液や体液を介して感染する肝臓の疾患です。そのため、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HBVに感染すると、その...

≫続きを読む

テノゼット[テノホビル]作用機序、副作用、特徴

テノゼット[テノホビル]は、B型肝炎の治療に使用される治療薬です。B型肝炎とは?B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス[HBV]が主に血液や体液を介して感染する肝臓の疾患です。そのため、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HBVに感染すると、その多く...

≫続きを読む

グリチロン[グリチルリチン酸、グリシン、メチオニン]作用機序、副作用、特徴

グリチロン配合錠[グリチルリチン酸、グリシン、メチオニン]は、B型肝炎を含む肝機能異常の治療に使用される薬です。また、円形脱毛症の適応も取得しています。B型肝炎とは?B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス[HBV]が主に血液や体液を介して感染する肝臓の疾患です。そのため、医療現場における針刺し事故や予防接種...

≫続きを読む

レベトール、コペガス[リバビリン]作用機序、副作用、特徴

レベトール、コペガス[リバビリン]は、C型肝炎の治療に使用される治療薬です。C型肝炎とは?C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。B型肝炎と同様、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HCVに感染すると...

≫続きを読む

テラビック[テラプレビル]作用機序、副作用、特徴

テラビック[テラプレビル]は、C型肝炎の治療に使用される治療薬です。C型肝炎とは?C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。B型肝炎と同様、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HCVに感染すると、治癒す...

≫続きを読む

ソブリアード[シメプレビル]作用機序、副作用、特徴

ソブリアード[シメプレビル]は、C型肝炎の治療に使用される治療薬です。C型肝炎とは?C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。B型肝炎と同様、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HCVに感染すると、治癒...

≫続きを読む

バニヘップ[バニプレビル]作用機序、副作用、特徴

バニヘップ[バニプレビル]は、C型肝炎の治療に使用される治療薬です。C型肝炎とは?C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。B型肝炎と同様、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HCVに感染すると、治癒す...

≫続きを読む

スンベプラ[アスナプレビル]作用機序、副作用、特徴

スンベプラ[アスナプレビル]は、C型肝炎の治療に使用される治療薬です。C型肝炎とは?C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。B型肝炎と同様、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HCVに感染すると、治癒...

≫続きを読む

ダクルインザ[ダクラタスビル]作用機序、副作用、特徴

ダクルインザ[ダクラタスビル]は、C型肝炎の治療に使用される治療薬です。C型肝炎とは?C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。B型肝炎と同様、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HCVに感染すると、治...

≫続きを読む

ソバルディ[ソホスブビル]作用機序、副作用、特徴

ソバルディ[ソホスブビル]は、C型肝炎の治療に使用される治療薬です。C型肝炎とは?C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。B型肝炎と同様、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HCVに感染すると、治癒す...

≫続きを読む

ハーボニー[ソホスブビル/レジパスビル]作用機序、副作用、特徴

ハーボニー[ソホスブビル/レジパスビル]は、C型肝炎の治療に使用される治療薬です。C型肝炎とは?C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。B型肝炎と同様、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HCVに感染...

≫続きを読む

ヴィキラックス[パリタプレビル/オムビタスビル]作用機序、副作用、特徴

ヴィキラックス[パリタプレビル/オムビタスビル]は、C型肝炎の治療に使用される治療薬です。C型肝炎とは?C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。B型肝炎と同様、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触が主な原因とされています。HC...

≫続きを読む

ウルソ[ウルソデオキシコール酸]作用機序、副作用、特徴

ウルソ[ウルソデオキシコール酸]は、肝機能の改善に使用される治療薬です。C型肝炎による慢性肝疾患においても使用されます。C型肝炎とは?C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。B型肝炎と同様、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし、性的接触...

≫続きを読む

コスパノン[フロプロピオン]作用機序、副作用、特徴

コスパノン[フロプロピオン]は、膵・肝胆・尿路に作用する鎮痙薬です。胆石に伴う痛みを和らげる効果があります。胆石とは?胆石とは、字のごとく胆嚢内にできる石のことです。胆石の原因は、胆汁中に含まれるコレステロールが多くを占めると言われています。そのため、肥満の方や運動不足、アルコールの摂りすぎなどが胆...

≫続きを読む

スパカール[トレピブトン]作用機序、副作用、特徴

スパカール[トレピブトン]は、膵・肝胆に作用する鎮痙・利胆薬です。胆石に伴う痛みを和らげる効果もあります。胆石とは?胆石とは、字のごとく胆嚢内にできる石のことです。胆石の原因は、胆汁中に含まれるコレステロールが多くを占めると言われています。そのため、肥満の方や運動不足、アルコールの摂りすぎなどが胆石...

