イリボー[ラモセトロン]作用機序、特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加   

イリボー[ラモセトロン]:過敏性腸症候群治療薬

便秘イラスト

 

イリボー[ラモセトロン]は、下痢型の過敏性腸症候群[IBS]治療薬として使用されている薬です。

 

過敏性腸症候群の原因は、はっきりとはわかりません。
精神的・肉体的ストレス、低繊維食などさまざまな因子が複雑に関与しており、腸管の運動が亢進することで便通異常や腹部症状が生じています。

 

イリボー[ラモセトロン]の作用機序、特徴

過敏性腸症候群では、下痢型・便秘型・交換型[下痢と便秘が交互]の3つに分かれます。

 

下痢型・便秘型には、止痢薬・整腸薬・緩下薬が使用されます。
交換型には、下痢・便秘いずれにも対応できる薬が使用されます。

 

イリボーは、下痢時に使用できる過敏性腸症候群治療薬です。
発売当初は、男性にのみ適応がありましたが、2015年に女性に対しても効能効果が追加され、男性の半量2.5μgで使用が可能となっています。

 

イリボーの成分ラモセトロンは、便通異常と腹痛の改善に働きます。
イリボーは、セロトニン5-HT3受容体を阻害することで、アセチルコリンの遊離を抑制し便通以上の改善に、また、痛覚の伝達を遮断し腹痛の改善に働きます。

 

イリボー作用機序 

 

やっくん

イリボー[ラモセトロン]は、セロトニン5-HT3受容体を遮断することで、過剰な腸の働きを抑えます

 

イリボー[ラモセトロン]の副作用

イリボー[ラモセトロン]は、過敏性腸症候群による下痢などの消化器症状の治療薬として、2008年に発売された薬です。

 

主な副作用としては、便秘[2.2%]、硬便[0.9%]などが挙げられます。

 

イリボー[ラモセトロン]の禁忌

  • 特になし
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ

合わせて読みたいページ

タガメットの作用機序、特徴、副作用
ザンタックの作用機序、特徴、副作用
アシノンの作用機序、特徴、副作用
ガスターの作用機序、特徴、副作用
アルタットの作用機序、特徴、副作用
ストガー、プロテカジンの作用機序、特徴、副作用
オメプラールの作用機序、特徴、副作用
タケプロンの作用機序、特徴、副作用
パリエットの作用機序、特徴、副作用
ネキシウムの作用機序、特徴、副作用
タケキャブの作用機序、特徴、副作用
炭酸水素ナトリウムの作用機序、特徴、副作用
乾燥水酸化アルミニウムの作用機序、特徴、副作用
マグミット、マグラックスの作用機序、特徴、副作用
マーロックスの作用機序、特徴、副作用
コランチルの作用機序
チアトンの作用機序、特徴、副作用
ストロカインの作用機序、特徴、副作用
アルサルミンの作用機序、特徴、副作用
イサロンの作用機序、特徴、副作用
ガスロンNの作用機序、特徴、副作用
ノイエルの作用機序、特徴、副作用
ガストロームの作用機序、特徴、副作用
プロマックDの作用機序
アルロイドGの作用機序、特徴、副作用
ゲファニールの作用機序、特徴、副作用
セルベックスの作用機序、特徴、副作用
ソロンの作用機序、特徴、副作用
マーズレンの作用機序、特徴、副作用
ムコスタの作用機序、特徴、副作用
サイトテックの作用機序、特徴、副作用
ドグマチールの作用機序:胃潰瘍薬
ランサップの作用機序
ラベキュアの作用機序
ボノサップの作用機序、特徴、副作用
ランピオンの作用機序
ラベファインの作用機序
ボノピオンの作用機序、特徴、副作用
ガスコンの作用機序、特徴、副作用
ブスコパンの作用機序、特徴、副作用
グルカゴンGノボ注射の作用機序、特徴、副作用
ミンクリアの作用機序、特徴、副作用
プロナーゼMS[プロナーゼ]作用機序、特徴、副作用
ガスモチンの作用機序、特徴、副作用
セレキノンの作用機序、特徴
ガナトンの作用機序、特徴
コロネル、ポリフルの作用機序、特徴
ナウゼリンの作用機序・特徴
プリンペランの作用機序・特徴
リパクレオンの作用機序、特徴、副作用

TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職