薬局薬剤師の仕事内容

薬局薬剤師の仕事内容

薬局薬剤師の仕事内容記事一覧

薬の卸売業者

そもそも薬は、市販薬と処方薬の大きく2つに分かれます。       市販薬は医者からの処方箋がなくても、薬局やドラッグストアで購入できる医薬品です。主に第○類医薬品と呼ばれるものです。処方薬は処方箋がないと患者さんにお渡しできない医薬品です。一部、調剤薬局で購入できる薬もありますが、ここでは割愛しま...

≫続きを読む

薬が患者さんに渡るまで

薬局と言えば、「お医者さんから貰った処方箋を受け付けてくれる場所」というイメージでしょうか?中にいる薬剤師さんがどんなことをしているのか?学生の方や一般の方はあまり薬剤師の仕事内容について想像がつかないかもしれません(^_^;)実は薬局内では、患者さんにお薬が渡るまでに7つの工程を行っています。処方...

≫続きを読む

処方箋受付

患者さんから処方箋を受け取るときに重要なのは、初めての患者さんか、これまでに薬局に来たことがある患者さんかです。初めての患者さんの場合どうしても2度手間になってしまいますが、病院やクリニックと同様、問診票を書いてもらう必要があります。この問診票は非常に重要です。アレルギー歴他にどんな薬を飲んでいるか...

≫続きを読む

保険証確認

病院やクリニックなどの医療機関において保険証を確認することは必須です。そのため、調剤薬局において保険証を確認することは、ほとんどありません。なぜなら、病院やクリニックで保険証の確認をすでに行っており、処方箋に保険番号というものが記載されているからです。ただし、この健康保険ですが、期限があったり、転職...

≫続きを読む

お薬手帳

みなさんはお薬手帳というものをご存知でしょうか?   名前の通り、どんなお薬をいつから飲んでいるかがわかる手帳です。薬局へ行くとお薬手帳を勧められたことがあるかもしれません。後述しますが、今飲んでいる薬をひとつの手帳で管理し、病院間・薬局間で情報を共有することを目的としています。右上の写真の場合では...

≫続きを読む

処方・薬歴確認[処方監査]

調剤業務に入る前にすることが望ましい作業があります。それは、処方せんの内容の確認[処方監査]です。最近では、医療事務さんが処方入力をすれば、自動的に調剤をしてくれる機械が導入されている薬局もあります。しかし、この場合は、飲み合わせが問題ないか?などの処方監査ができないので注意が必要です。処方せんの内...

≫続きを読む

調剤

調剤には主に4つの方法がありますピッキングすでに出来上がっている薬(ヒート)を必要量数える計量混合粉薬・シロップ剤・軟膏剤などを混ぜる自家製剤欲しい量が錠剤で得られないときに、半分に割ったり、粉砕したりする一包化飲み忘れや、自分自身が飲めないとき、1回分ずつに分包する

≫続きを読む

監査

監査とは?監査とは、薬の処方及び、薬の調剤が適切に行われているかを確認することが目的です。調剤過誤や医療事故を防ぐためにも、調剤する薬剤師と監査する薬剤師は別々にしましょう!それでは、具体的に何をチェック[監査]するか見ていきます。

≫続きを読む

投薬

投薬時の流れを簡単に示してみますね↓これはあくまでも私のやり方なので、投薬の方法はひとそれぞれかと思います。ただし、投薬をしている際に一番注意していることがあります。何だかわかりますか?薬剤師側が一方的に話さずに、患者さんから話してもらうように持って行くということです。ただし、すべての人に対して行う...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職