調剤

このエントリーをはてなブックマークに追加   

調剤

調剤には主に4つの方法があります

やっくん

ピッキング
  • すでに出来上がっている薬(ヒート)を必要量数える

やっくん

計量混合
  • 粉薬・シロップ剤・軟膏剤などを混ぜる

やっくん

自家製剤
  • 欲しい量が錠剤で得られないときに、半分に割ったり、粉砕したりする

やっくん

一包化
  • 飲み忘れや、自分自身が飲めないとき、1回分ずつに分包する

 

調剤方法:ピッキング

ピッキング

調剤棚から処方箋に書かれてあるお薬を選びます。
このときは以下の3つに注意します。

 

  1. 規格間違い
  2. 名前間違い
  3. 数量間違い

 

  • 例.プラビックス75mg錠 1錠 朝食後 28日分

 

上記の処方の場合、
規格=75mg
名前=プラビックス
数量=28錠

 

間違いの中でどうしても多いのが、規格や数量の間違いです。
そのため、名前や規格の間違い防止のための、グッズも販売されています。

 

調剤方法:計量混合

計量混合

いわゆるお薬同士の混ぜ合わせです。
このときは以下の3つに注意します。

 

  1. 適切な量か
  2. 適切な組み合わせか
  3. 長期保存は大丈夫か

 

粉薬

粉薬同士を混ぜ合わせる場合は、含量低下による変色に注意しましょう。
また、中には吸湿性が高く、変色するものもあります。

 

シロップ剤

雑菌の繁殖が考えられるため、長期間の保存ができません。

 

14日分の処方が出たときなど2つの容器に分ける際、注意が必要です。
2つの容器に分けてお渡しする際は、一方は薄めずに原液のままお渡しします。

 

やっくん

患者さんには、飲む直前に水道水で薄めてもらうようにしましょう。

 

軟膏剤

クリーム剤と軟膏剤など、組み合わせによっては分離してしまうものがあります。

 

やっくん

粉薬・シロップ剤・軟膏剤いずれも混合する際は、配合変化ハンドブック等で確認しましょう。

 

調剤方法:自家製剤

自家製剤

ステロイドのように細かく調節する薬などを、1/2や1/4、粉砕して調剤することを指しています。
このときは、以下の3つに注意をします。

 

  1. 分割・粉砕したものは監査が難しいため、慎重に調剤する
  2. 粉砕できないお薬もあるため、粉砕ハンドブック等で確認する
  3. 粉砕したものは特に、湿気の少ないところに保管する

 

調剤方法:一包化

高齢者の方は、たくさんのお薬を飲むケースが少なくありません。

 

そういった方が、飲み忘れや飲み間違いを防ぐために、お薬をひとつにまとめることを一包化といいます。

 

このときは、以下の3つに注意をします。

  1. 数だけでなく、薬に書かれてある識別コードも、ひとつひとつ確認する
  2. 下剤など、自分で調節するものは、別包にして渡す
  3. デパケン錠やプラザキサカプセルなど、一包化できない薬に注意する
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職