≫続きを読む

アミノレバンEN[アミノ酸配合栄養剤]作用機序、副作用、特徴

アミノレバンEN[アミノ酸配合栄養剤]は、肝性脳症を伴う慢性肝不全患者のための栄養剤です。肝性脳症とは?肝性脳症とは、B型肝炎やC型肝炎などによってたどる一連の肝疾患[慢性肝炎→肝硬変→肝臓がん]の中でも、肝硬変状態の患者さんに現れる症状のひとつです。肝硬変状態では、不可逆的に肝臓が破壊されています...

≫続きを読む

リーバクト[バリン、ロイシン、イソロイシン]作用機序、副作用、特徴

リーバクト[バリン、ロイシン、イソロイシン]は、非代償性肝硬変患者の低アルブミン血症患者のための栄養剤です。非代償性肝硬変とは?非代償性肝硬変とは、B型肝炎やC型肝炎などによってたどる一連の肝疾患[慢性肝炎→肝硬変→肝臓がん]の中でも、肝硬変状態の進んだ患者さんのことを指します。それに対し、ほとんど...

≫続きを読む

モニラック[ラクツロース]作用機序、副作用、特徴

モニラック[ラクツロース]は、肝性脳症などに伴う高アンモニア血症を改善する薬です。肝性脳症とは?肝性脳症とは、B型肝炎やC型肝炎などによってたどる一連の肝疾患[慢性肝炎→肝硬変→肝臓がん]の中でも、肝硬変状態の患者さんに現れる症状のひとつです。肝硬変状態では、不可逆的に肝臓が破壊されています。そのた...

≫続きを読む

ポルトラック[ラクチトール]作用機序、副作用、特徴

ポルトラック[ラクチトール]は、肝性脳症の原因のひとつである高アンモニア血症を改善する薬です。肝性脳症とは?肝性脳症とは、B型肝炎やC型肝炎などによってたどる一連の肝疾患[慢性肝炎→肝硬変→肝臓がん]の中でも、肝硬変状態の患者さんに現れる症状のひとつです。肝硬変状態では、不可逆的に肝臓が破壊されてい...

≫続きを読む

フサン注[ナファモスタット]作用機序、副作用、特徴

フサン注[ナファモスタット]は、膵炎の急性症状を改善する薬です。膵炎とは?膵炎とは、膵臓の組織が障害されることで急激な腹痛を伴う疾患です。膵臓の働きは、大きく2つに分かれ、外分泌機能と内分泌機能を持っています。外分泌部では、消化に関与する膵液を十二指腸へ分泌します。内分泌部では、インスリンやグルカゴ...

≫続きを読む

エフオーワイ注[ガベキサート]作用機序、副作用、特徴

エフオーワイ注[ガベキサート]は、膵炎の急性症状を改善する薬です。膵炎とは?膵炎とは、膵臓の組織が障害されることで急激な腹痛を伴う疾患です。膵臓の働きは、大きく2つに分かれ、外分泌機能と内分泌機能を持っています。外分泌部では、消化に関与する膵液を十二指腸へ分泌します。内分泌部では、インスリンやグルカ...

≫続きを読む

フオイパン[カモスタット]作用機序、副作用、特徴

フオイパン[カモスタット]は、膵炎の急性症状を改善する薬です。膵炎とは?膵炎とは、膵臓の組織が障害されることで急激な腹痛を伴う疾患です。膵臓の働きは、大きく2つに分かれ、外分泌機能と内分泌機能を持っています。外分泌部では、消化に関与する膵液を十二指腸へ分泌します。内分泌部では、インスリンやグルカゴン...

≫続きを読む

ミラクリッド注[ウリナスタチン]作用機序、副作用、特徴

ミラクリッド注[ウリナスタチン]は、膵炎の急性症状を改善する薬です。膵炎とは?膵炎とは、膵臓の組織が障害されることで急激な腹痛を伴う疾患です。膵臓の働きは、大きく2つに分かれ、外分泌機能と内分泌機能を持っています。外分泌部では、消化に関与する膵液を十二指腸へ分泌します。内分泌部では、インスリンやグル...

≫続きを読む

カリメート、アーガメイト[ポリスチレンスルホン酸カルシウム]作用機序、特徴、副作...

カリメート、アーガメイト[ポリスチレンスルホン酸カルシウム]は、腎不全に伴う高カリウム血症を改善する薬です。腎不全時に高カリウム血症が発現する理由腎臓は、生体内の恒常性[ホメオスタシス]の維持に深く関わっています。老廃物を尿として体外へ排出する レニンを分泌し、血圧を調節する ビタミンDを活性化させ...

≫続きを読む

ケイキサレート[ポリスチレンスルホン酸ナトリウム]作用機序、特徴、副作用

ケイキサレート[ポリスチレンスルホン酸ナトリウム]は、腎不全に伴う高カリウム血症を改善する薬です。腎不全時に高カリウム血症が発現する理由腎臓は、生体内の恒常性[ホメオスタシス]の維持に深く関わっています。老廃物を尿として体外へ排出する レニンを分泌し、血圧を調節する ビタミンDを活性化させ、カルシウ...

