胃・消化性潰瘍の薬一覧表

胃・消化性潰瘍の薬

胃潰瘍・十二指腸潰瘍治療薬[攻撃因子抑制薬]

ヒスタミン受容体拮抗薬[H2ブロッカー]

 

プロトンポンプ阻害薬

 

制酸薬

 

ムスカリン受容体拮抗薬

 

局所麻酔薬[抗ガストリン薬]

 

胃潰瘍・十二指腸潰瘍治療薬[防御因子増強薬]

胃粘膜保護薬

 

プロスタグランジン薬

 

抗ドパミン薬

 

ヘリコバクターピロリ除菌薬

ピロリ一次除菌療法

 

ピロリ二次除菌療法

 

内視鏡前処置薬

消泡薬

 

消化管運動抑制薬

 

粘液溶解薬

 

消化管運動調整薬

 

過敏性腸症候群治療薬

 

その他胃薬

健胃薬[S・M散]
消化液の分泌を促して食欲を増加させたり、胃酸の中和、消化を助ける消化酵素などさまざま成分が混ざっている薬です。

 

ベタネコール[ベザコリン]
胃腸の働きを活発にする、副交感神経刺激薬です。
膀胱の筋肉を収縮させ、膀胱の出口を緩めることで排尿促進薬としても使用されます。

 

消化酵素薬

薬によって入っている酵素が違いますが、デンプン、タンパク質、脂肪を分解する酵素です。
胃で溶ける成分と腸で溶ける成分の2層錠のものもあります。

 

制吐薬

D2遮断薬

 

5-HT3受容体拮抗薬

  • グラニセトロン[カイトリル]
  • オンダンセトロン[ゾフラン]
  • ラモセトロン[ナゼア]

腫瘍の治療時に起きる吐き気やおう吐に対して使用される吐き気止めの薬です。

 

炎症性腸疾患治療薬

サラゾスルファピリジン[サラゾピリン、アザルフィジン]
サリチル酸の成分と、サルファ剤が一緒になった薬で、潰瘍性大腸炎やクローン病の治療薬として使用されます。
薬の色で尿がオレンジ色になることがあります。

 

メサラジン[ペンタサ]
サリチル酸の成分のみが大腸で溶けるように工夫された薬で、潰瘍性大腸炎やクローン病の治療薬として使用されます。

 

リン酸ベタメタゾン[ステロネマ]、リン酸プレドニゾロン[プレドネマ]
ステロイドの注腸剤で、潰瘍性大腸炎やクローン病の治療薬として使用されます。

 

インフリキシマブ[レミケード]
キメラ型モノクローナル抗体の蛋白製剤であり、クローン病の治療薬として使用されます。
クローン病の腸病変部に多いTNFαを抑えるための薬です。

胃・消化性潰瘍の薬一覧表記事一覧

タガメット[シメチジン]作用機序、特徴、副作用

タガメット[シメチジン]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防御...

≫続きを読む

ザンタック[ラニチジン]作用機序、特徴、副作用

ザンタック[ラニチジン]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防御...

≫続きを読む

アシノン[ニザチジン]作用機序、特徴、副作用

アシノン[ニザチジン]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防御因...

≫続きを読む

ガスター[ファモチジン]作用機序、特徴、副作用

ガスター[ファモチジン]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防御...

≫続きを読む

アルタット[オキサチジン]作用機序、特徴、副作用

アルタット[オキサチジン]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防...

≫続きを読む

ストガー、プロテカジン[ラフチジン]作用機序、特徴、副作用

ストガー、プロテカジン[ラフチジン]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃...

≫続きを読む

オメプラール[オメプラゾール]作用機序、特徴、副作用

オメプラール[オメプラゾール]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌、防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジン胃潰瘍では防御...

≫続きを読む

タケプロン[ランソプラゾール]作用機序、特徴、副作用

タケプロン[ランソプラゾール]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌、防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジン胃潰瘍では防御...

≫続きを読む

パリエット[ラベプラゾール]作用機序、特徴、副作用

パリエット[ラベプラゾール]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌、防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジン胃潰瘍では防御因...

