【実録】リクナビ薬剤師[リクルートメディカルキャリア]の口コミ、評判、感想

2017年12月8日

スポンサーリンク

リクナビ薬剤師[リクルートメディカルキャリア]とは?

リクナビ薬剤師とは、株式会社リクルートホールディングスが運営する転職の人材紹介サービス[リクルートメディカルキャリア]の一部です。

リクナビ薬剤師

株式会社リクルートメディカルキャリアは、株式会社日本医療情報センターとして1979年9月に設立しました。

1980年11月にドクター紹介部門が発足し、2009年5月にナース紹介部門の『リクルートナースバンク』、2011年2月に薬剤師紹介部門の『薬剤師求人バンク』を開設しています。

薬剤師分野については、比較的に新しいため、そこまで多くの求人を持っているわけではありません。

しかし、リクルート、リクナビといった知名度から成長を続けている会社のひとつです。

実際にリクナビ薬剤師[リクルートメディカルキャリア]の転職サービスに登録してみましたので、その口コミ情報をお伝えします。

リクナビ薬剤師[リクルートメディカルキャリア]の求人紹介の流れ:電話面談

リクナビ薬剤師の求人紹介の流れは次の通りです。

リクナビ薬剤師の求人紹介流れ

1.登録後まもなく電話

リクナビ薬剤師に限らず、薬剤師転職サイトに登録した場合、必ず電話がかかってきます。

転職サイトによっては、1日に2~3回ほど連絡をするところもあります。

電話に出ることができれば、2.メールを飛ばしてそのまま、3.電話面談に入ります。

2.メールで電話面談の予約

電話に出れなければ[基本、日中に掛けてくるので出れないのですが]、メールで連絡がやってきます。

支店への来社をお願いしたい旨が記載されており、都合のつく日時を記載し返信します。

また、その際に履歴書[キャリアシート]や職務経歴書の提出を求める転職サイトもあります。

リクナビ薬剤師[リクルートメディカルキャリア]さんについても履歴書[キャリアシート]に加え職務経歴書を作成しなければなりません。

これがかなり詳細に記載しなければならず、登録する転職サイトが1つならいいのですが、3つ・4つ全ての転職会社の形式に合わせてるとなるとかなり手間になります。

そのため、私は、転職サイトを使用する場合、必ず履歴書キャリアシート[職務経歴書]を自分で作成し、全ての転職会社にメールで添付してお送りしています。

そうすると、履歴書・キャリアシート提出後は、他に書類を作成する必要はありません。

3.電話面談

リクナビ薬剤師の場合は、基本的には電話で面談を行います。

東京近郊に住んでいる場合は、東京本社での直接面談もあるようです。

電話面談は、30分程度になりますが、この面談が非常に重要です!

面談と言っても特に緊張することはありません。

給与、休日数、仕事内容、勤務地など転職先では何を重視するのか予め優先順位を付けておき、これからお世話になるエージェントさんに細かく要望を伝えましょう。

ここがぶれると本当に自分に合った求人を紹介してもらえません。

私の場合は、事前に履歴書、職務経歴書を提出していたため、その場で3件ほどオススメの求人をご紹介いただきました。

4.後日求人案内メールが届く、応募

リクナビ薬剤師さんの場合、電話面談の希望にしたがって、翌日[翌営業日]に求人の案内メールが届きます。

求人企業の特徴や、オススメの理由が記載されています。

しかし、元々取り扱っている求人数は少ないため、私の場合は3社ほど紹介いただきました。

リクナビ薬剤師[リクルートメディカルキャリア]のメリット

  • 完全無料
  • ブランド力があるため、求人に安心感がある
  • 面接時に過去どのような質問があったかを教えて頂けます。

リクナビ薬剤師[リクルートメディカルキャリア]のデメリット

面談が電話面談のため、次のようなデメリットがあります。

  • 自分の希望がうまく伝わらないときがある
  • 東京本社からの連絡のため、東京近郊以外の情報の信頼性に欠ける
  • 求人は大手が多く地域密着型の薬局の求人数が少ない

リクナビ薬剤師[リクルートメディカルキャリア]の詳細、登録



リクナビ薬剤師詳細ページ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

人気のページ

おすすめ求人情報

求人バナー

薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました!

薬剤師薬学生LINEスタンプ

Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)