花粉症・アレルギーの薬一覧表

花粉症・アレルギーの薬

抗ヒスタミン薬(第一世代)

 

抗ヒスタミン薬(第二世代)

点眼薬

 

内服薬

 

抗ヒスタミン配合薬

 

ケミカルメディエーター遊離抑制薬

 

トロンボキサンA2[TXA2]阻害薬

 

ロイコトリエン[LT]拮抗薬

 

Th2サイトカイン阻害薬

 

ステロイド薬

点鼻薬

 

内服薬

 

その他

花粉症・アレルギーの薬一覧表記事一覧

レスタミンコーワ[ジフェンヒドラミン]作用機序、特徴、副作用

レスタミンコーワ[ジフェンヒドラミン]は、花粉症やアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を...

≫続きを読む

タベジール[クレマスチン]作用機序、特徴、副作用

タベジール[クレマスチン]は、花粉症やアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示します。こ...

≫続きを読む

アタラックス[ヒドロキシジン]作用機序、特徴、副作用

アタラックス[ヒドロキシジン]は、花粉症やアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示します...

≫続きを読む

ポララミン[クロルフェニラミン]作用機序、特徴、副作用

ポララミン[クロルフェニラミン]は、花粉症やアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示しま...

≫続きを読む

ペリアクチン[シプロヘプタジン]作用機序、特徴、副作用

ペリアクチン[シプロヘプタジン]は、花粉症やアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示しま...

≫続きを読む

リボスチン[レボカバスチン]作用機序、特徴、副作用

リボスチン[レボカバスチン]は、アレルギー性結膜炎の点眼薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示します。ここで...

≫続きを読む

パタノール[オロパタジン]作用機序、特徴、副作用

パタノール[オロパタジン]は、アレルギー性結膜炎の点眼薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示します。ここでは...

≫続きを読む

ニポラジン、ゼスラン[メキタジン]作用機序、特徴、副作用

ニポラジン、ゼスランは、気管支喘息や花粉症などのアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示...

≫続きを読む

アゼプチン[アゼラスチン]作用機序、特徴、副作用

アゼプチン[アゼラスチン]は、花粉症をはじめとしたアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を...

≫続きを読む

ザジテン[ケトチフェン]作用機序、特徴、副作用

ザジテン[ケトチフェン]は、花粉症をはじめとしたアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示...

≫続きを読む

アレグラ[フェキソフェナジン]作用機序、特徴、副作用

アレグラ[フェキソフェナジン]は、花粉症をはじめとしたアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作...

≫続きを読む

エバステル[エバスチン]作用機序、副作用、特徴

エバステル[エバスチン]は、花粉症をはじめとしたアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示...

≫続きを読む

ジルテック[セチリジン]作用機序、副作用、特徴

ジルテック[セチリジン]は、花粉症をはじめとしたアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示...

≫続きを読む

ザイザル[レボセチリジン]作用機序、副作用、特徴

ザイザル[レボセチリジン]は、花粉症をはじめとしたアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を...

≫続きを読む

レミカット、ダレン[エメダスチン]作用機序、副作用、特徴

レミカット、ダレン[エメダスチン]は花粉症やアレルギー鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示します...

≫続きを読む

タリオン[ベポタスチン]作用機序、副作用、特徴

タリオン[ベポタスチン]は、花粉症をはじめとしたアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示...

≫続きを読む

アレロック[オロパタジン]作用機序、副作用、特徴

アレロック[オロパタジン]は、花粉症をはじめとしたアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を...

≫続きを読む

クラリチン[ロラタジン]作用機序、副作用、特徴

クラリチン[ロラタジン]は、花粉症やアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示します。ここ...

≫続きを読む

セルテクト[オキサトミド]作用機序、副作用、特徴

セルテクト[オキサトミド]は、花粉症やアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示します。こ...

≫続きを読む

アレジオン[エピナスチン]作用機序、副作用、特徴

アレジオン[エピナスチン]は、花粉症をはじめとしたアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を...

≫続きを読む

ビラノア[ビラスチン]作用機序、副作用、特徴

ビラノア[ビラスチン]は、花粉症をはじめとしたアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作用を示し...

≫続きを読む

デザレックス[デスロラタジン]作用機序、クラリチンとの違い

デザレックス[デスロラタジン]は、花粉症をはじめとしたアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作...

≫続きを読む

セレスタミン[ベタメタゾン,クロルフェニラミン]作用機序、特徴

セレスタミン[ベタメタゾン/クロルフェニラミン]は、じんましん・花粉症やアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合するこ...

≫続きを読む

ディレグラ[プソイドエフェドリン・フェキソフェナジン]作用機序

ディレグラ[プソイドエフェドリン/クフェキソフェナジン]は、じんましん・花粉症やアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結...

≫続きを読む

インタール[クロモグリク酸]作用機序、副作用、特徴

インタール[クロモグリク酸]は花粉症などのアレルギー性鼻炎や気管支喘息の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン”といった生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンを例にどのようにアレルギー症状が起こるのかを見てみま...

