プロナーゼMS[プロナーゼ]作用機序、特徴、副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加   

プロナーゼMS[プロナーゼ]:胃内粘液の溶解・除去薬

腹痛イラスト

 

プロナーゼMS[プロナーゼ]は、胃内視鏡検査における胃内粘液の溶解・除去薬として、胃内視鏡検査の前処置に使用される薬です。

 

内視鏡検査の際、より正確な検査結果を得るために、前処置が行われます。

 

  • 胃の中にガスでできた泡の除去
  • 胃の粘液の除去
  • 胃の運動を抑制

が内視鏡前処置として行われます。

 

プロナーゼMSは、胃の粘液を取り除く目的で、内視鏡の前処置で使用されています。

 

プロナーゼMS[プロナーゼ]の作用機序、特徴

内視鏡検査時、胃には自らを守るために多くの粘液が付着しています。
正確な診断を行うために、一時的にこの粘液を取り除き洗浄しなければなりません。

 

この胃の粘液の主成分は、糖タンパク質のムチンです。
 
プロナーゼMSは、タンパク分解酵素の本体であるため、ムチンのペプチド結合を切断することで、粘液を除去する薬です。

 

 

プロナーゼMS作用機序 

 

やっくん

プロナーゼMS[プロナーゼ]は、粘液の主成分ムチンのペプチド結合を切断することで、粘液を溶かしさらさらにします。

 

プロナーゼMSの特徴:常温で投与

プロナーゼMSはタンパク分解酵素のため、低温ではうまく作用しない場合があります。

 

そのため、使用する際には、直前に常温程度まで戻すとより効果的でしょう。

 

プロナーゼMSの特徴:炭酸水素ナトリウム[重曹]を同時に服用する理由

炭酸水素ナトリウム[重曹]は、アルカリを示すため制酸薬として使用されています。

 

プロナーゼMSの至適pHは7~10と弱アルカリ性です。
つまり、プロナーゼの活性を上げるために、炭酸水素ナトリウムが併用されているのです。

 

プロナーゼMS[プロナーゼ]の副作用

プロナーゼMS[プロナーゼ]は、胃内視鏡検査における胃の粘液の溶解・除去薬として、1995年に発売された薬です。

 

主な副作用としては、胃出血(0.05%)が挙げられます。

 

プロナーゼMS[プロナーゼ]の禁忌

  • 胃内出血[粘液の除去に伴い、出血が悪化するおそれがあります。]
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ

合わせて読みたいページ

タガメットの作用機序、特徴、副作用
ザンタックの作用機序、特徴、副作用
アシノンの作用機序、特徴、副作用
ガスターの作用機序、特徴、副作用
アルタットの作用機序、特徴、副作用
ストガー、プロテカジンの作用機序、特徴、副作用
オメプラールの作用機序、特徴、副作用
タケプロンの作用機序、特徴、副作用
パリエットの作用機序、特徴、副作用
ネキシウムの作用機序、特徴、副作用
タケキャブの作用機序、特徴、副作用
炭酸水素ナトリウムの作用機序、特徴、副作用
乾燥水酸化アルミニウムの作用機序、特徴、副作用
マグミット、マグラックスの作用機序、特徴、副作用
マーロックスの作用機序、特徴、副作用
コランチルの作用機序
チアトンの作用機序、特徴、副作用
ストロカインの作用機序、特徴、副作用
アルサルミンの作用機序、特徴、副作用
イサロンの作用機序、特徴、副作用
ガスロンNの作用機序、特徴、副作用
ノイエルの作用機序、特徴、副作用
ガストロームの作用機序、特徴、副作用
プロマックDの作用機序
アルロイドGの作用機序、特徴、副作用
ゲファニールの作用機序、特徴、副作用
セルベックスの作用機序、特徴、副作用
ソロンの作用機序、特徴、副作用
マーズレンの作用機序、特徴、副作用
ムコスタの作用機序、特徴、副作用
サイトテックの作用機序、特徴、副作用
ドグマチールの作用機序:胃潰瘍薬
ランサップの作用機序
ラベキュアの作用機序
ボノサップの作用機序、特徴、副作用
ランピオンの作用機序
ラベファインの作用機序
ボノピオンの作用機序、特徴、副作用
ガスコンの作用機序、特徴、副作用
ブスコパンの作用機序、特徴、副作用
グルカゴンGノボ注射の作用機序、特徴、副作用
ミンクリアの作用機序、特徴、副作用
ガスモチンの作用機序、特徴、副作用
セレキノンの作用機序、特徴
ガナトンの作用機序、特徴
コロネル、ポリフルの作用機序、特徴
イリボーの作用機序、特徴
ナウゼリンの作用機序・特徴
プリンペランの作用機序・特徴
リパクレオンの作用機序、特徴、副作用

TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職