アルタット[オキサチジン]作用機序、特徴、副作用

2017年12月5日

腹痛イラスト

スポンサーリンク

アルタット[オキサチジン]:胃・十二指腸潰瘍治療薬

アルタット[オキサチジン]は胃・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍、逆流性食道炎などで使用される治療薬です。

いずれの疾患においても、攻撃因子と粘膜防御因子のバランスが崩れていることが原因です。

攻撃防御因子

攻撃因子:胃酸、ペプシン、喫煙、ストレス、ピロリ菌など
防御因子:粘液、粘膜血流、プロスタグランジンなど

胃潰瘍では防御因子の減弱、十二指腸潰瘍では攻撃因子の増強が主な原因です。

胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の治療薬では、これら攻撃因子や防御因子に対して働きます。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療には、胃酸による胃や十二指腸への攻撃を防ぐ薬や、粘膜の防御を高める薬が使用されます。

アルタット[オキサチジン]の作用機序、特徴

胃酸による胃や十二指腸への攻撃を防ぐ薬はいくつかあります。

攻撃因子

胃酸そのものの分泌を抑制する薬や胃酸を中和する薬が使用されます。

胃酸の分泌の仕組み

まずは、胃の壁細胞にあるM3、H2、G受容体にアセチルコリン、ヒスタミン、ガストリンがそれぞれ作用します。

いずれの受容体もプロトンポンプ[H+、K+-ATPase]を活性化することで、胃酸分泌を促します。

胃酸分泌仕組み

プロトンポンプの作用を弱めれば、胃酸の分泌を抑制することができます。

プロトンポンプを活性化するひとつの要素が、ヒスタミンのH2受容体への結合です。

このH2受容体にヒスタミンと競合的に拮抗作用を示す、胃・十二指腸潰瘍や逆流性食道炎の治療薬がアルタットです。

アルタットは、胃壁細胞のH2受容体を選択的に遮断し、プロトンポンプ[H+、K+-ATPase]の活性化を抑制することで、胃酸分泌を抑制します。

アルタット作用機序

やっくん

やっくん

アルタット[オキサチジン]は、H2受容体を阻害することで、プロトンポンプ[H+、K+-ATPase]を阻害、胃酸分泌を抑制し、胃・消化性潰瘍、逆流性食道炎を改善します。

アルタット[オキサチジン]の副作用

アルタット[オキサチジン]は、胃潰瘍を含む消化性潰瘍の治療薬として、1986年に発売された薬です。

主な副作用としては、ALT(GPT)上昇[0.30%]、便秘[0.17%]、AST(GOT)上昇[0.15%]及び好酸球増多[0.10 %]などが挙げられます。

アルタット[オキサチジン]の禁忌

  • 特になし

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)