薬の卸売業者

このエントリーをはてなブックマークに追加   

市販薬と処方薬の違い

そもそも薬は、市販薬処方薬の大きく2つに分かれます。

 

       市販薬処方薬違い

 

市販薬は医者からの処方箋がなくても、薬局やドラッグストアで購入できる医薬品です。
主に第○類医薬品と呼ばれるものです。

 

処方薬処方箋がないと患者さんにお渡しできない医薬品です。
一部、調剤薬局で購入できる薬もありますが、ここでは割愛します。

 

やっくん

では、この市販薬や処方薬は製薬会社が作ってるわけですが、どうやって薬局まで運ばれているんでしょうか??

 

 

薬の卸売業者:薬局は製薬会社から薬を購入するわけではない

お薬の前に、私たちが普段コンビニやスーパーで買う製品はどうやってお店に並ぶんでしょうか?

 

食材流れ 

 

農家で摂れた野菜は仲介業者を経て、スーパーに並びますよね。

 

医薬品業界にも卸売業という、製薬会社と病院や薬局といった医療機関を結ぶ仲介業者さんがいます。

 

卸売業は薬局ではよくある[あってはいけないんですがあるんです(^_^;)]次のケースの救世主なのです。

 

 

患者さんに必要な薬が薬局に在庫がない・・・

 

 

薬を注文しようにも、製薬メーカーはたとえ大手であっても、全国47都道府県に倉庫があるわけではありません。宅配便で薬を運んでいたら1日以上かかってしまいます。

 

それをすぐさま解決してくれるのが卸売業です。

 

薬購入流れ

 

 

卸売業者は、ほとんどの製薬会社の薬を全国各地の物流センターに保管しています。

 

そのため、薬局で欲しい薬を午前中に薬を注文すれば、午後には薬局に届けてくれるのです。

 

このように、薬局では製薬メーカーだけではなく、卸売業者さんとも良い関係を作っていく必要があるんですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職