血圧の薬一覧表

高血圧症の薬

利尿薬

サイアザイド利尿薬

 

ループ利尿薬

 

カリウム保持性利尿薬

 

その他

 

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬

1日1回

 

1日3回

 

アンジオテンシン受容体拮抗薬

 

アンジオテンシン受容体拮抗薬/利尿薬配合剤

 

α1遮断薬

 

β遮断薬

β1β2[非選択性]

 

β1のみ[選択性]

 

αも

 

カルシウム拮抗薬

作用時間短い[1日3回]

 

作用時間中程度[1日2回]

 

作用時間長い[1日1回]

 

アンジオテンシン受容体拮抗薬/カルシウム拮抗薬配合剤

 

アンジオテンシン受容体拮抗薬/カルシウム拮抗薬/利尿薬配合剤

  • テルミサルタン/アムロジピン/ヒドロクロロチアジド[ミカトリオ]

 

カルシウム拮抗薬/HMG-COA還元酵素阻害薬配合剤

  • アムロジピン/アトルバスタチン[カデュエット、アマルエット]

 

その他

  • ヒドララジン[アプレゾリン]
  • ニトロプルシド[ニトプロ]
  • クロニジン[カタプレス]
  • グアナベンズ[ワイテンス]
  • メチルドパ[アルドメット]

 

低血圧症の薬

  • ミドドリン[メトリジン]
  • エチレフリン[エホチール]
  • アメジニウム[リズミック]

血圧を上昇させる薬で、低血圧症の治療薬です。

血圧の薬一覧表記事一覧

フルイトラン[トリクロルメチアジド]作用機序、特徴、副作用

フルイトラン[トリクロルメチアジド]は利尿薬として使用されています。血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。ループ利尿薬...

≫続きを読む

バイカロン[メフルシド]作用機序、特徴、副作用

バイカロン[メフルシド]は利尿薬として使用されています。血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。ループ利尿薬はサイアザイ...

≫続きを読む

ナトリックス[インダパミド]作用機序、特徴、副作用

ナトリックス[インダパミド]は利尿薬として使用されています。血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。ループ利尿薬はサイア...

≫続きを読む

ラシックス[フロセミド]作用機序、特徴、副作用

ラシックス[フロセミド]は利尿薬、高血圧症治療薬として使用されています。血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。ループ利...

≫続きを読む

ルネトロン[ブメタニド]作用機序、特徴、副作用

ルネトロン[ブメタニド]は利尿薬として使用される治療薬です。血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。ループ利尿薬はサイア...

≫続きを読む

ダイアート[アゾセミド]作用機序、特徴、副作用

ダイアート[アゾセミド]は利尿薬として使用される治療薬です。血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。ループ利尿薬はサイア...

≫続きを読む

ルプラック[トラセミド]作用機序、特徴、副作用

ルプラック[トラセミド]は利尿薬として使用される治療薬です。血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。ループ利尿薬はサイア...

≫続きを読む

アルダクトン[スピロノラクトン]作用機序、特徴、副作用

アルダクトン[スピロノラクトン]は利尿薬として使用される治療薬です。血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。ループ利尿薬...

≫続きを読む

トリテレン[トリアムテレン]作用機序、特徴、副作用

トリテレン[トリアムテレン]は利尿薬として使用される治療薬です。血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。ループ利尿薬はサ...

≫続きを読む

セララ[エプレレノン]作用機序、特徴、副作用

セララ[エプレレレン]は利尿作用のある高血圧治療薬として使用される治療薬です。血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。ル...

≫続きを読む

ダイアモックス[アセタゾラミド]作用機序、特徴、副作用

ダイアモックス[アセタゾラミド]は利尿薬として使用される治療薬です。血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。ループ利尿薬...

≫続きを読む

イソバイド[イソソルビド]作用機序、特徴、副作用

イソバイド[イソソルビド]は利尿薬として使用される治療薬です。血圧降下薬として利尿薬を使う場合は、一般的にサイアザイド系利尿薬が使用されることが多く、特にeGFR[腎機能の指標]が30以上ではサイアザイド系利尿薬を用います。一方で、eGFRが30未満の場合はループ利尿薬を用います。ループ利尿薬はサイ...

≫続きを読む

ロンゲス[リシノプリル]作用機序、特徴、副作用

ロンゲス[リシノプリル]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管抵...

≫続きを読む

レニベース[エナラプリル]作用機序・特徴:高血圧治療薬

レニベース[エナラプリル]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管...

