イントロンA[遺伝子組換え型インターフェロン]作用機序

2017年12月7日

採血イラスト

スポンサーリンク

イントロンA[遺伝子組換え型インターフェロンアルファ]:B型・C型肝炎治療薬

イントロンA[遺伝子組換え型インターフェロンアルファ]は、B型肝炎やC型肝炎の治療に使用される治療薬です。

B型肝炎とは?

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス[HBV]が主に血液体液を介して感染する肝臓の疾患です。

そのため、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし性的接触が主な原因とされています。

HBVに感染すると、その多くは治癒しますが、一部が慢性肝炎や劇症肝炎となり、肝硬変、肝臓がん、死亡などの経過をたどることがあるのです。

B型肝炎経過

HBVの予防にはワクチン消毒が行われます。

HBVはHCVと異なりワクチンによる予防接種が可能なウイルスです。

医療従事者では、HBVワクチンの接種が労働安全衛生法によって義務付けされています。

また、HBVが含まれている可能性のある血液、体液は消毒しなければなりません。

HBVはエンベロープを持つウイルスであるため、中水準以上の消毒薬である消毒用エタノール次亜塩素酸ナトリウムが効果的です。

C型肝炎とは?

C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。

B型肝炎と同様、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし性的接触が主な原因とされています。

HCVに感染すると、治癒する場合もありますが、治療を行わない場合20~30%が肝硬変、肝臓がん、死亡などの経過をたどるとされています。

C型肝炎経過

HCVの予防には、消毒が行われます。

HCVが含まれている可能性のある血液、体液は消毒しなければなりません。

HCVはHBV同様エンベロープを持つウイルスであるため、中水準以上の消毒薬である消毒用エタノール次亜塩素酸ナトリウムが効果的です。

イントロンA[遺伝子組換え型インターフェロンアルファ]の作用機序、特徴

B型肝炎やC型肝炎の治療では、その原因となるB型肝炎ウイルス[HBV]、C型肝炎ウイルス[HCV]の増殖を抑制する薬が使用されます。

中でも、インターフェロンと呼ばれる免疫系サイトカインの一種が一般的に使用されます。

イントロンAは、インターフェロンを含有するB型肝炎・C型肝炎の治療薬です。

イントロンAは、大腸菌由来の遺伝子組換え型インターフェロンアルファ製剤です。

薬価は安いですが、副作用は天然型よりも多く報告されています。

インターフェロンの抗ウイルス作用の機序は、未感染の細胞をターゲットとします。

未感染細胞に抵抗性を与えることで、HBV・HCVの増殖を抑えるのです。

インターフェロン作用

インターフェロンは未感染細胞中の2-5AS合成酵素、プロテインキナーゼ、2’-ホスホジエステラーゼの3つの酵素を誘導します。

それぞれ、mRNAの分解作用、タンパク合成開始因子の不活化、tRNAのアミノ酸結合部位の切断作用を示します。

これらの作用によって、ウイルスタンパクの増殖を防ぎ、HBV・HCVの増殖を防ぐのです。

イントロンA作用機序

やっくん

やっくん

イントロンA[遺伝子組換え型インターフェロンアルファ]は、未感染細胞に作用しウイルスのタンパク合成に関わる酵素を誘導することで、タンパク合成を抑制し、HBV・HCVの増殖を抑制します。

イントロンA[遺伝子組換え型インターフェロンアルファ]の副作用

イントロンA[遺伝子組換え型インターフェロンアルファ]は、C型肝炎の治療薬として、1991年に承認された薬です。その後、1992年にB型肝炎に対する適応も承認されています。

主な副作用としては、レベトール[リバビリン]との併用時、発熱[30.5%]、倦怠感[13.6%]、食欲不振[12.0%]、白血球減少[37.2%]、貧血[32.4%]、血小板減少[28.1%]、好中球減少[22.0%]、ヘモグロビン減少[16.4%]などが知られています。

間質性肺炎、自殺企図などの致死的な副作用の発現が報告されており、警告とされています。

イントロンA[遺伝子組換え型インターフェロンアルファ]の禁忌

  • 小柴胡湯[間質性肺炎があらわれることがあります。]
  • 自己免疫性肝炎[自己免疫性肝炎が増悪することがあります。]

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)