お薬手帳とは?

2017年12月8日

みなさんはお薬手帳というものをご存知でしょうか?

お薬手帳   お薬手帳内容

名前の通り、どんなお薬をいつから飲んでいるかがわかる手帳です。

薬局へ行くとお薬手帳を勧められたことがあるかもしれません。

後述しますが、今飲んでいる薬をひとつの手帳で管理し、病院間・薬局間で情報を共有することを目的としています。

右上の写真の場合では、患者さんはロキソニンという痛み止めと胃薬のムコスタを以前飲んだことがあるんだなぁということがお薬手帳からわかります。

やっくん

やっくん

お薬手帳は、今飲んでいるお薬や、これまでに服用していたお薬の情報が書いてあります。

 

お薬手帳ってなんで持ってこないといけないの?と言われたときに、しっかりと説明できるように練習しておきましょう!

スポンサーリンク

お薬手帳の必要性:必ず必要か?

どうしてお薬手帳が必要なのか?

それでは、本題のどうしてお薬手帳が必要なのかを考えてみましょう!

お薬手帳が無い場合

患者さんはA病院の内分泌内科とB病院の整形外科に通院しています。

A病院のお薬はA調剤薬局で、B病院のお薬はB調剤薬局で貰っています。

お薬手帳必要

患者さんが正確に飲んでいる薬を覚えていれば良いのですが、

これだと、B病院とBの調剤薬局は困ってしまいます

やっくん

やっくん

複数の医療機関にかかっている場合、どこでどの薬を貰っているかわからないのです。

お薬手帳があると・・・

   お薬手帳必要

お薬手帳にA病院の処方内容○○と△△ が書いてあります。

そのため、B病院の先生がお薬手帳を見れば、

「A病院では、○○と△△を飲んでるんですね。それなら、○○と△△と一緒に飲んでも問題のない□□のお薬を処方しておきます。」

となるわけです。

やっくん

やっくん

お薬手帳は、患者さんに必要なものではなく、病院や薬局といった医療機関が必要としているのです。

それなら、お薬手帳は必ず必要なものか、というとそうでもありません。

あくまでも個人的な意見ですが、私がお薬手帳が必要ないかな?と思うのは以下の方々です↓

  • 若い方が風邪を引いたであったり、花粉症であったりと、お薬を一時的に飲む場合
  • 同じお薬を長期的に服用している場合

そもそも、お薬を飲む習慣がない人は、お薬手帳は必要ありません。

たとえば風邪や花粉症など短期的に同じお薬を飲む場合は、必要ないでしょう。

また、結構多いですが、同じお薬を飲み続けている人も、お薬手帳は必要ありません。

今飲んでいるお薬が何かわかればいいので、飲んでいるお薬の内容が変わったときのみお薬手帳が必要になります。

やっくん

やっくん

つまり、お薬手帳はすべての患者さんに必要なわけではありません!
複数の医療機関[病院、クリニック、調剤薬局]に通う可能性がある方に必要となるのです。

2016年の診療報酬改定では、お薬手帳の普及率を高めるために、スマホのアプリを使った電子お薬手帳の使用が認められています。

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)