≫続きを読む

タナトリル[イミダプリル]作用機序、特徴、副作用

タナトリル[イミダプリル]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管...

≫続きを読む

エースコール[テモカプリル]作用機序、特徴、副作用

エースコール[テモカプリル]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血...

≫続きを読む

コナン[キナプリル]作用機序、特徴、副作用

コナン[キナプリル]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管抵抗血...

≫続きを読む

コバシル[ペリンドプリル]作用機序、特徴、副作用

コバシル[ペリンドプリル]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管...

≫続きを読む

カプトリル[カプトプリル]作用機序、特徴、副作用

カプトリル[カプトプリル]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管...

≫続きを読む

ニューロタン[ロサルタン]作用機序、特徴、副作用

ニューロタン[ロサルタン]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管...

≫続きを読む

ブロプレス[カンデサルタン]作用機序、特徴、副作用

ブロプレス[カンデサルタン]は高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管...

≫続きを読む

ディオバン[バルサルタン]作用機序、特徴、副作用

ディオバン[バルサルタン]は高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管抵...

≫続きを読む

ミカルディス[テルミサルタン]作用機序、特徴、副作用

ミカルディス[テルミサルタン]は高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血...

≫続きを読む

オルメテック[オルメサルタン]作用機序、特徴、副作用

オルメテック[オルメサルタン]は高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血...

≫続きを読む

アバプロ、イルベタン[イルベサルタン]作用機序、特徴、副作用

アバプロ、イルベタン[イルベサルタン]は高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍...

≫続きを読む

アジルバ[アジルサルタン]作用機序、特徴、副作用

アジルバ[アジルサルタン]は高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管抵...

≫続きを読む

プレミネント[ロサルタン/ヒドロクロロチアジド]作用機序、特徴、副作用

プレミネント[ロサルタン/ヒドロクロロチアジド]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります...

≫続きを読む

エカード[カンデサルタン/ヒドロクロロチアジド]作用機序、特徴、副作用

エカード[カンデサルタン/ヒドロクロロチアジド]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります...

≫続きを読む

コディオ[バルサルタン/ヒドロクロロチアジド]作用機序、特徴、副作用

コディオ[バルサルタン/ヒドロクロロチアジド]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。...

≫続きを読む

ミコンビ[テルミサルタン/ヒドロクロロチアジド]作用機序、特徴、副作用

ミコンビ[テルミサルタン/ヒドロクロロチアジド]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります...

≫続きを読む

イルトラ[イルベサルタン/トリクロルメチアジド]作用機序、特徴、副作用

イルトラ[イルベサルタン/トリクロルメチアジド]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります...

≫続きを読む

ミニプレス[プラゾシン]作用機序、特徴、副作用

ミニプレス[プラゾシン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管抵抗...

≫続きを読む

カルデナリン[ドキサゾシン]作用機序、特徴、副作用

カルデナリン[ドキサゾシン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管...

≫続きを読む

デタントール[ブナゾシン]作用機序、特徴、副作用

デタントール[ブナゾシン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管抵...

≫続きを読む

エブランチル[ウラピジル]作用機序、特徴、副作用:降圧薬

エブランチル[ウラピジル]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管抵...

≫続きを読む

インデラル[プロプラノロール]作用機序、特徴、副作用

インデラル[プロプラノロール]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血...

≫続きを読む

カルビスケン[ピンドロール]作用機序、特徴、副作用

カルビスケン[ピンドロール]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管...

≫続きを読む

ミケランLA[カルテオロール]作用機序、特徴、副作用

ミケランLA[カルテオロール]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血...

≫続きを読む

テノーミン[アテノロール]作用機序、特徴、副作用

テノーミン[アテノロール]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管抵...

≫続きを読む

メインテート[ビソプロロール]作用機序、特徴、副作用

メインテート[ビソプロロール]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血...

≫続きを読む

セロケン[メトプロロール]作用機序、特徴、副作用

セロケン、ロプレソール[メトプロロール]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心...

≫続きを読む

ケルロング[ベタキソロール]作用機序、特徴、副作用

ケルロング[ベタキソロール]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管...

≫続きを読む

セレクトール[セリプロロール]作用機序、特徴、副作用

セレクトール[セリプロロール]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血...

≫続きを読む

アルマール[アロチノロール]作用機序、特徴、副作用

アロチノロール[旧名アルマール]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×...

