レベトール、コペガス[リバビリン]作用機序、副作用、特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加   

レベトール、コペガス[リバビリン]:C型肝炎治療薬

 

肝臓イラスト 

 

レベトール、コペガス[リバビリン]は、C型肝炎の治療に使用される治療薬です。

 

C型肝炎とは?

C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス[HCV]が主に血液を介して感染する肝臓の疾患です。
B型肝炎と同様、医療現場における針刺し事故や予防接種時の注射器の使いまわし性的接触が主な原因とされています。

 

HCVに感染すると、治癒する場合もありますが、治療を行わない場合20~30%が肝硬変、肝臓がん、死亡などの経過をたどるとされています。

 

C型肝炎経過 

 

HCVの予防には、消毒が行われます。
HCVが含まれている可能性のある血液、体液は消毒しなければなりません。
HCVはHBV同様エンベロープを持つウイルスであるため、中水準以上の消毒薬である消毒用エタノール次亜塩素酸ナトリウムが効果的です。

 

レベトール、コペガス[リバビリン]の作用機序、特徴

C型肝炎の治療では、その原因となるC型肝炎ウイルス[HCV]の増殖を抑制する薬が使用されます。

 

インターフェロン製剤のように免疫系に作用する薬が使用されてきましたが、ウイルスに直接作用するわけではないため、十分な効果が得られない場合もありました。

 

レベトール、コペガスは、HCVの複製過程を直接阻害するC型肝炎の治療薬です。

 

レベトール、コペガスは次の2つの作用機序を持っています。

 

レベトール、コペガスの作用機序①:グアノシン三リン酸(GTP)の合成阻害

核酸の生成経路のうちのひとつがde nivo経路[新生経路]と呼ばれる経路です。

 

de novo経路は、リボース5リン酸からイノシン酸[イノシン一リン酸]を経て、GTPを生成します。

 

レベトール作用機序 

 

やっくん

レベトール、コペガス[リバビリン]は、イノシン一リン酸脱水素酵素を阻害することで、GTPの合成を阻害します。

 

 

レベトール、コペガスの作用機序②:グアノシン三リン酸(GTP)と競合

レベトール、コペガスの有効成分であるリバビリンは、細胞内に取り込まれリン酸化されます。

 

このリバビリン三リン酸[RTP]の構造は、デオキシグアノシン三リン酸(dGTP)と構造が類似しています。

リバビリンdGTP構造 

 

そのため、dGTPと競合的に作用しRNAポリメラーゼによって取り込まれ、RNAが変異するのです。

 

やっくん

レベトール、コペガス[リバビリン]はウイルスの複製過程において、RNAポリメラーゼに対する競合的拮抗作用RNAの変異によりHCVの増殖を防ぐと考えられています。

 

レベトール、コペガス[リバビリン]の副作用

レベトール、コペガス[リバビリン]は、C型肝炎の治療薬として、2001年に承認された薬です。

 

主な副作用としては、遺伝子組換え型インターフェロンアルファ-2bと併用した場合、発熱[27.3%]、倦怠感[13.1%]、食欲不振[11.8%]、白血球減少[35.2%]、貧血[34.2%]、血小板減少[26.6%]、好中球数減少[21.0%]、ヘモグロビン減少[17.5%]などが知られています。

 

また、催奇形性が報告されており、妊婦や妊娠予定の女性には使用せず避妊を行うことと警告されています。

 

レベトール、コペガスの副作用:貧血が多い理由

レベトール、コペガスの副作用では上記の通り貧血が多く報告でされています。

 

貧血の副作用が起こる理由は、細胞内に長くとどまり赤血球に作用するためです。
赤血球中のATPと競合的に拮抗し、ATPの使用を抑制してしまうため溶血→貧血症状を示します。

 

この際の副作用防止目的として、赤血球膜を強化するために、エパデールが処方されます。

 

レベトール、コペガス[リバビリン]の禁忌

  • 妊婦、妊娠している可能性のある婦人又は授乳中の婦人

    [動物実験で催奇形性作用及び胚・胎児致死作用が報告されています。]

  • コントロールの困難な心疾患(心筋梗塞、心不全、不整脈等)

    [貧血が原因で心疾患が悪化することがあります。]

  • 異常ヘモグロビン症(サラセミア、鎌状赤血球性貧血等)

    [貧血が原因で異常ヘモグロビン症が悪化することがあります。]

  • 慢性腎不全又はクレアチニンクリアランスが50mL/分以下の腎機能障害

    [本剤の血中濃度が上昇し、重大な副作用が生じることがあります。]

  • 重度のうつ病、自殺念慮又は自殺企図等の重度の精神病状態

    [うつ病が悪化又は再燃することがあります。]

  • 重篤な肝機能障害

    [肝予備能が低下している可能性があり、重大な副作用が生じることがあります。]

  • 自己免疫性肝炎[自己免疫性肝炎が悪化することがあります。]
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ

合わせて読みたいページ

フエロンの作用機序、副作用、特徴
スミフェロンの作用機序、副作用、特徴
イントロンAの作用機序、副作用、特徴
ペガシスの作用機序、特徴、副作用
ペグイントロンの作用機序、特徴、副作用
インターフェロン[INF]製剤一覧表-HBV、HCV治療薬-
セロシオンの作用機序、副作用、特徴
ゼフィックスの作用機序、副作用、特徴
ヘプセラの作用機序、副作用、特徴
バラクルードの作用機序、副作用、特徴
テノゼットの作用機序、副作用、特徴
グリチロンの作用機序、副作用、特徴
テラビックの作用機序、副作用、特徴
ソブリアードの作用機序、副作用、特徴
バニヘップの作用機序、副作用、特徴
スンベプラの作用機序、副作用、特徴
ダクルインザの作用機序、副作用、特徴
ソバルディの作用機序、副作用、特徴
ハーボニーの作用機序、副作用、特徴
ヴィキラックスの作用機序、副作用、特徴
ウルソの作用機序、副作用、特徴
コスパノンの作用機序、副作用、特徴
スパカールの作用機序、副作用、特徴
アミノレバンの作用機序、副作用、特徴
リーバクトの作用機序、副作用、特徴
モニラックの作用機序、副作用、特徴
ポルトラックの作用機序、副作用、特徴
フサン注の作用機序、副作用、特徴
エフオーワイ注の作用機序、副作用、特徴
フオイパンの作用機序、副作用、特徴
ミラクリッド注の作用機序、副作用、特徴
カリメート、アーガメイトの作用機序、副作用、特徴
ケイキサレートの作用機序、副作用、特徴
アミユーの作用機序、副作用、特徴
クレメジンの作用機序、副作用、特徴
カルタンの作用機序、副作用、特徴
レナジェル、フォスブロックの作用機序、副作用、特徴
ホスレノールの作用機序、副作用、特徴
キックリンの作用機序、副作用、特徴
リオナの作用機序、副作用、特徴
ピートルの作用機序、副作用、特徴
レミッチ、ノピコールの作用機序、副作用、特徴
エルカルチンFFの作用機序、副作用、特徴

TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職