≫続きを読む

リザベン[トラニラスト]作用機序、副作用、特徴

リザベン[トラニラスト]は花粉症などのアレルギー性鼻炎や気管支喘息の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン”といった生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンを例にどのようにアレルギー症状が起こるのかを見てみましょ...

≫続きを読む

ケタス[イブジラスト]作用機序、副作用、特徴

ケタス[イブジラスト]は花粉症などのアレルギー性鼻炎や気管支喘息の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン”といった生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンを例にどのようにアレルギー症状が起こるのかを見てみましょう...

≫続きを読む

アレギサール[ぺミロラスト]作用機序、副作用、特徴

アレギサール[ペミロラスト]は花粉症などのアレルギー性鼻炎や気管支喘息の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン”といった生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンを例にどのようにアレルギー症状が起こるのかを見てみま...

≫続きを読む

オノン[プランルカスト]作用機序、副作用、特徴

オノン[プランルカスト]は花粉症などのアレルギー性鼻炎や気管支喘息の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン”といった生理活性物質を放出することが原因で起こります。ロイコトリエンを例にどのようにアレルギー症状が起こるのかを見てみま...

≫続きを読む

アコレート[ザフィルルカスト]作用機序、副作用、特徴

アコレート[ザフィルルカスト]は花粉症などのアレルギー性鼻炎や気管支喘息の治療薬として使用されていました。現在は、販売中止になっている薬であり、2015年3月末で経過措置が終了しています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン”といった生理活性物質を放出する...

≫続きを読む

キプレス、シングレア[モンテルカスト]作用機序、副作用、特徴

キプレス、シングレア[モンテルカスト]は花粉症などのアレルギー性鼻炎や気管支喘息の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン”といった生理活性物質を放出することが原因で起こります。ロイコトリエンを例にどのようにアレルギー症状が起こる...

≫続きを読む

アイピーディ[スプラタスト]作用機序、副作用、特徴

アイピーディ[スプラタスト]は花粉症などのアレルギー性鼻炎や気管支喘息、アトピー性皮膚炎の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン”といった生理活性物質を放出することが原因で起こります。ロイコトリエンを例にどのようにアレルギー症状...

≫続きを読む

ドメナン、ベガ[オザグレル]作用機序、副作用、特徴

ドメナン、ベガ[オザグレル]は気管支喘息の治療薬として使用されています。花粉症・気管支喘息などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン”といった生理活性物質を放出することが原因で起こります。トロンボキサンを例にどのようにアレルギー症状が起こるのかを見てみましょう。トロン...

≫続きを読む

ブロニカ[セラトロダスト]作用機序、副作用、特徴

ブロニカ[セラトロダスト]は気管支喘息の治療薬として使用されています。花粉症・気管支喘息などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン”といった生理活性物質を放出することが原因で起こります。トロンボキサンを例にどのようにアレルギー症状が起こるのかを見てみましょう。トロンボ...

≫続きを読む

バイナス[ラマトロバン]作用機序、副作用、特徴

バイナス[ラマトロバン]はアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。花粉症・気管支喘息などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン”といった生理活性物質を放出することが原因で起こります。トロンボキサンを例にどのようにアレルギー症状が起こるのかを見てみましょう。トロ...

≫続きを読む

ナゾネックス[モメタゾンフランカルボン酸]作用機序、副作用、特徴

ナゾネックス[モメタゾンフランカルボン酸]は、花粉症やアレルギー性鼻炎などの治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざま...

≫続きを読む

フルナーゼ[フルチカゾンプロピオン酸]作用機序、副作用、特徴

フルナーゼ[フルチカゾンプロピオン酸]は、花粉症やアレルギー性鼻炎などの治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざまな作...

≫続きを読む

アラミスト[フルチカゾンフランカルボン酸]作用機序、副作用、特徴

アラミスト[フルチカゾンフランカルボン酸]は、花粉症やアレルギー性鼻炎などの治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで、さまざま...

≫続きを読む

エリザス[デキサメタゾン]作用機序、副作用、特徴

気管支喘息・花粉症・アレルギーの原因エリザス[デキサメタゾン]は、花粉症やアレルギー性鼻炎などの治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合...

≫続きを読む

リンデロン[ベタメタゾン]作用機序、副作用、特徴

リンデロン[ベタメタゾン]は、気管支喘息・花粉症やアレルギー性鼻炎などさまざまな疾患の治療薬として使用されています。花粉症などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン”という生理活性物質を放出することが原因で起こります。ヒスタミンの働き・受容体の違いヒスタミンはいくつかのタイプの受容体に結合することで...

≫続きを読む

小児に用いられる抗アレルギー薬の味一覧表

小児や乳幼児の親御さんから、粉薬の味について聞かれることがあるかと思います。小児に用いられる抗アレルギー薬の味を一覧表にまとめてみました。分類一般名製品名味抗ヒスタミン薬(第一世代)シプロヘプタジンペリアクチン甘い果実様ヒドロキシジンアタラックス甘いマレイン酸クロルフェニラミンポララミンオレンジ抗ヒ...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職