≫続きを読む

アミユー[必須アミノ酸]作用機序、特徴、副作用

アミユー[必須アミノ酸9種類]は、慢性腎不全時のアミノ酸を補給する薬です。腎不全時にタンパク質を制限する理由腎不全の患者さんでは、タンパク質を制限した食事が摂られています。これは、タンパク質から生体にとって毒となる老廃物[尿素窒素]が生じ、体内に蓄積してしまうためです。通常は、この老廃物を腎臓が処理...

≫続きを読む

クレメジン[球形吸着炭]作用機序、特徴、副作用

クレメジン[球形吸着炭]は、慢性腎不全時の尿毒症症状の改善及び透析導入の遅延薬です。尿毒症とは?腎不全の患者さんでは、タンパク質を制限した食事が摂られています。これは、タンパク質から生体にとって毒となる老廃物[尿素窒素など]が生じ、体内に蓄積してしまうためです。通常は、この老廃物を腎臓が処理し、尿中...

≫続きを読む

カルタン[沈降炭酸カルシウム]作用機序、特徴、副作用

カルタン[沈降炭酸カルシウム]は、慢性腎不全時の高リン血症の治療薬です。腎機能には、尿素窒素や尿毒症毒素といった老廃物を排泄する働きがあります。それらに加え、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラル分の排泄作用も持ちあわせています。リンの働きリンは、ミネラルの中ではカルシウムの次に多く体内に含まれる...

≫続きを読む

レナジェル、フォスブロック[セベラマー]作用機序、特徴、副作用

レナジェル、フォスブロック[セベラマー]は、慢性腎不全時の高リン血症の治療薬です。腎機能には、尿素窒素や尿毒症毒素といった老廃物を排泄する働きがあります。それらに加え、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラル分の排泄作用も持ちあわせています。リンの働きリンは、ミネラルの中ではカルシウムの次に多く体内...

≫続きを読む

ホスレノール[炭酸ランタン]作用機序、特徴、副作用

ホスレノール[炭酸ランタン]は、慢性腎不全時の高リン血症の治療薬です。腎機能には、尿素窒素や尿毒症毒素といった老廃物を排泄する働きがあります。それらに加え、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラル分の排泄作用も持ちあわせています。リンの働きリンは、ミネラルの中ではカルシウムの次に多く体内に含まれるミ...

≫続きを読む

キックリン[ビキサロマー]作用機序、特徴、副作用

キックリン[ビキサロマー]は、透析中慢性腎不全時の高リン血症の治療薬です。腎機能には、尿素窒素や尿毒症毒素といった老廃物を排泄する働きがあります。それらに加え、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラル分の排泄作用も持ちあわせています。リンの働きリンは、ミネラルの中ではカルシウムの次に多く体内に含まれ...

≫続きを読む

リオナ[クエン酸第二鉄]作用機序、特徴、副作用

リオナ[クエン酸第二鉄]は、慢性腎不全時の高リン血症の治療薬です。腎機能には、尿素窒素や尿毒症毒素といった老廃物を排泄する働きがあります。それらに加え、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラル分の排泄作用も持ちあわせています。リンの働きリンは、ミネラルの中ではカルシウムの次に多く体内に含まれるミネラ...

≫続きを読む

ピートル[スクロオキシ水酸化鉄]作用機序、特徴、副作用

ピートル[スクロオキシ水酸化鉄]は、慢性腎不全時の高リン血症の治療薬です。腎機能には、尿素窒素や尿毒症毒素といった老廃物を排泄する働きがあります。それらに加え、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラル分の排泄作用も持ちあわせています。リンの働きリンは、ミネラルの中ではカルシウムの次に多く体内に含まれ...

≫続きを読む

レミッチ、ノピコール[ナルフラフィン]作用機序、特徴、副作用

レミッチ、ノピコール[ナルフラフィン]は、血液透析患者や慢性肝疾患患者のそう痒症の治療薬です。透析患者や肝不全の患者の半分以上は、身体の痒みに悩まされていることが知られています。透析患者が痒みを生じる理由透析患者では、約70%以上の割合で痒みを生じます。しかし、この痒みの機序の詳細はわかっていません...

≫続きを読む

エルカルチンFF[レボカルニチン]作用機序、特徴、副作用

エルカルチンFF[レボカルニチン]は、カルニチン欠乏症の治療薬です。透析患者や先天性の異常[カルニチントランスポーターの異常]で乳幼児にカルニチンが不足することが知られています。カルニチンの機能・役割カルニチンは主に脂肪酸代謝に関与するアミノ酸の類縁体です。脂肪酸の代謝は、細胞内のミトコンドリアで行...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職