転職成功の秘訣:合わない転職エージェントは変更・交代する

2017年12月8日

イライライラスト

スポンサーリンク

合わない転職エージェントが担当者になった場合は変更を申し出る

薬剤師の転職エージェントの中には、自分には合わない・対応の悪い転職エージェントがいることを紹介しました。

このような転職エージェントが担当者に当たってしまった場合どうすればよいでしょうか?

多くの場合は、合わないなぁと思いながらもそのまま我慢して求人の紹介をお願いするのではないでしょうか?

実は私もそうでした。

しかし、私は転職活動終了時に大変後悔しました。

他社経由の内定を承諾すると伝えた際に、ひどい引き留めにあったのです。

転職とは人生のターニングポイントであると私は考えています。

このことを理解できない利益重視の転職エージェントに当たってしまった場合は、担当者の変更を申し出ましょう!

転職エージェントの担当者変更が可能な場合

実際、私はエージェント[担当者]の変更を行っていません。

ここからは、インターネット上の情報を集めただけなので、私の体験談ではありません。

実は、転職活動終了後に、エージェントの変更ができることを知ったのです。

基本的には、理由をお伝えすれば、エージェントの変更をしてもらえます。

もちろん、こちらに落ち度があってはいけません。

  • 転職の意思がない
  • 言っていることがはっきりせず曖昧
  • 顧客なんだからと上から目線
  • 希望条件が実現不可能
  • 嘘の情報を伝えてある

このようなことがあれば、まともに対応して頂けないのは当然です。

上記5つの項目は、転職エージェント側がこんな顧客はまともに対応できないとアンケート結果で出ている項目です。

まずは、良好な信頼関係を築けるように、求職者[薬剤師]側も努力しなければならないのです。

転職エージェントの担当者変更を申し出る方法

こちらに落ち度がない場合でもエージェントと合わないと感じたら、エージェントの変更を申し出ましょう!

これまでお世話になっていますので、直接伝えることが望ましいですが、電話で話しにくければ、メールでも構いません。

必ず理由を踏まえて伝えるようにしましょう!

私の場合ですと、

「担当者の言っていることが180度変わることがあり信用できない。しっかりと信頼関係を築ける担当者に変更して欲しい。」
「私の希望する求人ではなく、担当者の都合の良い求人を紹介されている気がする。実際、他社からは私の希望する求人をいくつも紹介してもらっている。他の担当者にもう一度調べてもらうことはできないか?」

などが該当するでしょうか?

社内での評価が下がるため、もしかしたらエージェントの変更を渋られるかもしれません。

その場合は、本社の問い合わせ先に連絡を入れるか上司に取り次ぐようにお願いすると良いでしょう!
[この場合は、ほぼクレーム状態になるのでなるべく避けたいですが(;^ω^)]

スポンサーリンク

人気のページ

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)