≫続きを読む

アーチスト[カルベジロール]作用機序、特徴、副作用

アーチスト[カルベジロール]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管...

≫続きを読む

ペルジピン[ニカルジピン]作用機序、特徴、副作用

ペルジピン[ニカルジピン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管抵...

≫続きを読む

アダラートカプセル[ニフェジピン]作用機序、特徴、副作用

アダラートカプセル[ニフェジピン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量...

≫続きを読む

ヘルベッサー[ジルチアゼム]作用機序、特徴、副作用

ヘルベッサー[ジルチアゼム]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管...

≫続きを読む

ワソラン[ベラパミル]作用機序、特徴、副作用

ワソラン[ベラパミル]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管抵抗血...

≫続きを読む

ペルジピンLA[徐放ニカルジピン]作用機序、特徴、副作用

ペルジピンLA[徐放ニカルジピン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量...

≫続きを読む

アダラートL[徐放ニフェジピン]作用機序、特徴、副作用

アダラートL[徐放ニフェジピン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×...

≫続きを読む

アダラートCR[徐放ニフェジピン]作用機序、特徴、副作用

アダラートCR[徐放ニフェジピン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量...

≫続きを読む

ヘルベッサーR[徐放ジルチアゼム]作用機序、特徴、副作用

ヘルベッサーR[徐放ジルチアゼム]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量...

≫続きを読む

バイミカード[ニソルジピン]作用機序、特徴、副作用

バイミカード[ニソルジピン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管...

≫続きを読む

カルスロット[マニジピン]作用機序、特徴、副作用

カルスロット[マニジピン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管抵...

≫続きを読む

ランデル[エホニジピン]作用機序、特徴、副作用

ランデル[エホニジピン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管抵抗...

≫続きを読む

アテレック、シナロング[シルニジピン]作用機序、特徴、副作用

アテレック、シナロング[シルニジピン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍...

≫続きを読む

ノルバスク、アムロジン[アムロジピン]作用機序、特徴、副作用

ノルバスク、アムロジン[アムロジピン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍...

≫続きを読む

コニール[ベニジピン]作用機序、特徴、副作用

コニール[ベニジピン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血管抵抗血...

≫続きを読む

カルブロック[アゼルニジピン]作用機序、特徴、副作用

カルブロック[アゼルニジピン]は、高血圧の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=心拍出量×血...

≫続きを読む

アイミクス[イルベサルタン/アムロジピン]作用機序、特徴、副作用

アイミクス[イルベサルタン/アムロジピン]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧...

≫続きを読む

ミカムロ[テルミサルタン/アムロジピン]作用機序、特徴、副作用

ミカムロ[テルミサルタン/アムロジピン]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=...

≫続きを読む

レザルタス[オルメサルタン/アゼルニジピン]作用機序、特徴、副作用

レザルタス[オルメサルタン/アゼルニジピン]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血...

≫続きを読む

エックスフォージ、アムバロ[バルサルタン/アムロジピン]作用機序、特徴、副作用

エックスフォージ、アムバロ(後発品)[バルサルタン/アムロジピン]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[...

≫続きを読む

ザクラス[アジルサルタン/アムロジピン]作用機序、特徴、副作用

ザクラス[アジルサルタン/アムロジピン]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=...

≫続きを読む

ユニシア、カムシア[カンデサルタン/アムロジピン]作用機序、特徴、副作用

ユニシア、カムシア(後発品)[カンデサルタン/アムロジピン]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]...

≫続きを読む

アテディオ[バルサルタン/シルニジピン]作用機序、特徴、副作用

アテディオ[バルサルタン/シルニジピン]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵抗]で決まります。血圧=...

≫続きを読む

ミカトリオ[テルミサルタン/アムロジピン/ヒドロクロロチアジド]作用機序、特徴、...

ミカトリオ[テルミサルタン/アムロジピン/ヒドロクロロチアジド]は、高血圧症の治療に使用される治療薬です。高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同様に、メタボリックシンドロームの診断基準に加えられる生活習慣病です。血圧が高いと何がダメなのか?血圧とは血管にかかる圧力であり、血液量[心拍出量]と血管の硬さ[抵...

≫続きを読む

Sponsored Link


薬学生・薬剤師向けLINEスタンプ作成しました


薬剤師薬学生LINEスタンプ


Facebookページ開設しました


いいね!して頂けるととても励みになります(*‘∀‘)

人気のページ


TOP 薬剤師仕事内容 薬局実習準備 薬剤師就職 薬剤師転職