≫続きを読む

ネキシウム[エソメプラゾール]作用機序、特徴、副作用

ネキシウム[エソメプラゾール]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌、防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジン胃潰瘍では防御...

≫続きを読む

タケキャブ[ボノプラザン]作用機序、特徴、副作用

タケキャブ[ボノプラザン]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌、防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジン胃潰瘍では防御因子...

≫続きを読む

炭酸水素ナトリウム[重曹]作用機序、特徴、副作用

炭酸水素ナトリウム[重曹]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防御因子の減弱、...

≫続きを読む

乾燥水酸化アルミニウム作用機序、特徴、副作用

乾燥水酸化アルミニウムは胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防御因子の減弱、十二...

≫続きを読む

マグミット、マグラックス[制酸薬]作用機序、特徴、副作用

マグミット、マグラックスは主に下剤として使用されていますが、胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍などでも使用される治療薬です。消化性潰瘍においては、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジ...

≫続きを読む

マーロックス[乾燥水酸化Al、水酸化Mg]作用機序、特徴、副作用

マーロックスは胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防御因子の減弱、十二指腸潰瘍で...

≫続きを読む

コランチル[ジサイクロミン/水酸化AL/酸化Mg]作用機序

コランチルは胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防御因子の減弱、十二指腸潰瘍では...

≫続きを読む

チアトン[チキジウム]作用機序、特徴、副作用

チアトン[チキジウム]は胃炎や胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍で使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防御因子の減弱、十...

≫続きを読む

ストロカイン[オキセサゼイン]作用機序、特徴、副作用

ストロカイン[オキセサゼイン]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍で...

≫続きを読む

アルサルミン[スクラルファート]作用機序、特徴、副作用

アルサルミン[スクラルファート]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍...

≫続きを読む

イサロン[アルジオキサ]作用機序、特徴、副作用

イサロン[アルジオキサ]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防御...

≫続きを読む

ガスロンN[イルソグラジン]作用機序、特徴、副作用

ガスロンN[イルソグラジン]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では...

≫続きを読む

ノイエル[セトラキサート]作用機序、特徴、副作用

ノイエル[セトラキサート]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防...

≫続きを読む

ガストローム[エカベト]作用機序、特徴、副作用

ガストローム[エカベト]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防御...

≫続きを読む

プロマックD[ポラプレジンク]作用機序

プロマックD[ポラプレジンク]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍で...

≫続きを読む

アルロイドG[アルギン酸]作用機序、特徴、副作用

アルロイドG[アルギン酸]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防...

≫続きを読む

ゲファニール[ゲファルナート]作用機序、特徴、副作用

ゲファニール[ゲファルナート]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍で...

≫続きを読む

セルベックス[テプレノン]作用機序、特徴、副作用

セルベックス[テプレノン]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防...

≫続きを読む

ソロン[ソファルコン]作用機序、特徴、副作用

ソロン[ソファルコン]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防御因...

≫続きを読む

マーズレン[アズレン・L-グルタミン配合薬]作用機序、特徴、副作用

マーズレン[アズレン・L-グルタミン配合薬]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジ...

≫続きを読む

ムコスタ[レバミピド]作用機序、特徴、副作用

ムコスタ[レバミピド]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では防御因...

≫続きを読む

サイトテック[ミソプロストール]作用機序、特徴、副作用

サイトテック[ミソプロストール]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍で使用される治療薬です。しかし、適応上は非ステロイド性消炎鎮痛薬[NSAIDs]服用に伴う胃・十二指腸潰瘍のみと少し変わった薬になります。NSAIDsは胃薬とよく併用されますNSAIDsの作用機序は、シクロオキシゲナーゼ[COX]と呼...

≫続きを読む

ドグマチール[スルピリド]作用機序:胃潰瘍薬

ドグマチール[スルピリド]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。ドグマチールやミラドールはうつ病の治療薬としても使用されます。うつ病についてはコチラいずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙...

≫続きを読む

ランサップ[ランソプラゾール/アモキシシリン/クラリスロマイシン]作用機序

ランサップ[ランソプラゾール/アモキシシリン/クラリスロマイシン]は、胃潰瘍・十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染症の治療薬です。ピロリ菌に感染すると、慢性胃炎・胃・十二指腸潰瘍・胃がんなど多くの病気にかかる可能性が非常に高くなります。ヘリコバクター・ピロリ菌の特徴ピロリ菌には、そもそも衛...

