バイナス[ラマトロバン]作用機序、副作用、特徴

2017年12月4日

花粉症薬イラスト

スポンサーリンク

バイナス[ラマトロバン]:花粉症・アレルギー治療薬

バイナス[ラマトロバン]はアレルギー性鼻炎の治療薬として使用されています。

花粉症・気管支喘息などのアレルギー反応は、体内で“ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン”といった生理活性物質を放出することが原因で起こります。

トロンボキサンを例にどのようにアレルギー症状が起こるのかを見てみましょう。

トロンボキサンの働き

花粉症・気管支喘息・アレルギーの原因となるトロンボキサンは、アレルギー源が体内に入った際に肥満細胞から分泌され、トロンボキサンA2[TXA2]受容体に働くことで、アレルギー源を除去するようにと働きます。
その結果、気管支が収縮され、喘息症状が発現するのです。

アレルギー反応原因

バイナス[ラマトロバン]の作用機序、特徴

アレルギー症状を引き起こす原因物質であるヒスタミンやロイコトリエンといった生理活性物質をケミカルメディエータ―[化学伝達物質]と言います。

花粉症や気管支喘息のアレルギー反応は、体内でケミカルエディエーターを放出することが原因で起こります。

バイナスは、ケミカルメディエーターの一種「トロンボキサン」の作用を抑える薬です。

バイナスは、トロンボキサンが肥満細胞から遊離した後に結合する、トロンボキサンA2受容体を阻害することで、アレルギー症状や喘息症状を和らげるのです。

バイナス作用機序

やっくん

やっくん

バイナス[ラマトロバン]トロンボキサンA2受容体を阻害を示すことで、気管支の収縮を抑制し、気管支喘息症状を改善します。

バイナスは、トロンボキサンA2受容体の阻害作用以外にも、プロスタグランジンD2受容体阻害作用を示します。

そのため、アレグラアレジオンといった第二世代の抗ヒスタミン薬が示す、ケミカルメディエーター遊離抑制作用を持ち合わせています。

バイナス[ラマトロバン]の副作用

バイナス[ラマトロバン]は、2000年にアレルギー性鼻炎の治療薬として承認された薬です。

代表的な副作用としては、腹痛[1.21%]、頭痛・頭重[1.13%]、眠気[0.97%]、発疹[0.65%]、嘔気[0.65%]、下痢[0.56%]などが挙げられます。

臨床検査値の異常は、AST (GOT)上昇[3.65%]、ALT(GPT)上昇[4.13%]、γ-GTP上昇[3.64%]、Al-P上昇[1.86%]、LDH上昇[1.70%]及びビリルビン上昇[0.80%]などが挙げられます。

バイナス[ラマトロバン]の禁忌

  • なし

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました!

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)