≫続きを読む

ラベキュア[アモキシシリン/クラリスロマイシン/ラベプラゾール]作用機序

ラベキュア[ラベプラゾール/アモキシシリン/クラリスロマイシン]は、胃潰瘍・十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染症の治療薬です。ピロリ菌に感染すると、慢性胃炎・胃・十二指腸潰瘍・胃がんなど多くの病気にかかる可能性が非常に高くなります。ヘリコバクター・ピロリ菌の特徴ピロリ菌には、そもそも衛生...

≫続きを読む

ボノサップ[ボノプラザン/アモキシシリン/クラリスロマイシン]作用機序

ボノサップ[ボノプラザン/アモキシシリン/クラリスロマイシン]は、胃潰瘍・十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染症の治療薬です。ピロリ菌に感染すると、慢性胃炎・胃・十二指腸潰瘍・胃がんなど多くの病気にかかる可能性が非常に高くなります。ヘリコバクター・ピロリ菌の特徴ピロリ菌には、そもそも衛生状...

≫続きを読む

ランピオン[アモキシシリン/メトロニダゾール/ランソプラゾール]作用機序

ランピオン[ランソプラゾール/アモキシシリン/メトロニダゾール]は、胃潰瘍・十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染症の治療薬です。ピロリ菌に感染すると、慢性胃炎・胃・十二指腸潰瘍・胃がんなど多くの病気にかかる可能性が非常に高くなります。ヘリコバクター・ピロリ菌の特徴ピロリ菌には、そもそも衛生...

≫続きを読む

ラベファイン[アモキシシリン/メトロニダゾール/ラベプラゾール]作用機序

ラベファイン[ラベプラゾール/アモキシシリン/メトロニダゾール]は、胃潰瘍・十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染症の治療薬です。ピロリ菌に感染すると、慢性胃炎・胃・十二指腸潰瘍・胃がんなど多くの病気にかかる可能性が非常に高くなります。ヘリコバクター・ピロリ菌の特徴ピロリ菌には、そもそも衛生...

≫続きを読む

ボノピオン[アモキシシリン/メトロニダゾール/ボノプラザン]作用機序

ボノピオン[ボノプラザン/アモキシシリン/メトロニダゾール]は、胃潰瘍・十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ感染症の治療薬です。ピロリ菌に感染すると、慢性胃炎・胃・十二指腸潰瘍・胃がんなど多くの病気にかかる可能性が非常に高くなります。ヘリコバクター・ピロリ菌の特徴ピロリ菌には、そもそも衛生状態...

≫続きを読む

ガスコン[ジメチコン]作用機序、特徴、副作用

ガスコン[ジメチコン]は消化管におけるガスの除去薬として胃内視鏡検査の前処置に使用される薬です。ガスの除去が必要な場面に、内視鏡検査時が挙げられます。内視鏡検査の際、より正確な検査結果を得るために前処置が行われます。胃の中にガスでできた泡の除去胃の粘液の除去胃の運動を抑制が前処置として行われます。ガ...

≫続きを読む

ブスコパン[スコポラミン]作用機序、特徴、副作用

ブスコパン[スコポラミン]は消化管における痙攣・過剰な胃腸運動の抑制薬として、胃内視鏡検査の前処置に使用される薬です。また、内視鏡検査時にも使用されることがあります。内視鏡検査の際、より正確な検査結果を得るために前処置が行われます。胃の中にガスでできた泡の除去胃の粘液の除去胃の運動を抑制が前処置とし...

≫続きを読む

グルカゴンGノボ注射[グルカゴン]作用機序、特徴、副作用

グルカゴンGノボ注射[グルカゴン]は、内視鏡検査時にの前処置に使用される薬です。内視鏡検査の際、より正確な検査結果を得るために前処置が行われます。胃の中にガスでできた泡の除去胃の粘液の除去胃の運動を抑制などが前処置として行われます。

≫続きを読む

ミンクリア[l-メントール]作用機序、特徴、副作用

ミンクリア[l-メントール]は内視鏡検査における胃蠕動運動の抑制薬として、胃内視鏡検査の前処置に使用される薬です。内視鏡検査の際は、より正確な検査結果を得るために前処置が行われます。胃の中にガスでできた泡の除去胃の粘液の除去胃の運動を抑制が前処置として行われます。ミンクリアは、胃の運動を抑制する目的...

≫続きを読む

プロナーゼMS[プロナーゼ]作用機序、特徴、副作用

プロナーゼMS[プロナーゼ]は、胃内視鏡検査における胃内粘液の溶解・除去薬として、胃内視鏡検査の前処置に使用される薬です。内視鏡検査の際、より正確な検査結果を得るために、前処置が行われます。胃の中にガスでできた泡の除去胃の粘液の除去胃の運動を抑制が内視鏡前処置として行われます。プロナーゼMSは、胃の...

≫続きを読む

ガスモチン[モサプリド]作用機序、特徴、副作用

ガスモチン[モサプリド]は、慢性胃炎に伴う、悪心や嘔吐、胸やけなど消化器症状の治療薬として使用されている薬です。慢性胃炎は、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では、防...

≫続きを読む

セレキノン[トリメブチン]作用機序、特徴

セレキノン[トリメブチン]は、慢性胃炎に伴う、悪心や嘔吐、胸やけなど消化器症状の治療薬として使用されている薬です。慢性胃炎は、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では、...

≫続きを読む

ガナトン[イトプリド]作用機序、特徴

ガナトン[イトプリド]は、慢性胃炎に伴う、悪心や嘔吐、胸やけなど消化器症状の治療薬として使用されている薬です。慢性胃炎は、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど胃潰瘍では、防御...

≫続きを読む

コロネル、ポリフル[ポリカルボフィルカルシウム]作用機序、特徴

コロネル、ポリフル[ポリカルボフィルカルシウム]は、過敏性腸症候群[IBS]における、便秘や下痢など消化器症状の治療薬として使用されている薬です。過敏性腸症候群の原因は、はっきりとはわかりません。生真面目で几帳面な人が発症しやすいと言われており、女性のほうが男性よりも多い疾患です。主に、精神的・肉体...

≫続きを読む

イリボー[ラモセトロン]作用機序、特徴

イリボー[ラモセトロン]は、下痢型の過敏性腸症候群[IBS]治療薬として使用されている薬です。過敏性腸症候群の原因は、はっきりとはわかりません。精神的・肉体的ストレス、低繊維食などさまざまな因子が複雑に関与しており、腸管の運動が亢進することで便通異常や腹部症状が生じています。

≫続きを読む

ナウゼリン[ドンペリドン]作用機序・特徴

ナウゼリン[ドンペリドン]は、悪心や嘔吐などの消化器症状の治療薬として使用されている薬です。嘔吐には、さまざまな原因があります。身近な原因は、感染症・ストレス・過剰なアルコール・食べ過ぎ・妊娠・乗り物酔いなどでしょうか?これらはすべて脳内にある嘔吐中枢が関与しています。脳内のCTZと呼ばれる化学受容...

≫続きを読む

プリンペラン[メトクロプラミド]作用機序・特徴

プリンペラン[メトクロプラミド]は、悪心や嘔吐などの消化器症状の治療薬として使用されている薬です。嘔吐には、さまざまな原因があります。身近な原因は、感染症・ストレス・過剰なアルコール・食べ過ぎ・妊娠・乗り物酔いなどでしょうか?これらはすべて脳内にある嘔吐中枢が関与しています。脳内のCTZと呼ばれる化...

≫続きを読む

リパクレオン[パンクレリパーゼ]作用機序、特徴、副作用

リパクレオン[パンクレリパーゼ]は、慢性膵炎や膵切除などによる膵消化酵素の補充を目的として使用されている薬です。膵炎とは?膵炎とは、膵臓の組織が障害されることで急激な腹痛を伴う疾患です。膵臓の働きは、大きく2つに分かれ、外分泌機能と内分泌機能を持っています。外分泌部では、消化に関与する膵液を十二指腸...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職